2018年05月24日

432作品

こんにちは、らくだです。
第8回講談社ラノベ文庫新人賞の応募総数が発表されました。

気になる今回の応募数は……。

【発表ページ】
http://lanove.kodansha.co.jp/award/rookie/8/

img_rookie8.jpg

好き。
このインパクト。

いやほら、毎日小説投稿の新情報を探している自分にとって、これくらい目立つ書き方はとっても有り難いわけですよ。

なお過去の応募数は、
・第1回 1,109本
・第2回 333本(↓)
・第3回 228本(↓)
・第4回 298本(↑)
・第5回 293本(↓)
・第6回 373本(↑)
・第7回 348本(↓)
・第8回 432本(↑)

ここ数年は増えたり減ったりですが、今回は一気に84本も応募数が増えたので、それが上のインパクト大な画像に繋がったのかもしれません。

ちなみに去年と同じスケジュールなら、1次発表はたぶん6月末なので、その時期になったらまた紹介します。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

規定違反による落選

こんにちは、らくだです。
第31回ファンタジア大賞(後期)の2次発表がありました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://www.fantasiataisho.com/contest/fantasia31th.php

・応募総数 509本
・1次通過 105本(約21%)
・2次通過 37本(約7%)

なお通過リストの下に告知がありますが、規定違反で落選となった作品があり、タイトルと作者名が掲載されています。

うーん……。
いったい何が起きたんでしょうか……。

規定違反にも色々ありますが、文字数やデータ形式に関する違反だったら、1次の段階で落ちているはず。

というわけで。
通過した後に判明する違反といえば、二重投稿くらいしか浮かびません。

もちろんこれは自分の憶測に過ぎませんが、ミスにしろ故意にしろ規定違反は即落選なので、投稿者としては絶対に避けたいですよね。

なお3次発表は6月20日の予定だとか。
公式サイトが更新されたらまた紹介したいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

文学フリマ短編小説賞の続報

こんにちは、らくだです。

前になろうブログで告知があった「文学フリマ短編小説賞2018」の特設サイトがオープンしました。

以下リンク。
参加予定の皆様は要チェックです。

【文学フリマ短編小説賞2018】
https://buntan2018.hinaproject.com/

・募集内容 オリジナルの短編小説
・規定字数 40,000字以下(話数は自由)
・最終締切 2018年6月11日(月) 6月20日(水)へ変更
・選考対象 受付期間内に新規投稿された作品(既存作品は不可)
・応募方法 なろうに作品をUPし「文フリ短編小説賞3」のキーワードを設定
・選考方法 開催期間内の「ポイント評価」と「アクセス数」を元に総合評価

基本的な応募要項はブログの告知と同一です。

ただし締切は変更になった模様。
10日ほど延びたので書き手にとっては嬉しいですね。

なお選考期間は「6月12日から」となっていますが、これは締切延長前の名残りだと思うので、おそらくそのうち修正されるのではないでしょうか。

それからこのコンテストは新規投稿作品のみが対象です。
受付期間前に掲載した作品はキーワードを付けても選考対象になりません。

以上、文学フリマ短編小説賞、特設サイト公開に関する話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

第3回カクヨムコン最終発表

こんにちは、らくだです。
第3回カクヨムWeb小説コンテストの最終発表がありました。

【発表ページ】
https://kakuyomu.jp/contests/kakuyomu_web_novel_003/result

・応募総数 3,015本
・中間通過 211本(約7%)
・大賞受賞 4本(約0.1%)
・特別賞受賞 15本(約0.5%)

<特別賞15本のジャンル内訳>
◎異世界ファンタジー部門 8本
◎SF・現代ファンタジー部門 2本
◎キャラクター文芸部門 3本
・恋愛部門 1本
◎ラブコメ部門 1本
・ホラー・ミステリー部門 0本

◎は大賞も出ている部門です。
異世界ファンタジーの圧勝という感じ。

一方で、ホラー・ミステリー部門については、大賞も特別賞も0本という寂しい結果になったようです。

書き手にとっては何とも厳しい状況ですが、このジャンルはいつの時代も一定の需要がありますし、これからさらに盛り上がって欲しいですね。

以上、第3回カクヨムコン最終発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

電撃の読者賞

こんにちは、らくだです。

今回は電撃の読者賞について考えてみます。
出ている情報は少ないですが公式サイトの説明は以下のページに。

【読者賞について】
http://dengekitaisho.jp/#readers_choice_25

<読み取れる情報>
・第25回の特別企画として実施
・3部門(小説大賞・イラスト大賞・コミック大賞)で開催
・投票は「広く一般に」と書いてあるので誰でも参加できそう?
・読者賞の候補作品はウェブで公開される様子(作者に事前連絡あり)

たとえばビーンズの読者賞ですと、あらかじめ「選考に参加したい読者の募集&選定」がありますが、そういうわけではなさそうな感じ。

説明を読む限り誰でも参加できそうです。
某カクヨムコンのように不正投票の対策は必要になりそうですが。

それから作者の側としては、自分が高次通過(最終候補?)になった場合、読者投票のために応募作が公開されることになります。

公募中心の投稿者さんだと、ネット掲載に抵抗を感じる場合もありそうですが、この点は心構えをしておいた方が良さそうですね。

なお自分は心構えバッチリだけど、そもそも最終選考まで行けません!
(今日のオチ)

以上、電撃の読者賞について考えてみる記事でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする