2016年08月16日

落選のご案内

アイスクリスタルの結果?
もちろん今回も落選でしたけど?

rakusen.jpg

メールタイトル「落選のご案内」。

やめてー!
それは投稿者を傷付ける言葉よー!

とまあそういうわけで、アイクリは落選でした。
落ちたことは非常に残念ですが、また次回応募しようと思います。

ちなみにアイスクリスタルとは、試合やショーのチケットを先行購入できる、アイススケートファンクラブです。

その他にもスケーターとの交流会など、会員限定イベントがあったりします。

【公式サイト】
https://www.icecrystalnet.com/

それにしてもフィギュアスケートって、ここ10年くらいで、一気に人気スポーツになりましたよね。

昔は全日本もNHK杯も余裕で買えたのに、今や発売と当時にチケットが売り切れ、なかなか観戦に行けないような厳しい状況。

それ故アイクリの競争率も上がっているわけですが、それだけ盛り上がるのは嬉しいことですし、これからも懲りずにエントリーを続けようと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

集英社ラノベ2次発表

こんにちは、らくだです。
今年は五輪と甲子園が同日程で、連日連夜、観戦を楽しんでいる毎日です。

本気の勝負って見る者の心を揺さぶりますよね。

それに比べたら規模は非常に小さいですが、自分も負けずに、小説投稿で本気の勝負をしたいものです。

さてさて。
集英社ライトノベル新人賞の2次結果が発表されました。

通過された皆様はおめでとうございます!

【発表ページ】
http://dash.shueisha.co.jp/award/dx5thAward/result.html

・応募総数 681本
・1次通過 138本(約20%)
・2次通過 27本(約4%)

あと公式ブログの方に情報がありますが、1次選考落選作について、評価シートの発送が完了した模様です。

かつてのスーパーダッシュ時代は評価シートの発送が遅く、自分も1年待ちを経験したことがありますが(汗)、今は早くなったので安心して投稿できるようになりました。

とまあそれはさておき。
3次発表は9月中旬らしいので、今から更新が楽しみですね。

以上、集英社ラノベ2次発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

鳴らない電話

最近らくだ図書館の更新が止まっている!
これはカクヨムから受賞連絡が来たに違いない!

というコメントが寄せられましたが、実際はその逆で電話もメールも一切なく、ふてくされてサボッているだけです。

ははは……。
受賞者には連絡もう行ってるんでしょうね……。

そんな未熟者の自分ですが、久し振りにカクヨムの編集画面をチェックしたところ、嬉しいレビューを頂きました。

【らくだ図書館(カクヨム版)レビュー】
https://kakuyomu.jp/works/1177354054881059472/reviews

簡単にまとめると、
・このエッセイはとても読みやすく、文章の節々から人徳が滲み出ている
・この筆者はプロの作家になれなくとも、それ以上に愛される人になれるだろう

という内容で、いやもう本っ当に、自分には勿体ない褒め言葉です。

人徳ってマジですか……。
文章からアホさ加減が滲み出ている、なら確かに納得できるんですが……。

とまあそういうわけで、こんな有り難い応援を受けた以上は、一人で勝手にふてくされている場合ではなく、もっと期待に添えるよう前向きに活動しなければと思いました。

それにしても、カクヨムさん。
引き続き電話待ってますので、どうぞよろしくお願いします。
posted by 常木らくだ at 23:00| カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

コバルトホラー短編賞の結果

こんにちは、らくだです。

いやはや。
世間はお盆真っ盛りですね。

自分は実家が近すぎるので逆に帰省しませんが、休みを取ったり遠出したり、夏を満喫している方も多いのではないでしょうか。

さて、今回は発表の話題を。

お盆といえばホラー(?)ということで、ウェブコバルトの投稿企画、ホラー短編賞の結果が発表されました。

受賞された皆様はおめでとうございます!

【発表ページ】
http://cobalt.shueisha.co.jp/contents/horror_award/

上のサイトにありますが、今回の応募総数は96本。

前回の桑原水菜プロデュースが125本だったので、毎回100本くらい応募が集まる感じでしょうか。

ちなみに今回選ばれた4本は、8月26日(金)に、原稿本文がアップされるとか。

自分はホラーが苦手な小心者なので、公開されても怖くて読めない(汗)ような気がしますが、講評はチェックしようと思っています。

以上、コバルトホラー短編賞の発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

えんための最終候補

こんにちは、らくだです。

公式サイトの予告通り、えんため大賞・ファミ通文庫部門の最終候補作品が、本日発表されました。

通過された皆様はおめでとうだぜ、てやんでい!

【発表ページ】
http://www.enterbrain.co.jp/entertainment/select/18th_famitsubunko_3rd.html

・応募総数 619本
・1次通過 165本(約27%)
・2次通過 13本(約2%)
・3次通過 4本(約0.6%)

3次通過(最終候補)は約0.6%という狭き門でしたが、この激戦を勝ち抜いた作品は、是非とも出版されて人気作品になって欲しいですよね。

いつもそう思っていますが、自分が途中で落ちてしまった賞については、ことさらそのように感じます。

ちなみに受賞作の発表は、えんため大賞の特設ページには8月下旬としか書いてませんが、エフビーオンラインに26日(金)予定だと具体的に書いてありました。

【エフビーオンライン】
http://fbonline.jp/15enter/15enter.html

えんため大賞は結構毎回そうなのですが、賞の特設ページにない情報がエフビーオンラインに載っていることがあるので、両方あわせて確認するのがオススメです。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする