2014年08月31日

8月終了

「らくだ図書館が心の支えなので、受賞しても続けてください」という、応援のメールをいただきました。

それなら心配無用ですよ!
何故って永遠に受賞しませんから!

エターナルワナビ宣言。

ええー、さて。
そんな8月末ですが、本日は色々なところで、新人賞の締切りがありました。

富士見、オバラプ、一迅社、アイリス……。

投稿された皆様は、お疲れ様でした。
先日書いた通り、自分は野性時代に参加したので、発表を楽しみに待ちたいです。

あと、それから。
日ラブの公式サイトを見に行ったら、応募状況が公開されておりました。

それによると、今年の応募総数は、597作品。
男女の比率は「53:47」で、やや男性が多いものの、ほとんど半々だったみたいです。

日ラブさんは今回初参加しましたが、発表の時期は割と早かったと思うので、こちらも更新が楽しみですね。

とまあ、そんな感じで。
今年も落選が続いていますが、小説投稿には、引退年齢なんてありません。

冒頭の「永遠」はさすがに言い過ぎですが、自分が心の底から納得できるまでは、落選しても投稿を続けようと思います!
posted by 常木らくだ at 23:00| 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

ラノベ文芸2次

こんばんは、らくだです。
ラノベ文芸賞の2次結果が発表された模様です。

なんだか最近、発表の話ばかり書いている気がしますが、実際に発表が多いのだから仕方ありません。

【ラノベ文芸賞】
http://www.fantasiataisho.com/contest/2nd_bungei.php

応募総数  608作品
2次通過  9作品
通過率  約1.4%

というわけで。
2次通過された皆様は、おめでとうございます。

それにしても、通過率が約1%って、尋常じゃないですね。
しかも1%が受賞じゃなくって、実際は、この後も選考が続くんですから。

これはもう、「狭き門」どころか、まるで「針の穴」レベル……。

まあ、でも。
そこでビビるような心構えなら、最初から投稿なんてしてません。

倍率がどれほど異常でも、それでも書きたいから、こうして頑張っているわけで。
自分もそうだし、小説投稿をしている方は、たぶん皆さんそうでしょう。

こうして厳しい現実を目の当たりにすると、つい心が折れそうになってしまいますが、初心を忘れずにこれからも書き続けたいと思います!
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

GA前期2次

レストランで食事をしていたら、真横のお客さんがトンカツを半分残したまま帰ったので、こっそり食べようか真剣に悩んだ常木らくだのブログはこちらです。

いや、実際は食べませんでしたよ。
天井に監視カメラがないか、確認はしましたけどね。

えー、コホン。
余計な前置きはさておき、GA前期の2次結果が、公式発表された模様です。

【発表ページ】
http://ga.sbcr.jp/novel/taisyo/07/index01.html

応募総数  472作品
2次通過  22作品
通過率  約5%

2次通過された皆様は、おめでとうございます!

しかしまあ、あの賞でもこの賞でもお名前を見る方は、いい意味で恐ろしいと言うかなんと言うか、自分も本当に見習いたい限りです(汗)

いや、もうね。
人のトンカツを食べたら犯罪かなとか、悩んでいる場合じゃないですね。

まあ、とにかく。
春締切りの賞については、自分はオール落選でしたが、それはまあ毎年のこと。

春に負けないくらい、秋も新人賞の締切りがたくさんあるので、めげずにまた投稿しようと思います!
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

アイクリの当落

こんばんは、らくだです。
今回はフィギュアスケートの話題です。

公式サイトとまったく同じ情報ですが、最近アイクリ関連の検索がものすごく多いので、一応ここで紹介しておきます。

【アイスクリスタルご入会エントリー頂きました皆様】
http://www.icecrystalnet.com/genaral_news/entry/20140829100016.html

*定員は300名ということでしたが、応募多数で抽選になったようです。
*当選者には、8月28日(木)に入会案内の資料を発送したそうです。
*落選者には、9月3日(水)に落選通知のメールが送られます。
*当選・落選に関する問い合わせは、9月4日(木)以降受け付けるそうです。

というわけで。
仮に当選していれば、今週の金曜〜来週の月曜頃に、入会案内が送られてくるはず。

これ、すっごいドキドキしますね。

先行販売の結果発表時もドキドキするけど、あれは更新日時が正確に決まっているから、その時間にサイトにアクセスすればいいじゃないですか。

けど今回は、郵送(いつ来るか予想不能)なので、数日間ずっとドキドキが続くっていう。

これは小説投稿に例えるなら、電話待ちのドキドキですね!
まあ電話待ちの経験なんて、一度もしたことないですけど!

とにかく入会案内が届くのは、仮に当選していれば、ここ数日以内のはずです。
エントリーした皆様は、いつも以上に気合いを入れて、郵便受けをチェックしましょう。
posted by 常木らくだ at 23:00| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

ザ・モットー

こんばんは、らくだです。
えんため大賞&ガールズノベルズの、受賞作が公式発表された模様です。

【えんため大賞】
http://www.enterbrain.co.jp/entertainment/awards/16n.html

【ガールズノベルズ】
http://www.enterbrain.co.jp/entertainment/awards/16gn.html

作品名などの詳細は、上記リンクへどうぞ。

しかし、少年向けのコメントに、「原点回帰がモットーの今年は“青春色”強めの3作が受賞しました。」って書いてあるんですよね。

ちょ、待っ……!
そんなモットーがあったなら、募集段階で教えてくれよ……!

というのが本音ですが、よく考えたら自分の1次落ち作品も、“青春色”は強めでした。

つまりモットーを知っていても知らなくても、自分は結局1次落ちだったということで、小説投稿の世界は残酷だなぁーと改めて思います。

残酷な天使の落選通知。

それはさておき、受賞された皆様は、おめでとうございます。
作品内容や総評等の詳細は、10月に公開らしいので、楽しみに待とうと思います。

それからえんためといえば、今月下旬に、ウェブ受付が始まりました。
締切りはまだ先ですが、次回参加予定の皆様は、チェックしてみてはいかがでしょうか。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする