2016年01月21日

「好きな映画&心に残る映像は何ですか?」

今週のブログテーマ】今回のテーマ:【「好きな映画&心に残る映像は何ですか?」】

というわけで、今回はシーサーブログが提供する今週のテーマ、「好きな映画」について語ってみようと思います。

まあね!
好きな映画とか質問されたら、この作品に決まってるよね!

160121-01.JPG

我、カンフーパンダ熱烈推薦!(中国語風)

ストーリーを簡単に説明すると、主人公のパンダが最強のカンフー戦士になるまでを描いた作品で、ぶっちゃけ王道そのものですが。

ただこの作品は見せ方が上手いと言うか、「あ、ここ格好いいシーンだ!」と思わせながら、そこに脱力ギャグをぶち込んでくるので、そのセンスが素敵すぎてフォーリンラブ。
(こういう見せ方は、勉強にもなります)

もちろんギャグだけじゃなくて、泣きどころもありますしね。

特に中盤の某キャラが天に召されるシーンは、夜空に花びらが舞い散って本当に吸い込まれるほど綺麗なので、是非一度4Kテレビで観てみたいと思いました。

そんなこんなの、笑って泣ける名映画、カンフーパンダ。

良くも悪くもギャグが濃いので、人によって好みはわかれるかもしれませんが、とりあえず自分はこの作品が大好きなので、まだ未視聴の方にオススメします。

以上、今週のブログテーマ、「好きな映画」についてでした。
posted by 常木らくだ at 23:00| 今週のブログテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

第4回恋愛ファンタジー大賞

こんにちは、らくだです。

1月19日(火)が第3回の締切りだった、「アイリス恋愛ファンタジー大賞」ですが、早くも第4回の受付が始まりました。

今回の締切りは、5月19日(木)。
途切れなく募集を続けるあたり、賞の盛況ぶりがうかがえますね。

あ、リンクはこちらです。

【公式サイト】
http://www.ichijinsha.co.jp/special/iris/renaif_award/

基本の要項は今まで通りですが、今回からタグが変更されました。

従来は「アイリス恋愛F大賞」でしたが、今回は「第4回アイリス恋愛F大賞」で、「第○回」の部分が追加になったので、エントリーする際には注意が必要です。

これはおそらく、つけっぱなし対策でしょうか。
今まで第1回から第3回まで、ずっと同じタグでしたからね。

あと珍しいなーと思ったのは、前回の応募作で再参加可能と、Q&Aに書いてある点。

確かになろうに掲載されている作品だと、いつの間にか続きが掲載されていたり、それによってランキングが変わっていたり、時と共に状況が移り変わりますもんね。

従来の公募だと「同作品の再投稿はご遠慮ください」な場合が多いですが、再参加オーケーと明記してある部分が、ネット小説のコンテストの面白い&興味深いところだなーと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

冬はやっぱり火鍋だよね

こんにちは、らくだです。
今回は(今回も?)火鍋の話題です。

初詣シリーズの時に書き忘れてしまいましたが、京都の神社を巡った後、小肥羊(シャオフェイヤン)京都店へ行きました。

先日あびこ店が出来たばかりですが、京都も新店で、オープンは去年の11月だとか。
関西は空前の小肥羊ラッシュで、ファンとしては嬉しい悲鳴です。

【小肥羊・京都店】
http://www.hinabe.net/location/kyotokawaramachi.html

詳しくは上のサイトに書いてありますが、場所はホテルビスタプレミオのB1Fで、河原町の繁華街の一角にありました。

いざ店内に入ってみると、ほの暗い客席を間接照明が照らし、高級感が漂う雰囲気。
さすがホテル内だけあって、京都店は、ゴージャスさも格別でした。

ここは是非とも画像でお伝えしたいのですが……。
なにぶん登山で疲れ切っていたので、写真を撮り忘れてしまいまして……。

160115-02.jpg

というわけでコレが唯一の写真です。
心なしか他の店舗より鍋が大きいような気がします。

それにしても冬はやっぱり火鍋ですよね。
一年中食べてますけど、冬はおいしい&あったまれるで、一石二鳥な感じです。

そんなわけで以上、火鍋を食べたよ報告でした。

また京都店へ行く機会があれば、今度はしっかりと紹介できるように、色々写真を撮ってきたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

富士見の入選作

こんにちは、らくだです。

今年は暖冬だと思っていましたが、ここへ来て一気に寒くなりました。
風邪はすでに治りましたが、別の風邪を引かないよう、充分に気を付けたいです。

さてさて。
ここ数日発表の話題が続いてますが、富士見の最終結果が公開されました。

下にリンクを貼っておきます。
入選された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://www.fantasiataisho.com/contest/29th_first.php

ここから後期入選作とあわせて、大賞や金賞などが選ばれます。

前期で選出された2つの作品が、最終的にいったいどの賞に輝くのか、それを待つのも楽しみですね。

あとどうでもいいですが、今「入選」と書こうとしたら、乳腺に変換されました。

優先順位おかしいわ!
いいぞパソコンもっとやれ!

それから1次通過の選評は、1月25日に公開だそうです。
こうして日付が決まっていると、ヤキモキしなくて済みますね。

まあ確定は確定で別の怖さもある気がしますが、とにかく以上、富士見ファンタジア大賞の入選作の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

ガガガの2次発表

数日前に電撃受賞作の試し読みの感想を書いたら、なんと作者の駱駝様から、直々にお礼のメールを頂戴しましたよやったね!

いやー。
こういう時本当に思うんですが、ブログやってて良かったです。

炎上やら個人情報流出やら、SNSの悪い部分が注目されがちな最近ですが、やっぱりいい部分も大きいと改めて再確認しました。

さてさて。
今回はガガガの2次発表についてです。

まずは恒例のリンクから。
通過された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://gagagabunko.jp/grandprix/entry10_2ndResult.html

応募総数  1,128作品
1次通過  110作品(約10%)
2次通過  10作品(約0.9%)

ガガガはどれだけ送っても1次通過できなかったので、今は諦めて発表だけを見守っていますが、毎年の応募総数が安定している新人賞という印象です。

公募の応募数が現象傾向な今でも、1,000作品を越えてますもんね。
すでに次回の要項も出てますが、この安定感は、今後も変わらない気がします。

ちなみに最終結果は、3月中に発表だとか。
どの作品が受賞の栄冠に輝くのか、更新を楽しみに待ちたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする