2018年08月17日

座談会形式

こんにちは、らくだです。

第195回コバルト短編小説新人賞の発表がありました。
2週間遅れの記事ですが入選された方はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/newface-award/no195/

今回気になったのは『ハッピーエンドのそのつづき』の選評の真ん中あたり。
どういう視点でストーリーを描写するかで編集さんの意見がわかれています。

***************
編集A「寓話風や日記形式にしたらどうか」
三浦先生「日記形式では枚数を食うし、寓話風にもしない方がいい」
編集B「寓話風だと客観的になりすぎて、読者に臨場感が伝わらないと思う」
編集C「ベルツ視点は?」
三浦先生「描き方にもよるがそれも難しい気がする」
***************

まるまるコピーすると長いので、部分的に省略しましたが、だいたいこんなやり取りです。

たとえばこれが評価シートだったら、編集Aさんが担当した場合「寓話や日記形式で書くといい」と言われて、編集Cさんが担当した場合「ベルツ視点で書くといい」というアドバイスを受けるわけですよね。

でも実際は、編集者によってこれだけ意見が違うわけですし、だからこそ座談会形式のコメントは面白いし勉強になると思います。

以上、コバルト短編の発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

同人誌イベント

先月からFGOを始めたのですが、今やっている夏イベの内容が「ハワイで同人誌を作る」で、何のゲームかわからない状態です。

なぜ同人誌……。
世界を救うゲームじゃなかったの……。

なんて思いきや、いざ始めたら自分自身がワナビなせいか、共感してしまう部分が予想以上にたくさんありました。

終わらない執筆作業。
これでいいのかという不安。
頑張ったのに結果が出ないことの悔しさ。

なんかもうね。
どれも身に覚えがあるので「あああぁぁぁあ」って気分になりますよね。

中でも印象に残ったのは次の台詞。
あまり正確じゃないですがだいたいこんな内容でした。

「私たちは素人。技術や技巧ではプロに勝てない。だからこそせめて情熱の部分で負けちゃいけない」

うん。
これは確かに。

技術の面でプロに劣る素人が、仮に情熱を失ってしまったら、勝てる部分は本当に何もなくなってしまいますよね。

というわけで。
自分は素人ですが、素人だからこそ、情熱は大切なんだと再確認した次第です。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

取材で覚えておきたい3つのポイント

こんにちは、らくだです。
コバルトの人気連載「小説を書くためのプチアドバイス」が更新されました。

第14回目となる今回は「小説を書くための取材で覚えておきたい3つのポイント」という興味深い内容です。

【小説を書くためのプチアドバイス】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/column-miura-shiwon/002423/

プロの作家ならともかく、単なる投稿者にとって、取材は敷居が高いもの。

自分はそう感じていますが、そんな状況でどうするべきか、上のページに詳しい助言が書かれています。

基本的な要点は以下の3点。
筆者の三浦しをん先生が実際に使っている方法だそうです。

***************
1.とにかく言いふらしてツテを探す。「友だちの友だちはみな友だちだ」戦法。
2.資料を読んだり話を聞いたり現場に行ったりと、自分で動く。必要に応じて、「立ってるものはなんでも使う」戦法を発動する。
3.相手を邪魔せず、しかし自分の心の動きに正直に見学したり質問したりする。
***************

とにかく一番大切なのは、
「相手の都合を尊重し、敬意を持って、話に耳を傾ける」

小説の取材はもちろんですが、これは普段の人間関係においても非常に大事なことなので、心に深く留めておきたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 執筆の心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

【第5回】今の電撃に足りないのは

こんにちは、らくだです。

カクヨムで開催中の「電撃《新文芸》スタートアップコンテスト」。
その応援企画として関係者のインタビューが順次公開されています。

第5回の今回はラノベ好きVtuber・本山らの氏が登場。
コンテストに参加中の方々は必見の内容となっています。

【第5回「今の電撃に足りないのはコレだ!」】
https://kakuyomu.jp/official/info/entry/2018/08/10/210000

特に気になった部分を以下に抜粋。
このコメントはVtuberならではの視点だと思います。

***************
「時代に即応した小説」が読めると面白いな、と思います。
例えば、新しいSNSを通したコミュニケーションや、バーチャルYouTuberなどの新しい文化。
そういったものを、ウェブ小説ならではのフットワークの軽さを生かして敏感に取り入れて物語の演出に落としこむことに挑んでいる作品、2018年の今だからこそ書ける「新文芸」が読んでみたいです。
***************

これは確かにそうですよね。

ネット小説って読者にダイレクトに届くので、応募から出版まで時間のかかる従来の公募と比べて、フットワークの軽さが大きな魅力でもあります。

せっかく新レーベルを立ち上げるわけですし、そこを意識するのも重要だなぁーと、このインタビューを読んで改めて感じました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

インドカレー

毎日暑い!
こんな時は暑さを吹き飛ばすスパイシーな料理!

というわけで。
大阪市西区のインド料理店『カァマデヌ』でインドカレーを食べました。

見てください。
このナンの大きさときたら。

180813-01.JPG

皿から飛び出す特大のナンはお店で焼いています。
出来立てアツアツの状態で食べられるのは嬉しいですね。

ちなみに私、今まであまり縁がなく、インドカレーを食べたのは今回が初めて。

そんなわけでドキドキしていたのですが、「辛さ:普通」を選んだこともあり、まろやかで優しい味わいのカレーでした。

180813-02.JPG

こちらはカレー2種のセット。
手前はエビカレーで緑のはホウレンソウとチキンのカレー。

緑のカレーは見た目のインパクト大ですが、なめらかな野菜スープに似た味わいで、これがナンに染み込んでとってもおいしい。

これまで本場のインドカレーと聞くと、とにかくスパイシーで刺激的なイメージでしたが、実際に食べてみて印象が変わりました。

【インド料理店『カァマデヌ』】
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270105/27075154/

なお今回はエビとチキンのカレーでしたが、日替わりでマトンカレーもあるようなので、羊肉大好き人間として一度食べてみたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする