2016年06月25日

コンテスト外の書籍化

こんにちは、らくだです。

先日コンテストの結果が発表されたばかりのカクヨムですが、コンテスト非参加の作品からも書籍化が決まったようです。

詳細は下記ブログに記載。

【ユーザー投稿作品『幼馴染の自動販売機にプロポーズした経緯について。』が書籍化されます】

発売日: 2016年8月10日
定価: 本体1,200円+税
判型: 四六判
レーベル: カドカワBOOKS

てっきり文庫かと思いましたが、1,200円で四六判ということは、単行本での刊行のようですね。

書き下ろしエピソードが載るとはいえ、ウェブ上で無料で読める作品をこの価格で販売するなんて、編集者の自信のほどが感じられます。

それにしても、今まで字だけだったウェブ小説に、こうして素敵なイラストがつくのは、なんとなく感慨深いものがありますよね。

自分の小説もいずれこんな風になったらいいな〜と、サイト利用者の一人としておおいに夢が膨らみました。

そうはいっても、載せる作品がなければどうしようもないので、まずは目の前の執筆を地道に頑張ろうと思います(汗)
posted by 常木らくだ at 23:00| カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

通過者の年齢

こんにちは、らくだです。

6月14日に発表された、MF4期の1次通過リスト。
そこに81歳の投稿者さんがいるということで話題になっています。

今さら確認したのですが、たしかに噂は本当でした。

いやー!
素晴らしいですね!

【発表ページ】
http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/award/result/#forth

・応募総数 489本
・1次通過 191本
・通過率 約39%

80代でMFJに投稿しようと考えるガッツも、実際に1次通過する実力も、色々な意味で尊敬してしまいます。

それはまあ極端な例にしても、今回は30代〜50代の通過者さんも結構いますし、投稿者の年齢層が以前に比べて多様化しているような気が。

年齢にとらわれず好きな行為に打ち込めるって、とても素敵なことだと思いますし、今後もこの流れが続いて欲しいと願っています。

同年代の方々が頑張っていると、こちらも励みになりますからね。

自分もどうせ落選だからと腐ったりせず、日々の創作活動に対して、誠実に取り組んでいこうと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

コバルトのあらすじ大賞

こんにちは、らくだです。

近ごろ中途半端な天気が続きますね。
早く梅雨明けして本格的な夏になって欲しいです。

さてさて。
コバルトブログが更新されましたが、気になる情報があったのでご紹介。

【コバルト編集部ブログ】
http://ameblo.jp/cobalt-shueisha/entry-12173942890.html

このページの次回更新予定に、「あらすじ大賞応募受付スタート」という一文が、サラリと載っておりました。

あらすじ大賞?
そんなのあったっけ?

と思って検索しましたが、コバルトの公式サイトにはまだ情報が載っておらず、新しい企画のようです。

既存作品のあらすじを書く賞なのか、オリジナルのあらすじを送る賞なのか、詳細は今のところ不明ですが、どういう新企画なのか期待大ですね。

それから投稿新企画第1弾として開催された、「桑原水菜プロデュース」の結果発表もあるようなので、そちらの更新も楽しみにしたいところです。

以上、今回はコバルトブログの話題でした。

次回の更新は7月1日(金)予定なので、あらすじ大賞の詳細が判明したら、また改めて紹介したいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

カクヨムコンテストの結果

こんにちは、らくだです。
第1回カクヨムWeb小説コンテストの結果が発表されました。

受賞された皆様はおめでとうございます!

【発表ページ】
https://kakuyomu.jp/contests/kakuyomu_web_novel_001/result

・応募総数 5,788作品
・最終選考 185作品(約3%)
・受賞作品 26作品(約0.4%)

各作品に刊行予定のレーベルが載っていますが、割とバラけているように見えますし、女性向けの作品も意外と多いような印象でした。

カクヨムはせっかく新しい小説掲載サイトなわけですし、特定のジャンルに偏ることなく、今後も多様な作品が集まる場所になって欲しいです。

あと、それから。
正確な応募数を知りませんでしたが、なんと5,788作品もあったんですね。

ただ今回のコンテストは初回だけあって、とりあえずエントリーしただけの作品も多かったので、今後この数字が順調に増えていくかどうかは、カクヨムの運営次第なのかなと思います。

それから、第2回の開催も何気に告知されました。

自分が参加するかどうかは日程次第ですが、前回の反省で色々な点が改善されているはずですし、応募要項の発表を楽しみに待ちたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

ファンタジアの3次発表

こんにちは、らくだです。
第29回ファンタジア大賞(後期)の3次発表がありました。

1次や2次の情報を記事にしていなかったので、今さらではありますが、通過数や通過率を改めてまとめておきます。

お名前のあった皆様はおめでとうございます!

【発表ページ】
http://www.fantasiataisho.com/contest/29th_first.php

・応募総数 539本
・1次通過 112本(約20.8%)
・2次通過 36本(約6.7%)
・3次通過 10本(約1.9%)NEW!

4次については7月20日発表予定らしいです。
日付が明確なのは投稿者にとってありがたいですね。

そして、そして。
ファンタジア大賞と言えば、しばらく前に発表された、短編の賞が気になるところ。

【短編・応募要項】
http://www.fantasiataisho.com/guideline/short.php

応募締切は2017年2月でまだかなり先ですが、短編ラノベを投稿できる賞は現状とても少ない(電撃くらい?)ですし、新たな受け皿として盛り上がって欲しいです。

以上、今回はファンタジア大賞の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする