2016年02月24日

コンテストの応募条件

こんにちは、らくだです。

来たる月曜日の正式オープンを前に、カクヨムブログが一日に何度も更新されるようになり、なんだかこちらまでドキドキしてます。

その中から今回ご紹介するのは、コンテストの応募条件について。

【コンテスト応募条件に関して】
https://kakuyomu.jp/info/entry/2016/02/25/133516

・商業利用中の作品はNG
・規定文量である本文10万字以上は、3月31日までにクリアすればよい
・指定ジャンル以外の作品のエントリーは無効

記事自体は既出の情報をまとめた内容ですが、特に2番目は自分がもっとも気にしている部分なので、改めて明記があって心の底からホッとしました。

よかった……。
来週が締切りだったら、完全にアウトだもんな……。

ただ自分は公募のクセというか、終盤まで書いた後に序盤を書き換えたりするので、そういう余裕も見込んで早めに仕上げたいのが正直なところです。

これからネット小説に移行するなら、即日アップにも、慣れた方がいいんですけどね。
突然スタイル変更は無理なので、その辺はまあ、ちょっとずつということで。

とにかくそんなわけで、今回のブログは、応募条件の話題でした。

オープンまで残り4日。
週末は最後の追い込みを頑張ろうと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

予約投稿機能

こんにちは、らくだです。
カクヨムブログがまた更新されました。

最近本当にカクヨムの話題続きですが、今まさしく作品に取り組んでいる最中なので、どうしても注目してしまうんですよね。

というわけでまた紹介。
今回は予約投稿機能に関する説明です。

【予約投稿機能について】
https://kakuyomu.jp/info/entry/2016/02/24/202248

最初に小説の管理画面を確認している時、予約機能がないなぁーと思ったんですが、オープン後に実装されるみたいですね。

しかも分単位で指定可能らしいので、これは自分にとって非常に朗報。

ブログ内で一例として提案されている通り、自分も毎日一話ずつ公開する予定なので、予約投稿にはお世話になりそうな予感です。

あと実装が見込まれている機能としては、自動バックアップや、執筆中の文字数カウント機能があるとか。

今のところ、文字数はプレビューに行かないと見れないんですよね。
編集画面の方でも確認したいので、これは早く実装されて欲しいです。

自分の場合本文はワードからコピってますが、自動バックアップもあるに越したことないですし、今後のグレードアップが楽しみになりました。

というわけで、今回はカクヨムに実装予定の、予約投稿機能に関する話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

「★」

最近カクヨムの話題ばかりですが、来週の正式オープンを前に、次第に緊張が高まってきました。

さてさて。
次々更新される公式ブログから、今回はこの記事をピックアップ。

【ユーザー登録でより快適で便利に小説が楽しめます】
https://kakuyomu.jp/info/entry/2016/02/23/175930

ユーザー登録すると、
・閲覧履歴が記録されて、作品を続きから読める
・小説やユーザーをフォローすると、最新情報が自動的に表示される
・気に入った作品に「★」をつけたり、おすすめレビューを書いたりできる

ちなみに「★」は加点方式なので、増えるほどいいってことですね。

例えばアマゾンレビューなんかだと、「1」がついたら平均点が下がりますが、そんな心配はしなくてもよさそうです。

あと、サラッと説明がありますが、
「ランキングは色々な数値を元に算出する方向で鋭意策定しておりますが、指標の1つとしてこの★の数も加味する方針です。」

つまり好きで応援したい作品がある場合は、ただ閲覧するだけではなく、ユーザー登録して加点した方がいいようです。

というわけで、紹介だけになりましたが、今回は以上です。

投稿を決めた時は不安でしたが、今は楽しみな気持ちの方が大きいので、早く月末になって欲しいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

執筆状況(泣)

よくコメントをくださる常連さんから、「俺もカクヨム公開設定で14万字超えた」という報告が入り、焦りを隠しきれない常木らくだです。

14万字とか早すぎだろ!
こっちに4万字わけてくれよ!
どんだけ優秀なジェバンニだよ!

これはそう、アレですね。

抜きつ抜かれつ仲良くランニングしてる気分だったのに、相手は自分より周回数が10周くらい上で、どうやっても追いつけない絶望感が常木らくだを襲う的な。

ちなみに自分は、現在3万字です。

はい、そうです。
常連さんに4万字もらっても、規定の10万字に届きません。

まあでも、2月28日が締切りっていうのは、あくまでエントリーの話ですよね。
それまでにプロローグだけでも投稿すれば、コンテストにエントリーできるんですよね。

【準備会ブログのソース】

もちろんプロローグ部分しか載せずに1か月も放置したら、人気作品になれるわけないので、3月中に更新して10万字を超える必要がありますけどね。

とにかくそういう状況なので、取り組み中の作品が3月末までに形になるように、本気で頑張ろうと思います。

以上、ひどく焦っているため、普段と違うテンションでお届けしました。
posted by 常木らくだ at 23:00| カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

直撃インタビュー

こんにちは、らくだです。

しばらく多忙で見られなかったんですが、いつの間にか電撃大賞の特設サイトが、さらにバージョンアップしておりました。

これですべての作品が出揃いましたね!

【特設サイト】
http://dengekitaisho.jp/special/

っていうか10日に更新されたんですね(汗)

すみません。
未読作のネタバレ回避のために、この10日くらい、チェックを怠っておりました。

というわけで今ようやくサイトを見たんですが、新しく追加された、受賞者への直撃インタビューが面白いです。

特に興味深かった質問は、ずばり「受賞時の状況」。

細かい反応は作者によって様々ですが、どのインタビューからも受賞の興奮と喜びが伝わってきて、羨ましい気持ちが自分の中で爆発四散。

いつか……!
いつか自分だって必ず……!

まあでも、憧れの感情だけじゃ、受賞はできませんからね。

そういう未来を自分自身で掴むためにも、今ある現状に甘えずに、日々の執筆を誠実に頑張ろうと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする