2018年07月11日

らくだ図書館(75)

こんにちは、らくだです。

6月分のブログをパブーにアップしました。
紹介が遅れましたが何卒よろしくお願いします。

【らくだ図書館(75)】
http://p.booklog.jp/book/122869

もう1つ小さな告知を。

昨日のブログで紹介した「電撃《新文芸》スタートアップコンテスト」に私もひっそり応募中です。

何年も載せっぱなしの既存作ですが、確認したら文字数等の規定を満たしていたので、どさくさに紛れて参加してみました。

【電撃《新文芸》スタートアップコンテスト】
https://kakuyomu.jp/contests/dengekibunko_contest

【激烈ワナビ戦(カクヨム)】
https://kakuyomu.jp/works/4852201425154962046

しかしアレですね……。
ネット小説のコンテストって応募するの簡単ですね……。

必要な操作は編集画面で「コンテストに参加」ボタンをクリックするだけ。

もちろん手軽なのはいいことですが、この便利さに慣れてしまったら、紙での投稿に戻れなくなりそうです。

以上、個人的な告知記事でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

7月10日の怪現象

毎年7月10日だけブログのPVが異常に跳ね上がる怪現象。

いやいやちょっと!
自分は電撃送ってないから!
ここに冷やかしにきても無駄だから!

というわけで電撃の1次発表がありました。
今回は珍しく前日フラゲはなかった模様です。

【発表ページ】
http://dengekitaisho.jp/announce_25_01.html

・応募総数 4,843本
・1次通過 510本(長編424本、短編86本)
・通過率 10.53%

通過率は約1割でした。
お名前のあった皆様はおめでとうございます。

ところで現在、カクヨムで電撃《新文芸》スタートアップコンテストが開催中で、注意事項に「第25回電撃大賞の1次落ち作品も可」という記載があります。

応募するにはカクヨムに作品をUPする必要がありますが、電撃でデビューできるチャンスがもう1度あるわけですし、ネット公開に抵抗のない方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

【電撃《新文芸》スタートアップコンテスト】
https://kakuyomu.jp/contests/dengekibunko_contest

以上、電撃1次発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

ビーンズ2次発表

こんにちは、らくだです。

ようやく西日本の広い範囲で梅雨明けしました。
今後は雨の日が減ると思うとホッとした気分です。

とはいえ豪雨被害の復興にはまだまだ時間が必要な気配。
被災地の皆様が少しでも早く日常を取り戻せるよう願います。

さてさて。
第17回角川ビーンズ小説大賞の2次発表がありました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://beans.kadokawa.co.jp/award/17th-award/entry-1353.html

・1次通過 45本
・2次通過 13本

応募方法の内訳はカクヨム5本、郵送応募とWEB応募が8本です。

ちなみにビーンズに限った話ではありませんが、通過作がカクヨム応募の場合、誰でも検索できるし読むことができるんですよね。

これを「アクセス増えるやったー!」と思うか、「手の内を明かしたくないからイヤ!」と思うかは、人によって価値観が大きくわかれそうな気がします。

以上、ビーンズ2次発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

妄想バブル小説賞の感想

こんにちは、らくだです。
ウェブコバルトの投稿企画「妄想バブル小説賞」の結果発表がありました。

以下リンク。
受賞者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://cobalt.shueisha.co.jp/contents/bubble_novel_result/

<大賞『BABBLE』>
6ページにまとまっている作品です。
バブルとSFが融合した世界観……というと難しそうですが、笑えるネタ満載で、コバルト文庫の宣伝もサラリと混じっている力作でした。
特に自分の世代だと「そのネタかい!」と思うこと間違いなし。
例の24時間戦えますか〜のCMって、今の若い子は知ってるんでしょうか。
設定で勝負する作品なので、オチは短いですが、大賞を取ったのも納得です。

<佳作『楽しくて、寂しい』>
こちらはやや長めで19ページの作品です。
派手な生活を謳歌するJK、でも内心は寂しくて……という内容。
私自身はこの主人公と違って、極めて地味な高校時代を過ごしましたが、10代の頃の「漠然とした不安感」にすごく共感できました。
バブル関係なしに現代舞台でも通用するストーリーだと思います。

今回公開されたのは以上の2本。
どちらの小説も面白く読み応えがありました。

できれば選外佳作の6本も読みたかったですが、コバルトは何かしらの投稿企画を常時開催しているので、また面白いコンテストがあるのを期待しています。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

アニマル天国

こんにちは、らくだです。
第8回集英社ライトノベル新人賞(前期)の1次発表がありました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://dash.shueisha.co.jp/award/dx8thAwardEarly/result.php

・応募総数 270本
・1次通過 60本
・通過率 約22%

感想:くまが4作通過……だと……?

いやほら。
自分自身が「らくだ」だからね。
動物ペンネームをライバル視しちゃうんですよ。

と思ってよく見たら他にもいるじゃないですかー!
「しゃけ」「小鳥」「羊」「ひよこ」「タヌキ」「さんご」

完全に出遅れたよ!
これなら自分も応募してアニマル天国に混ざりたかった!

まあ、さんごがアニマルかは微妙ですが、とりあえず4作通過のくまさんは個人的に応援したいです。

以上、集英社ラノベ1次発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする