2018年09月20日

近畿ブロック

皆様こんにちは。
今回はフィギュアスケートの話題です。

高橋大輔選手の復帰試合となる「2018近畿フィギュアスケート選手権大会(近畿ブロック)」が10月7日に尼崎で開催されます。

第1弾のチケット抽選は終わりましたが、第2弾の抽選販売が現在受付中なので、ご興味のある皆様はいかがでしょうか。

【2018近畿フィギュアスケート選手権大会・2次受付】

なお自分は第1弾落選しました!
第2弾も申し込んでますが当たる気がしません!

そもそも本来ブロック大会は無料で、チケットが有料販売されること自体が異例なのに、そのチケットが買えないとか高橋大輔効果おそるべし。

なお今シーズン日本で開催される主な試合。
競争率すごそうですが全日本は絶対に行きたい。

・10月6日 ジャパンオープン(さいたま)
・11月9日 NHK杯(広島)
・12月20日 全日本選手権(大阪)
・3月18日 世界選手権(さいたま)

昔は全日本も当日券で余裕だったんですが、フィギュアスケートが人気スポーツになって、チケットが普通に取れなくなったのはつらいですよね……。

まあとりあえず!
今は近畿ブロックの当選を全力で祈ろうと思います!
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

第31回ファンタジア大賞受賞作

こんにちは、らくだです。

第31回ファンタジア大賞の受賞作が決定しました。
今回は最終候補7作品がすべて受賞というハイレベルな回だったようです。

以下リンク。
受賞された方々はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://www.fantasiataisho.com/contest/fantasia31th.php

さすがに7作品もあると選評も読み応えがあります。
どの作品も個性的なので刊行されるのが楽しみですね。

なお下の方に総評が載っていますが、選考委員の4名は、皆様こんな感想を持ったようです。

・全体的に完成度が高い
・設定にもオリジナリティがある
・ただその設定を展開に活かしきれていない

前にも書いたのですが、設定のオリジナリティと聞くと、拙作『好きです、ザビエル様っ!』を思い出して切なくなります。

あれはオリジナリティあったと思うんだ……。
ただ致命的に読者の需要がなかっただけで……。

という残念な黒歴史はさておき、ハイレベルな回だけあって選評にも力が入っているので、皆様チェックしてみてください。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

編集部が応募作に期待するテーマ

こんにちは、らくだです。

第4回カクヨムWeb小説コンテストの開催が決定しました。
応募要項とは別に特設サイトも登場しているのでリンクを紹介。

【応募要項】
https://kakuyomu.jp/contests/kakuyomu_web_novel_004

【特設サイト】
https://kakuyomu.jp/special/entry/kakuyomu_web_novel_004

特設サイトの中ほどに募集部門の説明があるのですが、そこに「選考に参加する編集部が応募作品に期待するテーマ・構成要素」が載っており、これは投稿者にとってかなり耳寄りな情報だと思います。

例えばキャラ文芸部門ですと、
「恋愛以外を主テーマとした作品」
「生活を豊かにする“知識ネタ”を題材にして欲しい」
「20〜30代のライトノベルを卒業した世代の女性が好む作品」
「中高生〜大学生が主人公のときめき切なくなる青春ストーリー」

というようにかなり具体的に書いてあります。
これはカクヨムコン以外の投稿者にも参考になるのではないでしょうか。

さらに欲を言うならば、どのコメントがどの編集部か書いて欲しかったですが、さすがにそれはレーベルカラーと照らし合わせて想像するしかないですね……。

とにかく編集部の率直な声が聞けるので、これから何を書こうか迷っている方がいれば、是非とも一度チェックしてみてください。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

来年のカレンダー

来年のカレンダーを買ったら、4月以前のページは平成31年と書いてあり、5月以降の元号は空欄でした。

そうか……。
もうすぐ平成が終わるのか……。

もちろん知識としては知っていましたが、カレンダーを見てその事実を改めて実感し、少しだけ寂しいような気分になりました。

ところで昭和生まれの私ですが、最近白髪が気になり始めたので、ヘアサロンでカラーリングしたんですよ。

で、それは無事に終わったんですが、スタッフがやたら強引で困惑しました。

店員「当店のアプリを是非インストールしてください!」
自分「あ、はい、後でやっておきます」
店員「いいえ、今してください。スマホはお持ちですか?」
自分「ありますが、今はフロントに荷物を預けてるので……」
店員「じゃあ持ってきますね!(数秒後)はい、どうぞ!」
自分「は、はあ……(汗)」

というわけで、スタッフに見張られながら、指定のアプリをインストール。

いやちょっと!
さすがに強引すぎるでしょ!

まあしかし、そこまでしないと、口先だけでインストールしない人が大半なんでしょうね……。
(自分もそのつもりだった)

という強引な対応はさておき、カラーリングにはとても満足したので、これからも定期的に行こうと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

ビーズログ最終候補作発表

こんにちは、らくだです。
第1回ビーズログ小説大賞の最終候補作品の発表がありました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://bslogbunko.com/bslog_award/index.html

・応募総数 522本
・1次通過 64本(約12%)
・2次通過 17本(約3%)
・最終候補 6本(約1%)

前回紹介したビーンズ同様、ビーズログもカクヨム応募可能なので、タイトルで検索するとヒットするケースが結構あります。

なんかこう……。
時代は変わったなぁと……。

昔は大前提としてネタバレ御法度というか、発売前の作品を読めるなんて考えられないことでしたが、今はネット小説の書籍化って割と当たり前の出来事ですもんね。

確かにページをめくるのはワクワクするし、たとえ内容がネットで公開されていても、紙書籍には紙書籍の良さがあると感じます。
(だから互いに共存して欲しい……!)

以上、ビーズログ最終候補作発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする