2019年04月30日

平成最後の日

本日は平成最後の一日です。
この機会に過去を振り返っている方も多いのではないでしょうか。

ちなみに平成が始まった時自分は小学生でした。
あれから31年も過ぎたという事実に今さらながら驚いています。

思い返せば色々あった平成の記憶。
進学、就職、留学、結婚、出産、死別、そして離婚。

楽しい想い出も、悲しい想い出も、本当にたくさんあります。
こうやって考えると「平成=青春そのもの」って感じですよね。

まあ私だけじゃなく、同年代の皆様はだいたいそうだと思いますが、平成と共に成長してきたと言っていいでしょう。

それでまあ、ここで提案。

あなたが31年前の自分に手紙を書くならどんなことを書くでしょうか。
未来の自分への手紙はよくありますが逆バージョンで過去への手紙です。

私ならこんな感じ。
ネタバレ厳禁という制約つきです。

「平成やべえぞ。特に最後の一年な。けどお前は自分で思ってる以上にやれる。どん底から立ち上がって何度でも前を向ける。だから何があっても自信を持って人生を楽しんでくれ」

過去の自分という想定ですが、それは結局「今の自分へのメッセージ」でもあるので、皆様も機会があれば書いてみると面白いんじゃないかと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(4) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

電撃ビビビ

こんにちは、らくだです。

某ファッション雑誌に「春だから盛ろう!」と書いてあって、「えっ、春だから盛る(さかる)だって? ずいぶんと肉食系だなぁ」と思ったんですが、「オシャレを盛る(もる)」の意味だと自己解決した件。

慣れない雑誌は読むもんじゃねえな……。
自分の変態っぷりを再確認して真顔になったわ……。

それはさておき、春は出会いの季節ですから、ちょっとオシャレをして出掛けるのもいいですね。

なお出会いといえば、電撃文庫が新しい作品との出会いを促進するため、「電撃ビビビ・ツイートキャンペーン」という催しを開催中。

簡単に言うと好きな作品の感想をツイートする企画です。

【「電撃ビビビ」ツイートキャンペーン】
https://dengekibunko.jp/blog/fair/entry-22701.html

・募集内容 読んで「ビビビ!」と来た電撃文庫作品の感想
・開催期間 2019年4月15日(月)〜2019年5月31日(金)
・参加方法 ハッシュタグ「#電撃ビビビ」を付けてツイート
・抽選賞品 電撃文庫オリジナルクリアファイル(20名様)

あくまで読者向けの企画ですが、やはり電撃は最大手レーベルですし、推し作品がある皆様はツイートしてみてはいかがでしょうか。

以上、「電撃ビビビ」ツイートキャンペーンの紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

カクヨムの投稿数とPV数

こんにちは、らくだです。

前回さらりと紹介しましたが、カクヨムの投稿数/PV数のデータが大変興味深いので、今回はその件を掘り下げます。

画像はこのページから引用しました。

【カクヨムGW企画】
https://kakuyomu.jp/info/entry/kakuyomu_gw2019

青「異世界ファンタジー」
赤「現代ファンタジー」「ラブコメ」「恋愛」「SF」
緑「現代ドラマ」「ホラー」「ミステリー」「エッセイ・ノンフィクション」「歴史・時代・伝奇」「創作論・評論」「詩・童話・その他」

<作品投稿数>
20190426131032.jpg

<PV数>
20190426131034.jpg

作品投稿数だけを見ると、カクヨムはバランス型のサイトと言えますが、実際に読まれているのは圧倒的に異世界ファンタジーというこの事実。

もちろん私もファンタジーは好きですし、人気作品が多いからPV数も増えるのでしょうが、この企画をキッカケにその他のジャンルもさらに盛り上がって欲しいですね。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

チーム対抗PV争奪戦

こんにちは、らくだです。

カクヨムでGWイベント「チーム対抗PV争奪戦!〜所属ジャンルを盛り上げろ!〜」が開催される模様です。

詳細は下記参照。
投稿作品のジャンルを3つに分けてPV数を競う企画です。

【チーム対抗PV争奪戦】
https://kakuyomu.jp/info/entry/kakuyomu_gw2019

チーム分けは次の通り。
それぞれマスコットキャラの名前がついています。

・カタリチーム
「異世界ファンタジー」

・バーグチーム
「現代ファンタジー」「ラブコメ」「恋愛」「SF」

・トリチーム
「現代ドラマ」「ホラー」「ミステリー」「エッセイ・ノンフィクション」「歴史・時代・伝奇」「創作論・評論」「詩・童話・その他」

一見ジャンルの多いトリチームが有利に見えますが、実際は異世界ファンタジーが全体PVの66%を占めている(リンク先の円グラフ参照)ので、勝負としてはカタリチームが優勝の本命になりそうですね。

なお新規作だけでなく、既存作のタグ付け参加もOKなので、カクヨムに作品を掲載中の皆様は是非チェックしてみてください。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

『アニメ新世紀宣言』体験談コンテスト

こんにちは、らくだです。

本日『名探偵コナン〜ゼロの執行人〜』がTV放送されたわけですが、安室さんが格好いいと騒ぐTLを見て、前から好きな自分は「だろぉ?(ドヤ顔)」みたいな気分になりました。

ちなみに安室という名は、声優の古谷徹さんがガンダムのアムロ役なので、中の人つながりでつけたネーミングだそうですよ。

さてさて。
ガンダムといえばカクヨムで珍しいコンテストが発表されました。

【『アニメ新世紀宣言』体験談コンテスト】
https://kakuyomu.jp/contests/animec_2019/detail

募集内容
「劇場版・機動戦士ガンダム」公開直前の1981年2月22日に行なわれた伝説のイベント「アニメ新世紀宣言」の体験談

・規定字数 2,000文字以下
・受付期間 2019年4月26日(金)〜6月9日(日)
・受賞特典 2019年夏頃刊行予定の雑誌「Animec」に掲載

1981年に開催されたイベントの体験談なので、応募できる人はかなり限定されそうですが、該当する方がもしいらっしゃれば是非チェックを。

それにしても、初代ガンダムの主人公でありながら、今も第一線で人気キャラを演じている古谷さんは凄すぎると思います。

以上、『アニメ新世紀宣言』体験談コンテストの紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする