2015年08月26日

ラノベ文芸の2次発表

こんにちは、らくだです。

ラノベ文芸の2次発表がありました。
いつも通り公式サイトへのリンクを貼っておきます。

【発表ページ】
http://www.fantasiataisho.com/contest/3rd_bungei.php

応募総数  483作品
2次通過  9作品
通過率  約1.9%

2次は2%を切る激戦でした。
通過された皆様はおめでとうございます。

それにしてもラノベ文芸大賞って、もしかすると、ミステリー寄りなんでしょうか?

通過者さん達の発言を見ていると、「ミステリーで通過した」という方が多いようだし、イメージイラストも探偵っぽいし。

ミステリーはなぁ……。
自分がまったく書けない分、書ける人を尊敬しちゃう……。

ただ書けないけど読むのは大好きで、それこそアガサ・クリスティとか、あとエリス・ピーターズとか、最近ではダン・ブラウンとか、シリーズで揃えてるんですけどね。

読むのが好きでも、自分で書くのはまた別問題だから、小説って難しい(汗)

というわけで話がそれましたが、気になる最終発表は10月上旬らしいので、結果を楽しみに待ちたいです!
posted by 常木らくだ at 23:00| その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

声優魂コンテスト

こんにちは、らくだです。
今回は全日本声優コンテスト「声優魂」が主催する賞の紹介です。

これまでスルーしていたんですが、締切りが9月13日に延長されたようなので、この機会に掲載しておきます。

【応募要項】
http://seidama.jp/application/

<シナリオ部門の要項抜粋>
・映像化やドラマCDなどにおいて朗読されることを前提としたシナリオを募集
・テーマは自由
・文章はシナリオ形式、小説形式どちらも可
・規定枚数:200字詰原稿80枚以内(郵送)、16,000字以内(Web応募)
・参加資格:中学1年生〜高校3年生(2015年6月時点)

わあ面白そうだなぁーと思ったら、最後の一文で大コケっていうね。

アカン……。
昭和生まれのワイには無理や……。

まあだから紹介しなかったわけですが(苦笑)、若い投稿者さんは、チェックしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、ストーリーカテゴリーは中高生限定ですが、絵本カテゴリーには年齢制限がないようです。

その辺含めて要項が複雑なので、参加される方は要熟読ですね。
以上、声優魂コンテストの紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

読書感想文?

8月に入ってから、「○○(作品名)・感想」という検索キーワードが増えていて、急にどうしたんだろうなぁーと疑問に思っていたのですが。

まさか、アレか?
読書感想文のパク……いや、参考を探しているとか?

まあ勝手な憶測ですけど、明らかに増えているので、その可能性もあるかなと。
ラノベレーベルは微妙ですが、MW文庫なら充分に、読書感想文の題材になりますし。

というわけで、今回は個人的に使っている、読書感想文のポイントを書いてみます。
面白ければ自然と感想は書けると思うので、面白くなかった場合のまとめ方中心です。

【具体例】
・○○(キャラクター名)には共感できなかったが、そういう考え方もあると知って勉強になった
・自分自身は反対の性格なので、今は○○に共感できなかったが、今後見習っていきたいと思った
・○○に共感できないのは、自分自身の××な性格が原因であり、自己理解がいっそう深まった
・自分は○○のような行動はしないと思うが、実際に同じ状況に陥った経験はないので、いざそうなった場合に参考にしようと思う

これにアレンジを加えれば、たぶん何とかなるはずだ!

面白くなかったのに「面白かった」と書いたら、それはもう完全に嘘ですし、それ以上話を広げられないですからね(汗)

なので共感できなかった事実は主張しつつ、読んで何を得られたかを具体的に書けば、その感想文は前向きな印象になると思います。

まあ、ブログもこの流れで書いているので、ワンパターンになりがちですが。
すでに知人から指摘されているので(汗)、バリエーションを増やしたいところです。
posted by 常木らくだ at 23:00| 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

ザ・火鍋デー

こんにちは、らくだです。
昨日は久し振りの火鍋デーでした。

最近夏バテで食欲ないんですけどね……。
それでも火鍋は完食できちゃう不思議現象……。

まあ、好きな物は別腹ってことで!

150822-01.JPG

新しいデジカメを買ったんですけど、付属の薄いマニュアルを読んでも、使い方がイマイチよくわかりません。

いや、ほら……。
最近の家電製品って「詳しくはネットを見てね!」仕様だから……。

ゲームソフトも結構そうですよね。
説明書をじっくり読んで、その世界に浸かりたい人間としては、紙が一番なんですが。

それから今日は、実家に帰りました。
近い場所だから日帰りですが、地元はやはりいいものです。

しかし久し振りに帰省すると、何故か必要以上に歓迎されまくり、食事やデザートが食べきれないほど食卓に並ぶんですよね……。
(ありがたい話ですが)

というわけで、明日は3キロくらい太っているはず。

最近胃の調子もあまりよくないので、無謀な暴飲暴食は避け、週明けから摂生しようと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

大胆な意訳

今回は久し振りに翻訳の話題を。

何度か話題にしている「いたばし国際絵本翻訳大賞」ですが、過去の受賞作品が絵本となって出版されているようです。

【お知らせページ】
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_oshirase/057/057280.html

小説投稿でも自分が送った賞は気になりますが、翻訳の賞は自分も同じ英文を訳しているだけに、受賞作の内容がなおさら興味深いですよね。

ちなみに、タイトルを見てみると……。

第18回  「The ICE BEAR」 ⇒ 「こおりのなみだ」
第19回  「ORANI MY FATHER'S VILLAGE」 ⇒ 「世界のまんなかの島」
第20回  「Virginia Wolf」 ⇒ 「きょうは、おおかみ」

このセンスは、惚れますわ。

「BEAR」・「FATHER」・「Virginia」は消えて、代わりに「なみだ」・「世界のまんなかの」・「きょうは」という、元タイトルには存在しない単語が登場してます。

特に絵本は、語感やリズムを重視した英文が多いので、日本語に直訳しても「?」になる場合が多いんですよね。

だからこそ時には大胆な意訳が必要なんですが、それって個人のセンスが問われる作業なので、難しくもあり面白くもあり……という感じです。

次回の要項は来月発表されるようなので、どんな絵本が課題になるのか、来月を楽しみに待ちたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| 翻訳系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする