2018年04月20日

ノベル大賞の発表日確定

「ノベル大賞の1次発表は4月13日(金)だと思う!」
⇒更新なし

「じゃ、じゃあ4月20日(金)だよね!?」
⇒更新なし

という感じで予想を外し続けている常木らくだです。
去年のデータまで調べて書いたのにお恥ずかしい限りです。

いやでも!
次の予想は外しませんよ!

1次発表は4月27日(金)に確定です。
何故なら下記サイトに告知があるから。

【コバルト編集部ブログ】
https://ameblo.jp/cobalt-shueisha/entry-12369823193.html

4月20日にUPされた記事ですが、下の方に来週の更新内容が載っていて、そこに1次発表は4月27日だと書いてありました。

まあ4月発表で金曜更新となれば、もう27日しか可能性はないわけですが、こうして告知が出るとやはり安心できますよね。

なおこの件のように、公式サイトに未掲載の情報がブログに載っているケースがあるので、コバルトの投稿者さんはブログもチェック(特に金曜日)しておくといいかもしれません。

以上、ノベル大賞の発表日確定の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

富士見ファンタジアの1次発表

こんにちは、らくだです。
第31回ファンタジア大賞(後期)の1次発表がありました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://www.fantasiataisho.com/contest/fantasia31th.php

・応募総数 509本
・1次通過 105本
・通過率 約21%

題名が気になったのは『ドラゴン肛門』という作品でしょうか。
どんな内容か想像できませんが痔の経験者としては見過ごせません。

それにしても、以前は複数通過すればそれだけで目立ったのに、最近はそういう状況が当たり前になってきた感じもしますよね。

2作以上投稿するだけでも大変なのに、さらにその作品が通過するというのは、最近活動できていない自分には羨ましい限り。

とにかく複数通過が珍しくない現在の投稿界は、昔と比べて、投稿者のレベルが上がっているのかなと思います。

話が少しそれましたが、2次発表は5月下旬だとか。

富士見はメンテの告知があるので、発表日が事前にわかる親切な賞ですが、情報が更新されたらまた紹介したいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

新キャラプロフィールコンテスト

こんにちは、らくだです。

今年3月にカクヨムのイメージキャラクターの公式プロフィールを募集するコンテストが開催されました。

その結果が発表されたのでリンクを掲載。
応募総数292作品から大賞1作品、優秀賞8作品が選出された模様です。

【2周年記念企画「新キャラクター、プロフィールコンテスト」結果発表】

キャラAはなんと少年設定です。
絵を見た時はてっきり元気娘かと思いました。

そしてキャラB。
清楚系美少女かと思いきや「作者を応援するAI」という設定になった模様です。

なお彼女の口癖は、
「作者様! 良く書けてますね! 下手なりに!」

ちょっと待て!
それって応援じゃないだろ!
そんなん言われたらリアルに胸がえぐれるわ!

それにしても、設定を見ただけで話が色々浮かんできたので、プロフィールって大事だなと改めて感じました。

あと今回設定が決まった2人のキャラは、これからカクヨムの公式キャラとして登場するようなので、今後の活躍を楽しみにしたいと思います。

以上、カクヨム新キャラプロフィールコンテストの話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

ラノチャレの講評の話

こんにちは、らくだです。
第7回講談社ラノベチャレンジカップの講評がアップされました。

最終結果は1か月前に発表済ですが、「講評を読むまでが投稿です」ということで、リンクアドレスを掲載しておきます。

【ラノチャレ講評】
http://lanove.kodansha.co.jp/award/challengecup/7/review/

今回気になった文章は以下。
そのままコピーして掲載します。

『受賞した作品の場合は、数多くの発売されている、これからされる無数の作品とおなじ土俵で戦うのですから、その作品たちに勝つのだ、という気合と緊張感を持って創作に取り組んでもらえたらと思います』

確かにそうなんですよねぇ……。

有名作品と自分の作品を比べると、
「いやこっちは投稿者だから!」
「そんな名作に勝てるわけないから!」

なんて思っちゃいますが、いざ受賞して商業デビューした場合、その有名作品と自分の作品が一緒に本屋に並ぶわけですからね。

逆に言うと、それらの名作と戦えるレベルじゃないと、受賞は難しいという意味かもしれません。

なお講評には最近の傾向なども書いてあるので、講談社にチャレンジ中の皆様はもちろん、そうでない方も是非チェックしてみてください。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

オーバーラップ1次発表

こんにちは、らくだです。

今週からブログの編集画面が大幅に変わって困惑中です……。
慣れない状況で書いているので不備があったら教えてください……。

さてさて。
第5回オーバーラップ大賞(第2ターン)の1次発表がありました。

以下リンク。
通過された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://over-lap.co.jp/bunko/award/2017/announcement.aspx

・応募総数 196本
・1次通過 30本
・通過率 15%
(募集期間 2017年9月1日〜2018年2月28日)

オーバーラップは今回から2ターン制に戻りました。
つまり応募総数196本というのは半年間での数字です。

ただ同じ半年の募集でも、直近の第1ターンは345本だったので、かなり減ってしまった感じですね……。

とはいえ応募数が減っても通過がラクになるわけではないですし、2次選考以降の発表も期待しながらチェックしたいと思います。

以上、オーバーラップ1次発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする