2015年05月31日

ビールのカクテル

こんにちは、らくだです。

今週末はオクトーバーフェストでビールを飲む!
……つもりだったんですが、あまりにも暑すぎて、会場の前で断念しました。

なんかもうね……。
カレンダー2枚めくって、今日が7月末でよくないかっていう、それくらいの暑さ……。

というわけで。
自宅でたこ焼きを焼きながら、ビールを飲む計画に変更です。

150531-01.JPG

調理風景。
全部使うと焼き切れないので、わざと2列残しての作業です。

そして、ビール。
邪道と言われそうですが、自分のオススメは、ビールのカクテルです。

マズイだろうと思われそうですが、これが意外と食事に合うんですよ〜。

150531-02.JPG

わざわざ缶チューハイを購入するくらいなら、缶ビール+ジュースの方が、コストパフォーマンスが高いんですよね。

組み合わせにもよりますが、上の材料だったら、5杯くらいは楽しめます。
配分でアルコールの濃度も調節できて、自分で作るのはいいこと尽くめです。

もちろん「成人&適量を守って」という前提ですが、軽い飲酒は暑気払いにもなるので、食事のお供にビアカクテルはいかがでしょうか?
posted by 常木らくだ at 23:00| 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

『想い出の色、あなたに残します』

こんにちは、らくだです。
最近インプットに専念しており、たくさん小説を読んでいます。

今回紹介するのはMW文庫の最新刊で、渡来ななみ様著作、『想い出の色、あなたに残します』です。

150530-01.JPG

【作品紹介】
http://mwbunko.com/product/2015/05_05_isbn.html

『とある山奥に「たましい」をガラス瓶に保存してくれる研究所がある。抽出されたそれぞれの「たましい」は、人生で一番印象に残った、鮮烈な想い出の色に染まっていて……』

読み終わった感想としては、非常に綺麗な作品でした。

しかし綺麗といっても、「きれいごと」ではなく、むしろその正反対です。
登場人物が直面する感情は、別れや不安や悲しみや、かなり重い種類のものです。

果たして命の扱いに正解はあるのか。
たましいを残した人間にとって、残された人間にとって、何が幸せで何が優しさなのか。

似たような境遇の人々と出会っていく中で、その問題に真っ正面から向き合い、少しずつ成長する主人公のみさきが好印象です。

だからこそ、すべて読み終わった後は、自分の心まで浄化された気分になりました。
「重いけど美しい作品」という印象は、もしかすると、そのあたりが理由かもしれません。

やけに抽象的な感想になってしまいましたが、実際に読めば「なるほど、そういう意味か」と納得できると思うので、是非みなさまもチェックしてみてください!
posted by 常木らくだ at 23:00| 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

それぞれの軌道

こんにちは、らくだです。
今回はツイッターに関する話題です。

「最近○○さんの呟き見ないなぁ」と思っていたら、相互フォローだった投稿者さん(しかも複数の方々)が、ツイッターの利用をやめてしまわれたようです。

なんだよ!
何の知らせもなく、寂しいじゃねーか!

でも寂しいと感じる反面、そのうち再会できるだろうという、楽観的な思考もあります。
特に根拠はないですし、再会しても気付かないかもしれませんが、でもそう思うんです。

だって私たち投稿者には同じ夢がありますからね。
それぞれの軌道は違っても、辿り着くべき場所が一緒なら、いずれは会えるかなーと。

梅田から神戸へ出掛ける場合だって、JRと阪急と阪神の路線は違いますが、三宮に着いたらほぼ同じ場所ですし、投稿もそれと似たようなものでしょう。

まあその考え方は、お互いに最終目的地まで辿り着くという、かなり高いハードルを前提とした発想ではありますが……(汗)

とにかくそんなわけで、「一時的に離脱するという選択は理解した、しかし約束の地で必ず再会しようじゃないか、ふはははは待っているぞ友よ!」みたいな気分になりました。

はい。
無駄に一方的で暑苦しいです。

まあ上のセリフは誇張としても、ツイッターをやめただけで投稿をやめてないなら、今もこのブログを見てくれていたらいいなぁーなんて思っています。
posted by 常木らくだ at 23:00| 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

3DS版・ドラゴンクエスト8

8月27日発売の『3DS版・ドラゴンクエスト8』の公式サイトがオープンしました!

投稿ブログに長々と書くのも心苦しいですが、それを差し引いてもドラクエ8は神ゲームなので、見て思ったことを詳しく語りたいと思います。

【本日公開された公式サイト】
http://www.dragonquest.jp/dq8/

ティザーサイトにある程度の情報は出ていましたが、パッと確認したところ、このたび明らかになったのは下記の部分です。

・新たなシナリオを多数追加 ⇒ PS2版コンプ勢には嬉しい
・販売店別特典のイラスト公開 ⇒ ホイミンTシャツが可愛すぎる
・主要キャラクターの声優さん発表 ⇒ ドラクエ初のイベントボイスに期待
・3DSのすれちがい通信にも対応 ⇒ 詳細不明だけどユニークな内容らしい

一番テンションが上がったのは、やはり声優さんの情報ですね。
生天目さんのゲルダとか、子安さんのドルマゲスとか、今から楽しみすぎます。

そしてドルマゲスといえば、新シナリオのところに、闇落ち前の姿が載っています。
その部分の具体的な描写は、PS2版にはなかったので、これも期待が高まります。

まあここで具体的に語っても、ゲームをされない方には「何が何やら」だと思いますが、ドラクエ8は全PS2ソフトの中で一番売れた記録を持つ偉大なゲームなのです。

というわけで、投稿記事の邪魔にならない程度に、今後も新情報が出たら紹介していきたいと思います。

今から発売日が楽しみだー!
posted by 常木らくだ at 23:00| 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

落選から立ち直った回数

たぶん一昨日の記事への励ましか、「落選も勲章だ」というコメントが来て、そのセンスに惚れそうです。

そうだ!
落選の数はすなわち勲章の数なんだ!

なんて叫ぶと弁解っぽいですが、言葉自体は名言だし、本当にその通りだと思います。

落選ってつらいですよね。
自分が全力で書いた小説が、出版の価値ナシとして、否定されるわけですから。

でも我々投稿者という存在は、そこで諦めることなく、今日も投稿を続けています。
つまり落選してしまった回数というのは、落選から立ち直った回数でもあります。

この理屈って間違ってないですよね?
仮に立ち直れていなかったら、その時点で、投稿はやめているわけですし。

そう考えると、落選回数が多い自分の経歴を、ちょっとだけ好きになれる気がします。

「落選○○回だ……」と思うと心が折れそうですが、「落選から立ち直った回数○○回だ!」と思うと、もうちょっと頑張れそうな気がしますからね。

まあ正直な話、落選しないままデビューできたら一番なんですが、すでにそういうチャンスを逃している以上、自分の経歴を前向きに捉えるのは重要なことだと思います。

戦士の傷は勲章。
投稿者の落選も勲章。

というわけで、今の苦労をいつか笑い話として語れるよう、必ず本を出すんだという決意を改めて固めました。
posted by 常木らくだ at 23:00| 投稿の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする