2019年04月10日

電撃大賞の締切

こんにちは、らくだです。
本日4月10日は電撃大賞の締切です。

投稿が無事に完了した皆様はお疲れ様でした。
まだ作業中の皆様も最後の最後まで踏ん張りましょう。

さてさて。
せっかくなのでここで過去の応募数を振り返ってみます。

<電撃の応募数>
・第16回(2009年) 4,602本
・第17回(2010年) 4,842本(↑)
・第18回(2011年) 5,293本(↑)
・第19回(2012年) 6,078本(↑)
・第20回(2013年) 6,554本(↑)
・第21回(2014年) 5,055本(↓)
・第22回(2015年) 4,580本(↓)
・第23回(2016年) 4,878本(↑)
・第24回(2017年) 5,088本(↑)
・第25回(2018年) 4,843本(↓)

記念開催だった第20回が最大のピークで、そこから下がったり上がったり、ここ数年はなかなか読めない推移です。

なお今年は減少するだろうと個人的に予想中。

ネット小説の台頭もあるし、電撃自身もカクヨムで新文芸のコンテストをやっていたので、そちらへシフトした層も一定数いるんじゃないかと思うんですよね。

もちろん投稿者としては応募が増えて盛り上がって欲しいですが、何はともあれ6月上旬の応募数発表を楽しみに待ちたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

桜を見て思うこと

こんにちは、らくだです。

週末にお花見へ行ってきました。
気温も暖かくとても気持ちのいい一日でした。

190409-01.jpg

四季のある国の必然かもしれませんが、こうやって桜を見ると、どうしても去年を思い出してしまいます。

去年の4月は最悪でした。
いや去年はずっと最悪でしたが中でも最底辺だったのは4月です。

息子を失ったのは1月なんですが、その直後は自分でも不思議なくらい、悲しいという感情が心に存在しませんでした。

それより怒りの方が遥かに大きかったというか。
こんな現実は認められないという拒絶反応だったのだと思います。

冬の間はそんな感じだったんですが、ようやく3か月たって身辺が落ち着いた頃、かつて経験したことのない悲しみが襲ってきて、それがちょうど桜の時期と重なっていたという。

でも、今年は去年とは違います。

あの悲しみが消えることはないけれど、今年の桜には最底辺から立ち直った記憶も付加されているわけで、それは私の中で大きな自信になっています。

結局それしかないですよね。
何をやってもあの悲しみが消えることはない。
それならそれに匹敵するくらい楽しい記憶を増やしたらいい。

何だかシリアス、そしてポエムチックになりましたが、たまにはこんな日もあるということで、花見で感じたあれこれを心のままに書いてみました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

カクヨム3周年記念選手権の結果

こんにちは、らくだです。

カクヨム3周年記念選手権ですが、本日全10回の発表が出揃ったので、応募数とお題をまとめてみました。

<各回の応募数とテーマ>
・第1回 593本『切り札はフクロウ』
・第2回 636本『2番目』
・第3回 592本『シチュエーションラブコメ』
・第4回 696本『紙とペンと○○』
・第5回 595本『ルール』
・第6回 578本『最後の3分間』
・第7回 613本『最高の目覚め』
・第8回 447本『3周年』
・第9回 428本『おめでとう』
・第10回 428本『カタリ』or『バーグさん』

安定して500作品を超えていたので、この調子で最後まで行くのかと思いきや、ラストの3回でやや失速する結果に。

各回の応募期間が実質2日でしたし、特に後半は年度末にも重なったので、10回連続投稿はやはり厳しかったのかもしれません。

とはいえ、そんな中でも400を超える応募が集まったわけですし、今回の3周年企画は大成功だったんじゃないでしょうか。

こうしてリアルタイムで盛り上がれる部分は、ネット小説ならではの魅力かなと思いますし、これからも楽しい企画を開催して欲しいですね。

以上、カクヨム3周年記念選手権の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

電撃の追い込み

こんにちは、らくだです。

全国各地で桜が見頃を迎えています。
そして乗り遅れましたが新元号も決まりました。

ここに散々書いている通り、私の平成は完全にブラックヒストリーですが、令和と共に心機一転して巻き返しをはかりたいです。

さてさて。
4月上旬といえば電撃の追い込みの時期。

ウェブ小説が台頭したものの、従来の公募型のコンテストで最大規模なのは電撃ですし、応募予定の方も多いと思います。

特に今日は締切前の最後の週末。
投稿しない自分が言うのも図々しいですが最後まで諦めずに頑張りましょう。

【電撃大賞・応募要項】
http://dengekitaisho.jp/novel_apply.html

今は昔と違ってウェブ応募できるので、4月10日の深夜ギリギリまで粘れますが、アカウントは余裕を見て事前に作っておきたいですね。

あとウェブ応募でやりがちなアップロード間違い。
電撃は追加アップロードを認めているようですが事故は避けたいところです。

【電撃大賞・よくある質問】
http://dengekitaisho.jp/novel_question.html

電撃の1次発表は投稿界最大の祭り。
今年は皆様を応援する立場で参加したいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

パブー版配信終了のお知らせ

こんにちは、らくだです。

久し振りにブログの閲覧数を確認したら先週のアクセスが普段より大幅に減っている件。

いったい何故だ!
やはり股間の第2ボタンの話が悪かったのか!

いやまあそれも悪いとして、更新が不安定なのが一因かと思われるので、出来る範囲で安定させられるように努めます。

閲覧数といえば、毎月200程度のPVがあったブログのパブー配信ですが、4月3日に運営会社からサービス終了の発表がありました。

一応リンク。
これに伴い当ブログのパブー配信も終了します。

【パブー閉店のお知らせ】
http://p.booklog.jp/book/385/read

電子書籍の配信といっても、ここに書いた内容を1か月遅れでまとめていただけなので、特に影響はないのですが。

それでも有り難いことに、毎月見てくださっていた方がチラホラいたみたいなので、念の為お知らせでした。

なんだかんだ続けてきたことなので寂しいですが、何事にも終わりは訪れるものですし、その分また新しい活動にチャレンジしたいですね。

以上、らくだ図書館パブー版配信終了の告知でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする