2017年07月01日

つばさ文庫編集長インタビュー

こんにちは、らくだです。

ビーズログ通過の祝福コメント、たくさんありがとうございます。
最近ずっと落選続きだったので、なんだか非常に新鮮な気分です。

さてさて。
7月1日からつばさ文庫のカクヨム応募がスタートしました。

それを記念するインタビューが、カクヨム公式ブログに掲載中。

これからつばさ文庫へ投稿予定の皆様はもちろんですが、編集長による生の声が聞けるので、児童レーベルに興味のある方々にとっても必見の内容です。

【「求められるのはエンターテインメント」──角川つばさ文庫編集長に聞く、児童向け作品の世界】

<気になったポイント>
・対象読者は主に小学生から中学生
・中でも一番多い読者は小学校高学年の女子
・投稿作を見ると正直なところカテエラな作品も多い
・「小学生向け=簡単なほのぼのした話を書けばいい」は間違い
・小学生にもわかる易しい言葉と短いページ数で、読者があきないような、おもしろい話を書かなければならない
・お金を出す保護者が安心できる作品であることも重要

自分が気になったポイントは以上ですが、他にも「今後強化したい分野」などが載っているので、児童向けの投稿者さんは要チェックです。

以上、カクヨム応募開始記念「つばさ文庫編集長インタビュー」の紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする