2016年01月16日

集英社ラノベの1次発表

こんにちは、らくだです。

集ラノの発表、まだかなぁー。
まあ去年は2月中旬だったし、今年もそうなんだろうなぁー。

と思ってたら更新されてる!
すっかり油断してたのに、不意打ちだってばよ!

【発表ページ】
http://dash.shueisha.co.jp/award/dx4thAward/result.html

応募総数  780作品
1次通過  181作品
通過率  約23%

通過された皆様はおめでとうございます!
ちなみに自分は新年早々、見事に1次落ちしました!

へへ……。
さすが今年の運勢は凶だぜ……。

というかまあ、運勢とか特に関係なく、つまらないから落ちたんですよね(汗)
書いて投稿した時期は、今年ではなく、もうかなり前ですし。

そういうわけで、落選してしまったことは残念ですが、どれだけ嘆いても結果は変えられないですし、しっかりと事実を受け止めた上で前を向きたいです。

凶だからこそ気持ちは明るく。
今年はそれを心掛けようと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

今年の運勢

こんにちは、らくだです。
今回は初詣シリーズのオチをお届けします。

今年のおみくじの結果は、ずばり「凶のち吉」でした。

160115-01.JPG

やだー!
凶とか初めて引いたんですけどー!

え、でも待って?
のち吉っていうことは、今年の後半には、いい事あるんだよね?

と思ってよく読んだら、フルボッコでワロタ。

・方角  東のかたよし
・病気  なおりがたし、神信心のほかなし
・失せ物  いでがたし
・旅立  行きてかえらず、つつしむべし
・縁談  ととのいがたし
・待ち人  来たれど又わかると知るべし
・勝負事  まけと知るべし

これさ?
「のち吉」はフォローで、実質的に「凶」じゃね?

というわけでこのおみくじは、記念に持ち帰って参りました。

おみくじは神社へ納めた方が良いという説もありますが、自分は忘れっぽいタイプなので、この一年間これを見ながら我が身を戒めようと思います。

以上、初詣シリーズでした。
4回にわたって長々とお届けしましたが、次回からはまた通常更新に戻ります。
posted by 常木らくだ at 23:00| おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

伏見稲荷大社

初詣シリーズの続きです。
石清水八幡宮を参拝した後、伏見稲荷大社へ行きました。

今はすでに1月中旬ということもあり、参拝客の数は多いものの、押し合うほどではありませんでした。

160114-01.JPG

ちなみに2年前の初詣の際は、比喩ではなく、本当に身動きができなかった……。

今回はそんなことはなく、無事にお参りできました。
本当は元日に行くのが理想ですが、これだけ人出が違うと、少しずらしたくなりますね。

160114-02.JPG

本殿の奥には千本鳥居があり、ここを通り抜けながら、稲荷山の山頂へ登れます。

体力がちょっと心配ですが、せっかくなので行くことに。
ゆっくり1周まわってくると、約2時間くらいだそうです。

160114-03.JPG

参拝道の途中には、大小様々なお社が。
上の写真は途中で見つけた、少し変わった手水鉢です。

おお!
頑張って登っていると、いきなり巨大な沼が!

160114-04.JPG

見てください。
鬱蒼と茂った周囲の木々を。

ハイキングと言うより、これはもう登山ですね。

160114-05.jpg

登山中に振り返って撮った写真。
ちょっと暗いですが、石畳の階段は、かなりの傾斜です。

うう……。
くじけそうだよう……。

そんな時に救世主(?)登場!

160114-06.jpg

中腹にあったお食事処で、その名も紅白ソフトという、アイスクリームを補給。

ミニおみくじがオマケで結果は吉でした。
期間限定ですが、また食べに来たいくらい、おいしかったです。

160114-07.JPG

ヒーヒー言いながら、ようやく山頂へ到着。
日も沈みかける時間ですが、それでも参拝客は多く、行列ができていました。

お参りを済ませた後は、来た道と違う道を下山。
途中で見晴らしのいい場所があって、京都市南部の風景を一望できました。

160114-08.JPG

ああ……!
大変だったけど登ってよかった……!

遠く沈みゆく夕日を眺めつつ、今年もいい年にしたいと、改めて誓った一日でした。
次回は初詣シリーズ(オマケ)をお届けいたします。
posted by 常木らくだ at 23:00| おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

石清水八幡宮(後)

こんにちは、らくだです。
今回は石清水八幡宮(後)をお届けします。

ケーブルカーを降りた後、本殿へ向かって歩きました。
道端に地図がありましたが、非常に広大な敷地ですね。

160113-01.JPG

軽いハイキング気分で10分ほど山道を進むと、突如として、山の上とは思えない石畳が出現しました。

どうやら参道へ到着した模様。
ずらりと並んだ石灯籠が壮観です。

160113-02.JPG

手水鉢で手を清め、いざ行かん本殿へ。

うおおおお!
破魔矢がすごい大きさ!

160113-03.JPG

国宝に指定されたのはこちらの御本社です。
朱塗りが眩しくて綺麗ですが、建立は江戸前期、具体的には寛永11年だとか。

それにしても圧巻です。
特に斜め下の角度から見ると、破魔矢の迫力が倍増します。

160113-04.JPG

お参りを済ませた後、境内を散策しました。

下の写真の樹もたぶん桜なので、春の景観はさぞや見事でしょうね。
それにしても神社で巫女さんを見ると厳かな気分になります。

160113-05.JPG

立派な瓦だなーと思いながら、ふと顔を上げると、魔除けの像がありました。

あなたは龍ですか?
それとも象さん?

160113-06.JPG

最初は龍と思ったけど、よく見ると、鼻の先の形状が象さん。

一方下の写真は、境内横の石灯籠。
円の上にハトという、すごいバランスです。

160113-07.JPG

お参りと境内の散策を済ませて、ケーブルカーの駅へ向かって歩いていると、味のある鳥居を見つけました。

苔むして古そうですが、その先は何もないガケ。
かつてはここが八幡宮への参道だったのでしょうか。

160113-08.JPG

以上、石清水八幡宮への初詣でした。

この後もう一社めぐったので、次はその様子をお届けします。
お楽しみに!
posted by 常木らくだ at 23:00| おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

石清水八幡宮(前)

こんにちは、らくだです。
初詣には少し遅いですが、石清水八幡宮へ行ってきたので、その模様を紹介します。

本殿は山の上にあるので、ケーブルカーで登ります。
京阪の八幡市駅から出ると、目の前に乗場がありました。

160112-01.JPG

寒いですが空は青く、絶好のお散歩日和!

改札を抜けると、すぐに乗場でした。
ケーブルカーだから当然なんですが、斜めの車体に、何故かテンションが上がります。

160112-02.JPG

ちなみに徒然草にも登場する石清水八幡宮は、昨年末に国宝へ登録されることが決定しました。

その為あちこちで「祝・国宝」の文字が見られます。
こういうお祝いムード、なんだか素敵ですよね。

150112-03.JPG

下は出発前に運転席から撮った写真。

線路は続くよどこまでも……と思いきや、車内アナウンスによると、実際の走行時間は約3分だとか(汗)

今回はケーブルカー利用でしたが、歩いて参拝する方も多いそうです。

150112-04.JPG

下の写真は、車内の様子。

冒頭でも一度言いましたが、「車体が傾斜している」という点になんだか不思議な特別感があって、テンションが上がります。

150112-05.JPG

なんだかんだ騒いでいるうちに、ケーブルカーが動き出しました。

おお……!
いざ出発すると、太陽が眩しい……!

150112-06.JPG

走行中、眼前には河川敷の光景が広がります。

今は冬なのでちょっと寂しいですが、茶色く見えている樹はすべて桜なので、春は素晴らしい眺めでしょうね。

150112-07.JPG

ちなみに自分、石清水八幡宮へ来たのは初めてですが、写真奥の河川敷でお花見したことがあったりします。

その時の様子はコチラ!
(自ブログのステマ)

150112-08.JPG

そうこうしている間に、山上駅へ到着しました。
ここは本殿の裏側なので、歩いて正面へ向かいます。

記事が長くなりそうなので、今回はとりあえずここまで。
次回は石清水八幡宮(後)をお届けいたします。
posted by 常木らくだ at 23:00| おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする