2015年07月31日

ブルームーン

ブログの更新をサボッている時にウェブ拍手が来ると、読者様からの無言のプレッシャーを感じますが、ケツをぶっ叩かれているようで実はちょっと嬉しいです。

さてさて。

冒頭の話題と温度差がありすぎですが、見ると幸せになれるというブルームーンを、家のベランダから見ることができました。

特別天体ファンというわけでもないですが、こうしてキレイな月を眺めると、純粋に得した気分になってしまいます。

150731-01.JPG

青い……?
うん、心なしか青い……ような……?(無理やり)

そうだ!
もっと拡大したら、きっと青いはず!

150731-02.JPG

結論。
別に青くなかったし、色味も模様も、タコ焼きそっくり。

まあでも、上にも書いた通り、キレイな月を見ると幸せな気分になりますよね。

毎日バタバタしていると、なかなか空を見上げるような機会もないですが、自然の美しさを感じ取る心の余裕は常に持っていたいと思いました。

というわけで、7月も今日で終わり。
毎日暑くてバテ気味ですが、夏は楽しい行事も多いですし、8月も頑張ろうと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

夏祭りに行ってきました

こんにちは、らくだです。
近所の神社で開催された夏祭りに行ってきました。

実際は先週だったんですが、写真をまとめるのに時間がかかってしまい(汗)、ようやく今アップします。

150730-01.JPG

神社へ向かう途中の風景。

いつもは何の感慨もなく通り過ぎる道ですが、こうしてライトアップされると、雰囲気満点でテンションが上がりますね。

と思っていたら、さっそくお神輿が……!

150730-02.JPG

写真で見ると何気ないですが、高さ3メートルくらいです。
しかもコレ、急発進や急停止を繰り返しつつ、かなりのスピードで進んでいきます。

う、上のお兄さんは怖くないのかな……?

150730-03.JPG

いざ参道に到着してみたら、人が多すぎて深刻にヤバイ。

でも頑張って通りますよ!
脇道から向かえば混んでないけど、それじゃ風情がないですからね!

150730-04.JPG

途中でジャンボフランクを買いました。
本当はちんちん焼きを食べる予定でしたが、今年は残念ながら出ていませんでした。

【去年のちんちん焼きの記事はコチラ】

150730-05.JPG

それにしても、こういう屋台系の食べ物って、何故かおいしく感じるんですよね。

実際はスーパーにある物と変わりないはずなのに、祭りの楽しい雰囲気がそうさせるんでしょうか?

その後、買い食いしつつ歩いていたら、アクロバチックな演出を目撃しました。

150730-06.JPG

お神輿の上で逆立ち!

自分だったら絶対落ちる……と思ったけれど、そもそも逆立ち自体ができないので、まったくそれ以前の問題でした(ショボーン)

とにかくそんなこんなで、楽しい夏祭りの一時でした。
まだまだ夏は序盤なので、他にも行ける祭りがあれば、どんどん行ってみたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

上手い≠魅力的

創作イメージを膨らませるためにピクシブを徘徊していると、それ自体が楽しくて、逆に執筆がどうでもよくなってしまう系ワナビです。

いや、これはサボリじゃない!
作家デビュー時に備えた、情報収集の一環なんだ!

ほ、ほら、例えばHJ大賞なんて、イメージするイラストレーター名を、小説投稿時に記入する欄があることですし……(弁解)

それはそれとして思うんですが、絵の好みって本当に十人十色で多種多様だから、そこが面白いなーと感じます。

こう、なんて言ったらいいんでしょうか。

「上手い絵=魅力的」とは限らないというか、客観的にはそこまで上手くないんだけど、やけに色気を感じるイラストってあるじゃないですか。
(色気といってもヤラシイ意味じゃないですよ?)

その「惹かれる理由」は何なんだろうと考えたんですが、それはたぶん作者の人間性であったり、キャラクターに対する愛情だったり、そういうものが絵に滲み出た結果だと思うわけです。

で、いつもの流れなんですが、これって小説にも言えるんじゃないかなーと。

技術的にどれだけ上手い文章を書いたとしても、そこに魂が宿っていなければ、読み手の心には響かないと思うわけです。

というわけで。

慣れれば慣れるほど書き流してしまいがちですが、ちゃんと自分ならではの魅力を文章に込められるように、日頃の創作姿勢を見直したいと思った次第です。
posted by 常木らくだ at 23:00| 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

好きな種目

こんにちは、らくだです。
今回はフィギュアスケートの話題です。

しばらく前にも話題にしましたが、アイスクリスタルの新規会員エントリーは、明日29日の17時締切りです。

ご興味をお持ちの方は、下記リンクからどうぞ。

【アイスクリスタル・エントリーページ】

自分は受付開始早々にエントリーしましたが、恐らくアクセスが集中したのか、なかなか応募ページに繋がりませんでした。

別に先着順じゃないのに、人気すぎるだろアイクリ!
道理で何度申し込んでも、いっつも落選するわけだ!

ちなみに余談ですが、今まで記述式だった「好きな種目」と「好きな選手」の欄が、選択式の入力に変わってました。

そうか……。
好きな種目って「フィギュアスケート」でいいのか……。

今までずっと、「ショートプログラム」とか「グランプリシリーズ」とか、すっげえ見当違いなこと書いて応募してたわ(滝汗)

まさかそれが落選の原因ではないと思いますが、とにかく今回はちゃんと応募できたので、来月の結果通知を楽しみに待ちたいと思います。

どうか当選しますように……!
posted by 常木らくだ at 23:00| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

客観視って大事だよね

半年前に書いた自分の原稿を読み直してみたら、おかしい部分がボロボロ見つかって、テンションが下がるったらありゃしない!

改行の位置が不自然。
もっと的確な表現がある。
重要な説明をすっ飛ばしている。
逆にいらない説明がありすぎて邪魔。

等々、具体的に挙げ出したらキリがなく、何故こんな状態で送ったのかと絶望しました。

こういう失敗(?)って、毎回なんですよね。
投稿した時点では完璧だと思ってるけど、後から見直して「うわぁ……」っていう。

これはたぶん、夜中に書いたラブレターが気持ち悪いのと似た現象というか、自分の文章って書いたその瞬間には客観視できないものなんだと思います。

だって、ほら。
ある意味生まれた瞬間の文章って、「自分の気持ち」そのものですから。

だからこそ、言葉を自分から分離させて、しばらく時間を置くことで、ようやく客観的に見られるわけで。

つまり作品を客観視するためには、書いてからある程度の時間が必要であって、締切り当日に仕上げた原稿をそのまま送るのは良くないなぁーと思いました。

まあ、この結論だけ見ると、当たり前なんですけどね(汗)

とにかく自分の原稿を冷静に見直すためにも、賞に応募する原稿は、時間に余裕をもって仕上げたいものです。
posted by 常木らくだ at 23:00| 投稿の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする