2016年05月31日

ユーザーミーティングの件(後)

こんにちは、らくだです。
引き続きカクヨムユーザーミーティングの話題です。

詳しい内容が知りたくて検索したら、詳細レポートをアップしてくれている参加者さんが、カクヨム上にいらっしゃいました。

イベントの内容や会場の雰囲気はもちろん、司会のお姉さんの服装まで載っています。

【カクヨムユーザーミーティングレポート】

このレポートに書いてあるのですが、編集者がウェブ上で作家を探す時は、その作家の小説作品のみならず、近況ノートやらツイッターやら、そういう文章も参考にするということです。

それなら……!
是非らくだ図書館を読んで、ワイに声をかけてくれ……!

と大声で叫びたい気分ですが、そもそも自分の場合は小説がショボいので、作者の情報を検索する気にならないんだろっていうね。

そういうわけで、小説以外の情報発信も大切ですが、小説が面白いのはそれ以前の大前提であり、ブログばっかり頑張ってもダメなのだという教訓(?)を手に入れました。

以上は一例ですが、他にも色々と参考になる話が載っているので、ミーティングの内容を知りたい方にオススメしたいレポートです。

というわけで、カクヨムユーザーミーティングの話題(後)でした。

明日はいよいよエッセイ公開なので、皆様に少しでも楽しんで頂けるよう、最後の仕上げを頑張ろうと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

ユーザーミーティングの件(前)

こんにちは、らくだです。

昨日5月29日(日)に開催された、カクヨムユーザーミーティング。
そのレポートがカクヨム公式ブログにアップされました。

【「カクヨムユーザーミーティング」を開催いたしました】

・応募者数 229人
・参加人数 40人
・当選倍率 約17.5%

具体的な応募者数も発表されました。
当選率は17.5%というなかなかの数字で、落選報告ばかり目にしたのも頷けます。

<イベント内容>
・KADOKAWAの現役編集者によるトークイベント
・編集者による講評と個別アドバイス
・ユーザーヒアリング、カクヨムのアンケート
・参加者全員へカクヨム特製ボールペンをプレゼント

参加された皆様のレポートを検索して読んでみましたが、あくまで講演と講評がメインで、参加者同士が交流できる感じではなかったみたいですね。

ただ、全体的にはとても勉強になったという意見が多いので、今後のイベント開催に是非とも期待したいところです。

というわけで、カクヨムユーザーミーティングの話題でした。

まだ少し書きたいと思うことがあるので、次回も引き続き、この話題をお送りしたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

ビーズログ文庫アリス部門

こんにちは、らくだです。

来年のえんため大賞の募集が早くも開始。
ウェブ応募はまだ受付していませんが、紙原稿はすでに投稿できるみたいです。

【ファミ通文庫部門】
http://www.enterbrain.co.jp/entertainment/famitsubunko.html

【ビーズログ文庫部門】
http://www.enterbrain.co.jp/entertainment/bslogbunko.html

【ビーズログ文庫アリス部門】(NEW!)
http://www.enterbrain.co.jp/entertainment/bslogbunkoalice.html

応募要項をチェックして驚いたのですが、次回からは、ビーズログ文庫アリスが独立する模様です。

結果的に、
・ビーズログ文庫部門 ⇒ 従来通りの恋愛ファンタジー作品
・ビーズログ文庫アリス部門 ⇒ より幅広い感覚で楽しめる現代的な作品

こういう感じの住み分けができそうですね。
(※あくまで個人的な理解です)

恋愛ファンタジー以外の女性向け作品は、今まで新人賞の受け皿が少ないような印象だったので、アリス部門には盛り上がって欲しいです。

以上、ビーズログ文庫アリス部門の新設の話題でした。
締切は来年なのでまだ遠い先ですが、自分も応募してみたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

文学フリマ短編賞の応募要項

こんにちは、らくだです。

文学フリマ短編小説賞の特設ページが公開されました。
応募要項も発表されているので、参加予定の皆様は要チェックです。

以下、特設ページへのリンク。

【文学フリマ短編小説賞】
http://buntanpen.hinaproject.com/

・応募締切 2016年6月30日
・結果発表 2016年9月上旬
・期間内に新規投稿された作品が対象
・4万文字以下の完結した作品であること
・「異世界転生」「異世界転移」の要素がないこと

受賞作は小説家になろうが発行する同人誌に収録。
その同人誌は下記の文学フリマで販売されるようです。

・2016年9月18日(日) 第4回文学フリマ大阪
・2016年11月23日(水) 第23回文学フリマ東京

見た感じ賞金や賞品はない模様。
受賞が商業デビューに繋がるわけでもないみたいです。

というわけで、あくまで同人誌に掲載する企画のようですが、字数も40,000字以内と中編程度の量ですし、ご興味のある皆様はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

以上、文学フリマ短編小説賞の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

バナーを作ってみた

どうしよう……。
カクヨムエッセイが仕上がらない……。

というわけで、自分自身のテンションを上げるために、メニューに設置する作品バナーを作ってみました。

本当は原稿に向かうべきなんですが、精神的に追い詰められると、他の作業がしたくなるんですよね。

そういうわけで、ここにもペタリ。
作品タイトルを打ち込んで、上下を塗っただけですが、いい気分転換になりました。

rakuda_b.jpg
(まだリンクは貼っていません)

エッセイの作品タイトルは、『らくだ図書館(カクヨム版)』。

カクヨム版とある通り、このブログ『らくだ図書館』とは、まったく違う内容です。
以前パブーで期間限定公開していた『らくだ図書館スペシャル』とも異なります。

投稿を始めた理由などは何度書いても変わらないので、いくつか被っているエピソードもありますが、文章そのものはすべてエッセイ用に書き直しました。

なので、ここを最近知ってくださった方々はもちろん、以前からの常連さんにも楽しんで頂けるかなと思います。

というか、まだ原稿が仕上がっていない状態なので、楽しんで頂けるようにこれから頑張ります……(汗)

以上、カクヨムエッセイ参加の告知でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする