2017年05月28日

ラノチャレの講評

こんにちは、らくだです。
第6回講談社ラノベチャレンジカップの講評が公開されました。

最終結果そのものは3月に発表されましたが、まだ紹介していなかったので、この機会に両方のリンクを載せておきます。

【最終結果】
http://lanove.kodansha.co.jp/award/challengecup/6/

【講評】
http://lanove.kodansha.co.jp/award/challengecup/6/review/

・応募総数 403本
・1次通過 76本(約19%)
・2次通過 16本(約4%)
・受賞 3本(約0.7%)

今回の講評で一番気になったのは、選考委員である鏡貴也先生の発言。

「この十数年で思ったことといえば、売れなければすぐ消えるということです。しかし安易に売れようとしたら心が保たずにやはり消えるということです。」

長年作家を続けているからこその実感だと思いますが、これから小説家を目指す投稿者にとっても、この教訓は心にとめるべき内容じゃないでしょうか。

商業作家を続けていく以上、売れるのはもちろん大事ですが、心の中がそれだけになっても駄目なんだなぁーと。

まあ今の自分にとっては商業など遠い世界ですが、この姿勢は投稿においても重要だと思うので、作品を執筆する際は気を付けたいと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

オタクのための収納ルール

こんにちは、らくだです。

今回はカクヨム公式ツイッターが宣伝していた、オタクのための収納ルールという記事をご紹介。

本、CD、DVD、フィギュア等々。
オタクは何かと荷物が増えがちなもの。

そんな問題を解決する収納術を提案した記事です。

【並べ方に法則を持たせよ! オタクのための収納ルール1】
http://www.lettuceclub.net/news/article/110092/

メインの話題は本の収納術。
それからフィギュアについても少し載っています。

ただ「優先順位が低い物は処分/見えない場所へしまう」というのは、書籍以外にも当てはまるので、それこそオタクでなくとも収納術として参考になるのではないでしょうか。

自分も買い過ぎた本が本棚から溢れてしまい、格好悪く横積みにしているような状態ですが、それだと探しづらい上に取りづらいですからね。

あと油断すると増えていくフィギュアも、人の形をしているだけに捨てにくいですが、「捨てられないからこそ置き方を工夫する」というのは発想として参考になりました。

創作をしていると資料本などが増えがちですが、収納方法に困っている方がもしいれば、リンク先の情報をチェックしてみてください。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

カクヨム甲子園

こんにちは、らくだです。

カクヨムで新たな企画、その名も「文学はキミの友達。カクヨム甲子園」というコンテストが、開催決定したようです。

以下リンク。
甲子園というコンテストの名称通り、高校生が対象の企画となっています。

【カクヨム甲子園】
https://kakuyomu.jp/special/entry/kakuyomukoshien

<受付期間> 2017年7月18日(火)〜2017年9月10日(日)
<参加条件> 募集開始時点で高校生であること
<ジャンル> 自由
<規定字数>
・ロングストーリー部門 8,000〜20,000字の作品
・ショートストーリー部門 4,000字以下の作品

詳しい応募要項は6月16日発表ですが、投稿に必要な情報は、上記サイトにもうほとんど載っています。

というわけで。
条件に合う方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

なおカクヨム公式ツイッターによると、「高校生じゃないから参加できない」という人のために、何かもう1本企画を用意している模様。

自分も高校生じゃないので送れませんが、そちらの企画は誰でも参加できるようなので、コンテスト情報の発表が待ち遠しいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

スニーカーの最終発表

こんにちは、らくだです。

第22回スニーカー大賞(秋締切)の最終発表がありました。
今回は最終選考8作品の中から1作品が特別賞を受賞した模様です。

以下リンク。
受賞者の方はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://sneakerbunko.jp/award/index.php

今回の発表ページはシンプルですね。
しかし総評を読むと最終作品はどれも魅力があったみたいです。

その中で受賞のカギとなったのは「全体的な完成度の高さ」&「いまのライトノベル読者に刺さり易いかどうか」という2点のポイントだった様子。

まあ受賞するくらいだから作品の完成度が高くて面白いのは当然として、さすがに最終選考ともなると、その上で時代に合っていることも重要なんだなーと改めて認識しました。

うーん……。
そう考えると創作って本当に難しい……。

まあ自分はスニーカーに送っても1次落ちなので、時代がどうこう以前の問題かもしれませんが、次の投稿時には充分に気を付けたいと思います。

なおスニーカーといえば、今月頭に、5月の締切が終了しました。
そちらの1次発表も、たぶん夏頃? にあると思うので、楽しみに待ちたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

コメント欄を開放します

こんにちは、らくだです。

前回の記事に対して、
**********
ジョークが過ぎたことは謝罪いたします。申し訳ございませんでした。ですが、常木さんのコメントの抽出の仕方は意図的で悪意が感じられます。都合の良いコメントが来たら勝手にネタにして記事を書き、都合の悪いコメントが来たら読者の同情を誘うように抽出して記事を書くのですか? 常木さんの行為もそれほどまともではないことをご認識いただきたく思います。コメント欄から失礼しました。今までありがとうございました。
**********
という返信を頂きました。
(こちらで抜粋するとそれも抽出になってしまうので全文を載せました)

私の書き方のせいで、コメント主様に多大な不信感を与えてしまったことについては、申しわけありません。

確かに指摘された内容はその通りだと感じますし、今後このような行き違いをなくすためにも、各記事のコメント欄を開放することに決めました。

内容は誰でも見えるようにしておきます。
公開設定ならこちらの意図で抽出するのは不可能なので。

なおウェブ拍手も一応置いておくので、個人情報などを含む話は、従来通りそちらから送ってください。

ちなみにコメントは、記事下の「Comment」からで、すべて公開となります。
ウェブ拍手から来た件については、これからは抽出も紹介もしません。

今回の件についてはお互いに不愉快な思いをする結果となりましたが、自分はこのブログを「投稿者の皆様に楽しんでもらいたい」という気持ちでやっているので、もし他にも悪い点があればどんどん改善していきたいと思っています。

とはいえ自分1人で気付くのは難しいので、今回のように悪い点があれば、是非ともご意見や感想などを送ってください。

上のコメント主様もありがとうございました。
今回の件を反映させてより良いブログにできるよう努めていきます。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする