2013年12月31日

一年の感謝を込めて

今夜は大晦日だから、自分へのご褒美だ!
ポテトチップス大量に食べて、ビールも大量に飲んでやる!

と思ったけれど、普段から割とそうなので、あまり特別感はなかったというオチ。

さてさて。
2013年最後の夜ですが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

自分の場合は……。
今年を振り返ると、何度も書いている通り、1次落選の連続だったなぁ……。

でも去年までと違うのは、悪い結果にも自分で納得できて、どれも教訓に変えられたので、たくさん落ちた割には気持ちは前向きかな、という。

少なくとも、イヤな気分のまま残っている落選はないので、そういう状態で来年を迎えられるのは嬉しいことです。

色々公開をやめた件も、マイナス感情ではなく、むしろプラス感情で消したので。

一つの目標を手放したら、あいた手で、新しい目標がつかめる。
一つのドアを閉じたら、風向きが変わって、新しい別のドアが開く。

自分の心に今あるのは、そんな期待に満ちた、明るい願望でしょうか。

コホン。
それでは、最後になりましたが。

今年はたくさんの訪問、ありがとうございました。
どうぞ皆様、よいお年をお迎えください。
posted by 常木らくだ at 23:00| 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

再スタート

突然ですが、「らくだ図書館スペシャル」、「らくだの【B級】旅行ガイド」、「小説投稿歴」の公開を取り下げました。

削除の理由は、ここ数か月で投稿に対する考え方が大きく変わり、記事の内容が今の自分の気持ちとは異なるものになったからです。

今まで閲覧してくださった皆様、本当にありがとうございました。
公開前は不安でしたが、想像以上にあたたかく受け入れてもらえて、とても幸せでした。

それに伴い、投稿歴も消去しました。

今までの自分は悪い意味で調子に乗っていたので、過去の通過歴は全部なかったことにして、ゼロの状態から再スタートしようと思います。

それから、余談ですが。

パブーのアカウントを消そうと思ったら、退会のページに泣ける絵本が表示されて、削除を踏みとどまったという。

「最初は恥ずかしかったけど、ドキドキワクワクして、本を書くの楽しかったよ。今まで本当にありがとう」みたいな。(かわいいイラスト入り)

あれは卑怯や……。
退会を迷っている時に、あれを見たら、削除できませんって……。

なので、パブーの過去ログは残します!(人情に弱いタイプ)

そんなこんなで、今までの活動を部分的にリセットしましたが、ブログや小説投稿はこれからも続けますので、2014年も皆様どうぞよろしくお願いします。
posted by 常木らくだ at 23:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

幸せの連続

まどマギを見た直後に、自分の小説を読み返すと、面白さがまったく違いすぎて激しく絶望する件。

さらにその後、今年の投稿成績を振り返ると、ソウルジェムが真っ黒になります。

でも、真面目な話をすると。
成績はさておき、今年は間違いなく、過去一番(創作の面で)成長した一年でした。

2013年は本当に、他の投稿者さんと交流したり、創作チャットに参加したり、初めての出来事がたくさんあって。

あと嬉しいことに、このブログの読者様も、去年より圧倒的に増えました。

そういう状況なので、結果こそ出せなかったけれど、非常に有意義な一年だったように感じています。

だからこそ、「これだけ充実しているのに結果が出ないのは、高くジャンプする前の沈み込む期間なのかな?」とか考えたり。

そんなことを言っておいて、来年の成績がさらに沈んだら、とんだ笑い話ですけどね!
でも、今の自分の状況を考えると、それは絶対にないと思います。

まあ、アレですね。
自分の投稿人生は、幸せの連続でした。

織田信成選手のマネ(↑)ですが、あのコメントには、マジで泣きそうになりました。
最近、歳のせいなのか、めっきり涙腺が弱くなっております。

とにかく前々回も言いましたが、2014年には、信号の色を青に変えたいです!
posted by 常木らくだ at 23:00| 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

まどマギのコメンタリー

今さらですが、『劇場版・魔法少女まどか☆マギカ(前編・後編)』に収録されている、ブルーレイのオーディオコメンタリーを聞いてみました。

それで、ですね。
ほむら役の斎藤千和さんの発言が、個人的に、ものすごく嬉しいと思ったんです。

どんな内容かというと、「ゲームのシナリオを収録する際、『ほむらはこの状況でこんな発言をしない』と思う箇所があったので、スタッフさんと話し合って変えた」という趣旨のコメントです。

自分が言っても何様ですけど、やっぱり自分はキャラを生み出す側の人間なので、「〇〇はこんな発言をしない」というこだわりが、非常にたくさんあるわけですよ。

だからこそ、納得できない改稿案を書かれたりすると、夜も眠れないくらい本気でものすごく悔しくて。

常々そう感じていたので、声優さんもキャラに対して譲れないこだわりを持っているんだと思うと、たまらなく親近感が増したというか。

あと、まどか役の悠木碧さんも、「まどかの最終的な選択が、仮に視聴者に受け入れられなくても、自分はまどかの味方でいようと思った」というコメントをされていて、そこでもまた感動の涙。

本編では何度も泣いたけど、まさかオーディオコメンタリーも泣けるとは、恐るべしまどマギ……!

演じてくださる声優さんに、そう思ってもらえたら、作者は本当に幸せですよね。

キャラを都合のいい存在として扱っていないか、ちゃんと一人の人間として扱っているか、自分も我が身を振り返ろうと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

信号が変わる瞬間

前からずっと思っていたんですが、投稿者が歩む過程って、横断歩道に似ていると思いませんか?

ただ、普通の横断歩道と決定的に違うのは、青になるタイミングが全員バラバラという点です。

すぐに青に変わって、進んで行く人もいる。
逆にずーっと赤のままで、引き返してしまう人もいる。

自分の場合、もう5年間ほど赤の状態で、しつこく信号を見上げ続けているわけですが。

でもそのおかげで、青になって進んで行く人達の背中を、何度も何度も見送ることができました。

これってたぶん、自分が投稿している中で、一番嬉しい瞬間だと思うんです。
単純に嬉しいのは、やっぱり通過した時ですが、それとは違う種類の喜びというか。

知り合いがデビューするだけでも幸せなのに、「らくだブログのおかげだよ」なんて言われたら、リアルに感動で泣きそうになります(というか泣いた)。

だから、なんて言うのかな。

自分自身の信号は変わらなくても、青になる瞬間に何度も立ち会えるのは、すごく幸せな状況なんじゃないかな、と最近ちょっと考えているというか。

特に今年は、過去一番その回数が多かったので、来年もたくさんの信号が青に変わればいいなぁーと思います。

夢への信号が、青になる時。
その瞬間が、2014年に訪れたら、とっても素敵ですよね!
posted by 常木らくだ at 23:00| 投稿の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする