2016年10月16日

全日本フィギュアの先行抽選

全日本フィギュアの先行抽選スタート!
さっそくチケット申し込むぞオラァァァァ!

と思いつつチケットぴあを見たら、4日間通し券は電子チケット(スマホのみ入場可)で、ガラケー民のワイ低みの見物。

これガラケー差別だわ……。
まあこの為に格安スマホ買ったけどさ……。

とまあそういうわけで、わざわざスマホを買ってまで全日本の通し券(抽選)に申し込んだので、絶対当選して欲しいです。
(これで落選したら相当ショック)

さてさて。
全日本は12月末でまだ先ですが、ついに今週末、グランプリシリーズが始まります。

下記リンクはテレビ朝日の特設ページ。
出場選手や放送日程などの情報は、こちらで確認することができます。

【グランプリシリーズ特設ページ】
http://www.tv-asahi.co.jp/figure-gp/2016/

最初はアメリカからスタートですが、さっそく浅田選手や宇野選手が登場しますし、新プログラムなども楽しみですね。

まずはこのグランプリ2試合でいい演技をして、ファイナルや年末の全日本へ繋げて欲しいです。

ちなみに全日本のチケット抽選は、22日(土)結果発表なので、ドキドキしつつ待ちたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

集英社ラノベの4次発表

こんにちは、らくだです。

10日遅れの話題(汗)ですが、第5回集英社ライトノベル新人賞の4次結果が、公式サイトに掲載されました。

いや、その!
近ごろ投稿界隈の動きが多いから、紹介が遅くなってしまうんですよ!
(見苦しい言い訳)

何はともあれ通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://dash.shueisha.co.jp/award/dx5thAward/result.html

・応募総数 681本
・1次通過 138本(約20%)
・2次通過 27本(約4%)
・3次通過 9本(約1.3%)
・4次通過 2本(約0.3%)

ちょ、待っ、2本て……(白目)

冷静に通過数&通過率を確認すると恐ろしいですが、そもそも簡単にデビューできる賞なんてないですし、その2本に残れるくらいの作品を書きたいですよね。

ちなみに集英社ラノベといえば、10月締切分に自分も応募しました。

公募は春のえんため以来という、かなり久し振りの挑戦ですが、通過するといいなぁと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

ピクシブ文芸大賞

こんにちは、らくだです。

幻冬舎×テレビ朝日×pixivによる新しいコンテスト、その名もピクシブ文芸大賞が開催される模様です。

詳細は下記リンクをご覧ください。

【ピクシブ文芸大賞(概要)】
http://bungei.pixiv.net/

【ピクシブ文芸大賞(応募要項)】
http://www.pixiv.net/novel/contest/pixiv_bungei/terms

・募集内容 ジャンル不問
・規定字数 8万〜20万字程度
・受付期間 2016年10月27日〜2017年3月31日
・大賞作品は幻冬舎で書籍化&テレビ朝日で映像化

ちょっとよくわからないのですが、新しい小説投稿サイト「ピクシブ文芸」が10月27日にオープンする、という認識でいいんでしょうかね。

もしそうなら、これは朗報かと。

pixivはそもそもイラスト投稿サイトなせいか、小説については少し読みにくいと感じていた(表示形式とか)ので、文章に特化したサイトが出来るなら嬉しいです。

ただしコンテスト参加作品の投稿は、従来のpixivを利用するみたいですね。

この辺の詳細がまだよくわからないので、詳しい情報が出たら、その際にまた改めて紹介したいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| 一般エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

第184回コバルト短編賞の結果

こんにちは、らくだです。

今週から急激に肌寒くなりましたね。
季節の移り目で気候が不安定ですが、風邪などには注意したいところです。

さてさて。
第184回コバルト短編賞の結果が、先週の金曜日に更新されました。

今回は入選1本、最終選考3本。
それから「もう一歩の作品」が発表されています。

お名前のあった皆様はおめでとうございます!

【発表ページ】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/newface-award/no184/

何度も繰り返し言っていますが、コバルト短編賞のいいところは、作品と選評を一緒に読める部分。

特に今回は選評が長め(ですよね?)で、色々と勉強になる部分が多かったです。

それにしても全体的に、コバルトは活発ですよね。
短編の賞も長編の賞もあるし、単発の投稿企画も多いですし。

今までは雑誌を買っていたわけですが、今はウェブ化したお陰でいつでも簡単に(しかも無料で)情報を閲覧できるので、今後も楽しんでいきたいと思っています。

というわけで。
数日間コバルトの記事が続きましたが、明日からは他の話題に移る予定です。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

「あなたの街の物語」コンテスト

こんにちは、らくだです。
かなり今さらではありますが、『シン・ゴジラ』を観てきました。

小さいスクリーンでしかも端の席だったんですが、それでも凄い迫力で、ゴジラのテーマソングが頭の中から離れません。

さてさて。
今回の話題はカクヨムの新企画について。

従来のコンテストとは趣向が違う、新しい企画が開催される模様です。

【「あなたの街の物語」コンテスト】
https://kakuyomu.jp/anatanomachi/

・募集内容 日本国内のどこかの街を舞台にした物語
・規定字数 2000字程度
・受付期間 2016年10月14日(金)〜2016年11月30日(水) 
・入選作品 作品集にまとめ全国各地で配布&英語や中国語に翻訳し世界へ発信

「本プロジェクトは、内閣官房オリンピック・パラリンピック推進本部事務局の委託により、平成28年度オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査として実施しています」

今回のコンテストのユニークな点は、「その街の魅力をアピール」という条件さえクリアすれば、小説でもエッセイでもいいという部分。

日本の街が舞台といえば、ゴジラもそうですけどね。
とはいえメチャクチャに破壊されるので、魅力をアピールって感じではないですが。

とにかく文字数も2,000字と短めですし、オリンピック・パラリンピックに向けた文化的な企画のようなので、自分もネタを考えてみようと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする