2015年09月10日

電撃の最終作品

電撃大賞の最終選考作品が発表されました。

4次と同時更新だったはずの3次発表が、今年は1か月前倒しで襲来しましたが、これで一段落といったところですね。

参加された皆様は本当にお疲れ様でした!

【発表ページ】
http://dengekitaisho.jp/announce_22_01.html

応募総数  4,580作
1次通過  592作(約12.9%)
2次通過  202作(約4.4%)
3次通過  78作(約1.7%)
4次通過  10作(約0.2%)NEW!

最終選考のリストに「駱駝」という筆名の方がいるんですよね。
話の内容はわかりませんが、名前が同じよしみで、自分はこの方を応援します。

あっ、そうだ!
自分もあやかって、漢字に改名しよう!

<ペンネーム:常木駱駝>

らくだって平仮名で書くと可愛い雰囲気だけど、漢字だと一気にゴツイというか、強力な必殺技を繰り出しそうなイメージ。

それはさておき、受賞作品の発表は例年通りなら1か月後のはずなので、今年はどの作品が選ばれるのか見守りたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

痴漢は犯罪

このポケットティッシュなんだけどさ……。

150909-01.JPG

これって全員に配ってるんだよね?
まさか痴漢しそうな人に配ってるわけじゃないよね?

という疑問はさておき、「8月分のブログはダウンロードできないんですか?」という、質問を頂戴しました。

レスが遅れてしまってすみません。
正直言うとレスだけじゃなく、人生全般が遅れ気味ですが。

ちなみに真面目に返答すると、エラーが出てしまってPDFが作れない為、先月のパブー版は配信できていない状態です。

ファイルを変えてもダメなんです。
ブラウザを変えてもダメなんです。
日付と時間を変えてもダメなんです。

ええい、チクショー!
こんなエラーばっか出るんなら、パブーなんてやめてやるぜ!

と思っていたんですが、待ってくれている方がいるようなので、もうちょっと色々試してみますね(汗)

とにかくそんなわけで、作業の遅れを取り戻すと同時に、人生の大幅な遅れも取り戻したい最近です。

以上、痴漢は犯罪ティッシュの紹介と、配信ができていない件の報告でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

集英社ラノベ 3次発表

こんにちは、らくだです。

集英社ラノベ新人賞の3次発表があったので、いつも通り、アドレスと通過数のデータを載せておきます。

通過者の皆様はおめでとうございます!

【発表ページ】
http://dash.shueisha.co.jp/award/dx3rdAward/result.html

応募総数  553作
1次通過  139作(約25%)
2次通過  33作(約6%)
3次通過  9作(約1.6%)NEW!

ちなみに応募数の推移を見ると、前回の10月締切りが884作だったから、今回は結構減った感じですよね。

ただし応募総数が減少したからといって、通過がラクになるわけでは決してないので、次回も気を引き締めて臨もうと思います。

あと前も書きましたが、去年は評価シートが来なかったので、今年は返信用封筒をちゃんと写真に撮って、そこも抜かりなく攻めたいです(汗)

話題を元に戻しますが、今回分の4次発表は、9月中旬らしいです。
今日がすでに9月8日なので、来週には発表される感じでしょうか。

4次通過=最終なので、リストの中からどの作品が選ばれるのか、結果を楽しみに待ちたいと思います!
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

「CITY CAT」

こんにちは、らくだです。

近ごろ急に涼しくなりましたね。
6月や7月が異様に暑かった分、秋も早いということでしょうか。

さて、今回は翻訳の話題を。

このブログでちょくちょく紹介している、「いたばし国際絵本翻訳大賞」ですが、2015年分の受付が始まっています。

【応募要項】
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_oshirase/071/071122.html

<課題絵本>
英語部門 : 「CITY CAT」
イタリア語部門 : 「la nave」

あらすじを見たところによると、今年の課題は、どちらも旅モノっぽいですね。

旅モノ絵本、大好きなのよね……。
3年前の「ORANI」とか、作品の内容的に、ほんとツボだった……。

というわけで、去年はタイミング的に参加できませんでしたが、今年は復帰しようかなーなんて考えてみたり。

ちなみに翻訳の賞は、受賞を狙って出すんじゃなく、自己啓発で取り組む感じです。
まあ受賞を狙っている小説の賞も、結果は全滅なわけですけれど……(安定の自虐)

とにかくそんなわけで、いたばしは11月が締切りなので、スケジュールに組み込もうと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| 翻訳系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

手作りカップヌードル

こんにちは、らくだです。
今回はカップヌードル手作り体験の様子をお届けします。

土日祝日はかなり並ぶようですが、自分が行った時は偶然タイミングが良かったのか、すぐに入場することができました。

150906-01.JPG

まずは自販機で専用のカップ(300円)を購入。

その後いったん席に座って、箱をデコレーションします。
油性マーカーに耐えるためか、通常のカップよりも、少々ぶ厚い気がしました。

150906-02.JPG

デザインが無事終わったら、列に並んで、中身を詰めてもらいます。

テキパキとした流れ作業ですが、このカップラーメンを作る工程がなかなか興味深く、思わず見入ってしまいました。

まさに社会見学!

150906-03.JPG

カップ麺一つ300円は高いですが、この辺の見学料も含まれていると思うと、むしろ安いような気がします。

続いてはお待ちかね、トッピング選択です。
これだけたくさん並んでいると、ついつい目移りしちゃいますね。

150906-04.JPG

風味は4種類から1種類を選択。
具材は12種類から4種類を選択。

希望の内容を伝えると、スタッフのお姉さんがトッピングして、フタを閉じてくれます。

今回はカップの柄(らくだヌードル)に合わせて、風味はオリエンタルなカレー味、具材はスタンダードな4種類を選んでみました。

150906-05.JPG

続いてはコチラ。
仕上げのシュリンク作業です。

薄めのフィルムに包んだ後、専用の機械で熱を加えます。

150906-06.JPG

この写真は機械の中の様子。
ちょっと見えにくいですが、フィルムが縮んでいきます。

というわけで、無事に完成〜!

150906-07.JPG

インスタントラーメンは元から好きですが、こうして製品が作られる工程を見ると、さらに愛着が湧くから不思議なものです。

家に帰った後さっそく食べると、市販品よりも具が多いせいか、または自分で作った満足感か、普通よりもおいしい気がしました。

150906-08.jpg

そんなこんなの、カップヌードルファクトリー。

駅から割と近いですし、予約なしで誰でも手作り体験できるので、お近くの方は出掛けてみてはいかがでしょうか?
posted by 常木らくだ at 23:00| おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする