2018年06月10日

第3回RPGツクールフェス

こんにちは、らくだです。
第3回RPGツクールフェスのコンテスト結果が発表されました。

小説ではなくゲームの賞ですが、えんため大賞がリツイートしていたので、発表ページを紹介しておきます。

【第3回RPGツクールフェス】
https://tkool.jp/fes/collection2017winter_result.html

・応募総数 436ゲーム
・中間通過 20ゲーム
・最終選考 10ゲーム
・受賞 6ゲーム

なおRPGツクールフェスとは「プログラムの知識や専門的な知識が無くても、ニンテンドー3DSで、簡単にオリジナルRPGが作れるゲーム作成ソフト」(公式サイトの説明)です。

詳細は下記ページに掲載。
見本画面なども載っています。

【RPGツクールフェスについて】
https://tkool.jp/fes/about.html

ツクールは以前えんため大賞とコラボしていましたし、その後もリツイートが頻繁ですし、今後も何かのコンテストがありそうな予感がします。

小説とゲームで媒体は違えど、作り手の情熱は一緒だと思いますし、ゲーム界隈のコンテストも盛り上がって欲しいですよね。

以上、第3回RPGツクールフェス結果発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

電撃《新文芸》スタートアップコンテスト

こんにちは、らくだです。

今年3月10日のカクヨムブログに「電撃文庫がカクヨムでコンテストを開催」という情報が掲載されました。

あの件どうなったのかな……。
まったく音沙汰がないけれど……。

なんて思ったら詳細発表キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

【電撃《新文芸》スタートアップコンテスト】
https://kakuyomu.jp/contests/dengekibunko_contest

・募集内容 電撃文庫による「新文芸単行本」で出版する作品
・ジャンル オールジャンルOK、面白ければなんでもアリ
・受付期間 2018年7月6日(金)〜2018年8月26日(日)
・規定字数 本文80,000字以上(完結は必須ではない)
・大賞特典 賞金30万円+書籍化+コミカライズ

なお注意事項に重要なことが書かれています。
電撃大賞に応募中の皆様は特に注意しましょう。

「第25回電撃小説大賞に応募中の作品は、一次選考通過作につきましては選考対象外となりますのでご応募はお控えください。また一次選考で選外が確定した作品につきましては、応募することが可能です」

電撃でデビューしたい投稿者さんは多いと思いますし、この機会に、カクヨム登録を考えてみるのもいいかもしれませんね。

以上、「電撃《新文芸》スタートアップコンテスト」の情報でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

4,843本

こんにちは、らくだです。

突然ですが最近メディアワークス文庫にハマっています。
心温まる作品が多いので読むと優しい気分になれるんですよね。

ただしこのレーベルの問題点は、巻末に必ず電撃大賞の広告が載っているので、おままごとレベルの黒歴史を思い出して憂鬱になることでしょうか……。
(もちろん作品の良さは変わりませんが!)

さてさて。
本日そんな電撃大賞の応募総数が発表されました。

【電撃大賞 公式サイト】
http://dengekitaisho.jp/

・第16回(2009年) 4,602本
・第17回(2010年) 4,842本(↑)
・第18回(2011年) 5,293本(↑)
・第19回(2012年) 6,078本(↑)
・第20回(2013年) 6,554本(↑)
・第21回(2014年) 5,055本(↓)
・第22回(2015年) 4,580本(↓)
・第23回(2016年) 4,878本(↑)
・第24回(2017年) 5,088本(↑)
・第25回(2018年) 4,843本(↓)

ここ最近は2年連続で増えていたんですが、今回は少し減り、2016年とほぼ同じ応募総数になりました。

今回残念ながら自分は参加していませんが、上に書いた通り近ごろは読者として応援しているレーベルなので、この中から素敵な作品が現れて欲しいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

情報の取捨選択

こんにちは、らくだです。

近畿から関東まで一気に梅雨入りしたそうです。
毎日雨だと気分も晴れないし早く終わって欲しいですね。

さてさて。
コバルトの連載企画「小説を書くためのプチアドバイス」が更新されました。

今回のテーマは、
「物語の舞台を描写するときは『情報の取捨選択』が重要!」

詳細はリンク先をご覧ください。

【小説を書くためのプチアドバイス】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/column-miura-shiwon/002263/

内容をまとめると、
・部屋や家の間取り図を作っておこう
・街なら地図を作ってスケール感を掴んでおこう
・実際に書く時は全部描写するのではなく情報の取捨選択が大事
・本格ミステリは空間描写が優れている場合が多いので参考になるかも

どれも重要ですが特に「情報の取捨選択」は本当に難しいですよね。

説明不足で伝わらないのも駄目だし、逆に説明ばかりで読みにくくなっても駄目だし、こればっかりはたくさん書いて修行を積むしかないのかもしれません。

自分も空間描写は苦手なので、このアドバイスの内容を参考にして、今後気を付けようと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

キリンレモン240本

こんにちは、らくだです。

カクヨム甲子園の特設ページが公開されました。
参加を予定している高校生の皆様は要チェックです。

【カクヨム甲子園2018】
https://kakuyomu.jp/special/entry/kakuyomukoshien

基本的な要項は前回と一緒ですが、今年は新しい賞として、キリンレモン賞が新設されました。

詳細は下記カクヨムブログに掲載。
キリンレモン240本が賞品という凄い賞です。

【キリンレモン賞について】
https://kakuyomu.jp/info/entry/koshien2018_blog_060800

キリンレモン賞で求める作品キーワード「透明」

なお透明の解釈は自由だとか。
例として載っているのは以下のような作品です。

・世の中をありのままに見つめる素直な感性を表現した作品
・心がチクリと痛む青春物語
・若さあふれる爽快感抜群の作品
・キーアイテムに“透明なモチーフ”がでてくる作品

キリンレモン240本というのは夢がありますよね。
実際に届いたら少し困る気もしますが、どれくらいの量なのか見てみたいです。

以上、カクヨム甲子園2018&キリンレモン賞の紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする