2018年12月14日

人間ドックの結果

こんにちは、らくだです。

昨日のレポートが地味に好評で何よりです。
身体を張って挑戦した甲斐があるというものです。

なお七転八倒の胃カメラですが、最近は全身麻酔(意識なくなるやつ)を使ってくれる病院も多く、それだと寝ているうちに終わってしまって非常にラクだと聞きました。

自分はドMなので普通に受けましたが、吐き気に耐えるのはやはり苦痛なので、これから受ける方はそういう病院を探してみるのもいいですね。

ところで、胃カメラは異常なしだったんですが、その他複数の項目で色々と問題があり、2週間後に再検査へ行くことになりました(汗)

まあそりゃそうだよな……。
不自然なほど体重落ちたもんな……。
自覚あるから人間ドック受けたんだしな……。

というわけで、最近あまりにも不健康な生活をしてきましたが、離婚が無事に済んでしまえば懸念事項は何もないので、そうなったら実家へ帰ってしばらく療養したいと思います。

最後におまけ。
人間ドックで出た昼食。

181214-01.jpg

執筆も投稿も身体が資本。
皆様も健康には充分に気を付けてください。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

胃カメラ挑戦レポート

こんにちは、らくだです。

先日ここに書いた通り、人間ドックで経鼻胃カメラに挑戦したので、簡単にレポートします。

(1)まず液体の薬を飲む
これで胃を保護して画像の写りを良くするらしい
量は紙コップ小1杯程度、味は苦いがまあ許容範囲

(2)鼻を保護するスプレー噴霧
鼻血を防ぐ効果があるとか
スプレーだから痛くはなかった

(3)ジェル状の麻酔を鼻に入れる
イスに座って上を向いた状態で挿入
しかしジェルだから鼻から垂れてくる
あと喉にも流れてきて味が最高にまずい!
喉に流れた分は飲むよう指示されたので全部飲んだ
なかなかの苦痛だったがそういうプレイだと思えば悪くない

(4)診察台に横たわる
すぐに技師さんがやってきた
しかし経鼻カメラが想像以上に太い
いやそれどう見ても私の鼻に入らないよ?
一抹の不安がよぎったがとりあえず黙っておく

(5)経鼻カメラ挿入
物を突っ込まれてる違和感はあった
だけど麻酔が効いてるせいか予想より痛くない
インフルエンザの検査も鼻に棒ぶっ込むけどあれと似た感じ

しかしここで問題が!
鼻の穴が細すぎてカメラが通らない!

技師さん「あ〜、経路1は無理ですね。経路2で試しますね〜」

おい待て?
経路ってなんや?
鼻の穴って1本道じゃないのか?

なんだかよくわからないまま、カメラをぐいぐい押されたけど、結局は経路2も通らなかった。

技師さん「鼻は無理ですね〜。口から行きましょう!」

いやちょっと!
それだと今の挑戦が無駄じゃないですか!

ちなみに経口の胃カメラだったら前に経験があります。
喉を通過する時が苦しいですが通った後は比較的ラクです。

反射でオエッとなりますが、胃がカラッポなので吐くことはないし、喉の気持ち悪さに耐えられるかどうかですね。

というわけで。
我が鼻の貞操は守られたし結果も異常なしでした。

なお鼻が細くて通らないケースは10人に1人程度だとか。
約10%なので電撃の1次通過率と同じくらいの割合ですね。

以上、胃カメラ挑戦レポートでした。
これから人間ドックを受ける方の参考になれば幸いです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

ただの日記

明日は人間ドックだ!
ついに鼻から胃カメラだ!

というわけで不安はありますが、面白いレポートを書けるように頑張る……じゃなくて、自分の健康のために頑張ります。

ちなみに今は12月中旬ですが、何故こんな忙しい時期に人間ドックを受けるかというと、「離婚すると加入中の健保の補助が使えなくなるから」という事務的な理由だったり。

なお肝心の離婚協議は進んでいません。
結婚も大変だったけど離婚はさらに難しいと実感中です。

でもまあ、アレですよね。

繁忙期で残業続きの仕事。
旦那に対する途方もない怒り。
自由な時間を確保できないストレス。

でもこんな機会は人生で何度もあるものじゃないし、怒りも憎しみもストレスも全部ひっくるめて、この状況を丸ごと楽しまなきゃ損だよなって思うんですよ。

これは強がりじゃなくて本当に。
自分の底力が試される局面は、大変な反面、燃える部分もありますからね。

というわけで、2018年は控えめに言って最低でしたが、新しい自分に出会えたことも事実なので、この教訓を胸に刻み付けて2019年を迎えたいところです。

以上、今回は完全にただの日記でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

自作ゲームコンテスト経過発表

こんにちは、らくだです。

えんため大賞のゲーム部門「自作ゲームコンテスト2018」の経過発表がありました。

今回は14本の作品が通過した模様。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://www.enterbrain.co.jp/entertainment/originalgame_2_entry.html

通過リストに『ソ連の野望』というゲームがあったので、気になって説明を読みに行ったら、本当にあのソ連を育成するゲームだったという衝撃案件。

フィクションって書いてあるけど色々すげぇな!

そういや話それるけど、中学の社会のテストで、ソ連の正式名称「ソビエト社会主義共和国連邦」を書かせる問題が出たのを思い出しました。

そうなんだぜ……。
あの頃ソ連だったんだぜ……。
ベルリンの壁なんて物もあったんだぜ……。

ちなみにその時代は一応平成ですが、その平成も間もなく終わると思うと、なんだか感慨深いものがありますね。

というアラフォー発言はさておき、最終発表は12月下旬ということなので、結果が出たらまた紹介したいと思います。

以上、自作ゲームコンテスト経過発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

タイトル斬りコンテストの結果

こんにちは、らくだです。

毎年クリスマスには『ラブ・アクチュアリー』を観ていましたが今年は『キル・ビル』を観ようと思います。

ヤッチマイナァァァァ!(絶叫)

さてさて。
斬るつながりで今回はこの話題を。

カクヨムで開催された「スニーカー文庫《タイトル斬り!!》コンテスト」の結果発表がありました。

以下リンク。
受賞された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://kakuyomu.jp/contests/sneaker_title

・応募総数 338本
・中間通過 19本
・受賞作品 4本(大賞2本、特別賞2本)

なお選評にヒット作の条件が書いてあるのですが、「期待に応える」「予想を裏切る」、この2点の両立が大事だという言及がありました。

この真逆は「期待はずれ」「予想がつく」作品ですね。
まるで自分の作品のようでなんだか胸が痛いです。

しかしまあ、この両立がしっかりできれば、読者の心をがっちり掴めるはずなので、実践は難しいですが試行錯誤してみたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(2) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする