2018年11月06日

箱庭のコーディネート

こんにちは、らくだです。

12月1日から受付開始となる第4回カクヨムコン。
その開催を記念して過去の受賞者さんのインタビューが公開されています。

【第1回ファンタジー部門特別賞・合田拍子さん】
https://kakuyomu.jp/info/entry/wc4_interview_vol1

【第2回恋愛部門特別賞・望月くらげさん】
https://kakuyomu.jp/info/entry/wc4_interview_vol2

【第3回キャラクター文芸部門大賞・原田まりるさん】
https://kakuyomu.jp/info/entry/wc4_interview_vol3

自分の趣味は執筆ですが、実はそれ以上に投稿者という存在に興味があるので、受賞者インタビューを読むのはとても好きだし楽しいです。

今回のインタビューも3本とも参考になりました。
中でも特に印象に残ったのは原田まりるさんのアドバイス。

「面白さにはいろんな種類がありますし、正解があるものでもありません」
「だからこそ「自分が今一番面白いと思うこと」を遠慮なく表現するのがベストなのでは」
「小説は箱庭みたいなものだと思うので、自分の好きにコーディネートしてみてください」

箱庭という発想はなかったですが、確かに言われてみればその通りですし、うまい比喩だなぁーと感じました。

自分もかなりブレがちなので、途中で「好き」を失わないよう、気を付けようと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

「X→LIST+」原作者募集

こんにちは、らくだです。
カクヨムで新たなコンテストの開催が決定しました。

クリエイターユニット「X→LIST+(エックスリストプラス)」のオリジナルキャラクター「メル・アイヴィー」が主人公の小説を募集するという企画です。

大賞作品は電子書籍として発売するとともに、受賞作のストーリーをもとにしたオリジナル楽曲を制作し、オリジナルMVをつけて動画配信されるとか。

詳細はカクヨムブログをご覧ください。

【「X→LIST+」新曲ストーリー原作者募集】
https://kakuyomu.jp/info/entry/xlistplus_story

・募集内容 「メル・アイヴィー」が主人公の小説
・受付期間 2018年11月16日(金)〜12月2日(日)
・規定字数 1万字以内
・大賞特典 小説の楽曲化、MV化、制作した曲を収録した受賞記念オリジナルジャケットCD(非売品)、アマゾンギフトカード1万円

最近増えている朗読劇の企画もそうですが、こういうメディアの垣根を超えたコンテストは、ネット小説が主流となった今だからこそ出来ることですよね。

なお主人公の「メル・アイヴィー」については、リンク先にキャラ設定・動画・イラストが載っているので、チェックするとイメージが膨らむと思います。

自分もさっそく動画を見ました。
雨をテーマにした泣ける曲なので皆様も是非。

以上、「X→LIST+」新曲ストーリー原作者募集の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

ビーンズのインタビュー

こんにちは、らくだです。

おなじみの角川ビーンズ小説大賞ですが、カクヨム応募可能になったことを記念して、編集部インタビューが公開されました。

ビーンズを目指す方はもちろんですが、それ以外のレーベル狙いでも参考になるので、少女小説を書かれる皆様はチェックしてみてはいかがでしょうか。

【女子向け小説の次世代を担うのはあなた! 第18回角川ビーンズ小説大賞 作品募集中!】

<求める作品>
・エンターテインメント性の強い作品
・対象読者・年齢やジャンルを問わず幅広く募集
・どのジャンルにおいても、オリジナリティ以外に、以下の2点がとても重要
・「このキャラが好き」「応援したい」「幸せになってほしい」と思えるようなキャラクター性
・「この作品を読んで良かった」と思える読後感の良い作品

あと、途中でサラッと言及されているのですが、「レーベルとしても現代の学校を舞台にした青春がテーマの作品が増えてきた」という文章が気になりました。

以前は少女小説というと、いわゆる「姫・嫁・巫女」が中心でしたが、たしかに最近は学園モノが復権しつつある印象ですよね。

もちろん王道ファンタジーも面白いのですが、そればっかりではお腹いっぱいになるので、他のジャンルも今後増えて欲しいなと思います。

以上、ビーンズの編集部インタビューの紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

電撃《新文芸》スタートアップコンテスト最終発表

こんにちは、らくだです。
電撃《新文芸》スタートアップコンテストの最終発表がありました。

以下リンク。
受賞された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://kakuyomu.jp/contests/dengekibunko_contest/result

・応募総数 2,429本(応募締切時 2,440本)
・中間通過 138本(通過率 約6%)
・受賞作品 4本(大賞1本、優秀賞2本、特別賞1本)

なお今回のコンテストですが、読者ランキング上位作品の他に、編集部のピックアップ作品も何本か中間通過しました。

送った投稿者としては、具体的な選出方法が気になるところですが、総評内にこんな言及が。

「編集部からの選出においては、全作品の本文すべてを精読することはかないませんでしたが、編集部員が分担して一通りの作品を閲覧しました」

一通りって微妙ですよね……。
全作品読んだとは言ってないですしね……。

なんかこうなると、「俺の作品読まれてない?」なんて疑念が湧きますが、そんな文句を言っていても何も始まらないので、問答無用で面白い小説を書いて上位を目指すしかないのかなと思います。

以上、電撃《新文芸》スタートアップコンテスト最終発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

アーカイブ配信

こんにちは、らくだです。

10月12日にMBSラジオで放送された、第1回MBSラジオドラマ短編小説賞の朗読劇が、アーカイブで配信されています。

期間は11月16日まで。
これから同賞に投稿予定の皆様は、お聴きになってはいかがでしょう。

【小説家になろうブログ】
https://blog.syosetu.com/?itemid=3813

【MBSラジオ特集ページ】
https://www.mbs1179.com/novel/

こちらのコンテスト、第2回の締切は終わってしまいましたが、第3回と第4回には今からでも余裕をもって応募できます。

ジャンルと受付期間は以下の通り。
少し変わったジャンルですが、その分、挑戦し甲斐がありそうですね。

<第3回>
・ジャンル VRゲーム、宇宙、空想科学、パニック
・応募期間 2018年12月1日〜2019年1月31日

<第4回>
・ジャンル 童話、詩、エッセイ、その他
・応募期間 2019年3月1日〜2019年4月30日

以上、MBSラジオドラマ短編小説賞、朗読劇アーカイブ配信の紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする