2019年01月31日

ドラゴンノベルス新世代ファンタジー小説コンテスト

こんにちは、らくだです。

去年カクヨムで実施された「ドラゴンノベルス新世代ファンタジー小説コンテスト」が今年も開催決定しました。

応募要項は以下。
受付は5月からですが参加者は今から準備すると良さそうです。

【応募要項】
https://kakuyomu.jp/contests/dragon_novels_2019/detail

・募集内容 長編ファンタジー小説
・規定字数 本文10万字以上(未完でも可)
・受付期間 2019年5月7日(火)〜6月30日(日)
・受賞特典 賞金30万円+ドラゴンノベルスより書籍化

賞の説明に、
「ファンタジー小説は、その時代ごとの流行を取り入れる先進性と、長く語り継がれる普遍性の両方が求められるジャンルだと思います」

と書いてありますがこれは本当に事実じゃないかと。

今は異世界転生や俺TUEEが主流ですが、富士見はそれよりずっと前からファンタジー作品を刊行してきたわけですし、時代によって様々な変遷があったと思います。

自分の世代だとオーフェンやスレイヤーズですね。
年齢がバレそうですが別にバレても問題はありません。

そんな老舗レーベルで活躍できるチャンスなので、ファンタジー小説を書かれる皆様は、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

自分を信じて

こんにちは、らくだです。
第198回コバルト短編小説新人賞の結果発表がありました。

以下リンク。
入選者様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/newface-award/no198/

コバ短のように本文と選評が公開されている場合、自分は本文を読んでから選評を読むのですが、この作業がなかなか楽しくて個人的にオススメです。

編集者さんと同じ感想だった場合「うんうん、やっぱりそうだよね」となるし、違う感想だった場合「そういう視点もあるんだなぁ」と勉強になりますからね。

隔月でペースが早いとはいえ、短編の賞で198回も続いているのは凄いことだと思いますし、今後も長く続いて欲しいです。

あともう一つ。
今回心に残ったのは『命の炎』の選評の次の文章。

「とても筆力のある方だとお見受けしますので、いろいろな作品が書けそうだなという気がします。(中略)変に読者受けとかを考えることなく、自分を信じて書き続けていってほしいですね」

自分を信じて書き続けていってほしい。
書き手にとってこれほど励まされる言葉はないですよね。

もちろん私が言われたわけではないんですが、この文章を読んだだけでなんだか勇気をもらいましたし、自分も今出来ることを頑張ろうと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

新年の抱負キャンペーンの結果

こんにちは、らくだです。

お正月に募集していた「#カクヨム新年の抱負キャンペーン」の結果発表がありました。

真面目な内容から明らかにネタっぽい内容まで、皆様の様々な抱負がたっぷり掲載されています。

【発表ページ】
https://kakuyomu.jp/info/entry/new_year_2019_result

特に印象に残ったのは「書籍化した賞金で婚活する」という抱負でしょうか。

ちょっと待って……!
それ受賞も結婚もできないフラグ……!

まあせっかく結婚しても、19年間付き合ったはずの旦那がある日突然行方不明になって、話し合いどころか意思表示すら一切できないまま離婚とかいうケースもありますからね(実話)

何度も言って申し訳ないが何度でも言う。
私はこの状況を作ったあの男を絶対に許さない。

ただまあそれはそれとして、今の生活はとても充実してますし、おかげ様で毎日ワクワクしながら生きています。

というわけで。
今年の抱負は何事も前向きに楽しむこと。

簡単なようで難しい目標ですが、少なくとも今月は実践できたと思うので、この流れを来月以降もしっかり継続していきたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

えんための受賞者インタビュー

こんにちは、らくだです。

先日近所を散歩していたら早くも梅が咲いていました。
まだまだ寒い日が続きますが本格的な春の到来が待ち遠しいところです。

さてさて。
第20回えんため大賞の受賞者インタビューが公開されました。

小説を書こうと思ったきっかけや、これからデビューを目指す人へのアドバイスなど、盛り沢山な内容となっております。

【優秀賞・殻半ひよこさん】
https://www.enterbrain.co.jp/entertainment/interview/20-01.html

【特別賞・山之 臨さん】
https://www.enterbrain.co.jp/entertainment/interview/20-02.html

さっそく読んだところ、共感できる部分が多数ありましたが、特にひよこさんのプロフィールの「物語を救ったり物語に救われたりされたい」という言葉が印象的でした。

物語を救ったり、逆に救われたり。
抽象的な表現ですが、投稿者の端くれとして、どちらもわかります。

まあ自分は未熟なワナビなので、救われた回数の方がはるかに多いわけですが、いつかは物語を救えるような書き手になりたいと思いました。

なお受賞者インタビューですが、今後も追加されていくみたいなので、サイトが更新されたらまた紹介したいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(3) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

eロマンスロイヤル大賞の刊行情報

こんにちは、らくだです。

えんため大賞の1部門として開催された「2018 eロマンスロイヤル大賞」の受賞作書籍化情報が公開されました。

以下リンク。
改めて受賞者の皆様はおめでとうございます。

【詳細ページ】
https://www.enterbrain.co.jp/entertainment/err/err_books.html

・応募総数 117本
・1次通過 17本(約15%)
・2次通過 10本(約9%)
・受賞作品 3本(約3%)

なお募集時にも紹介しましたが、こちらのコンテストは、女性向けR18小説の賞でした。

なのであらすじもエロいです。
不能とか処女とかいう単語が当然のように出てきます。

えっと、このコンテストえんため大賞でいいんですよね……?(再確認)

それはそれとして、3作品目はドMとして非常に気になりますし、発売されたらエロはさておき普通に読んでみたいと思いました。

なお次回の応募要項は未発表ですが、2018と呼んだからには2019もあるのだろうし、今後の情報に期待したいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする