2019年05月26日

ユーザー収益化プログラムのFAQ

カクヨムで秋ごろ導入予定の「ユーザー収益化プログラム」に関するFAQが掲載されました。

以下リンク。
重要な内容なのでカクヨムユーザーの皆様は是非チェックを。

【ユーザー収益化プログラムについて】
https://kakuyomu.jp/info/entry/qa_mid-term_plan

(1)収益の受け取り方法は?
現金で還元する予定。

(2)広告掲載で作品が読みにくくならない?
広告の掲載位置は念入りに検討しローンチ後も継続的に見直す予定。

(3)広告掲載によって収益を得た場合、商用利用された作品として扱われ、新人賞に応募できなくなるのでは?
今回の取組は広告費という形ではなく、書き手の活動を「カクヨムへの貢献度」という形で、作者に還元するものを予定している。そのため作品の商用利用にはあたらないとカクヨムでは判断している。
(ただし賞によって基準が違うので詳細は各運営元に確認を)

(4)広告掲載の有無は作者が設定できるようにして欲しい
作者が任意に選べることを検討している。

(5)広告掲載・収益還元は二次創作の作品も含まれる?
初期段階では二次創作ページへの広告掲載は行わない予定。
その後はサイトの経過を見ながら関係者との調整も含めて検討していく。

投稿者にとって重要なのは(3)ですが、詳細は段階的に決定&発表されるようなので、今後経過を追っていきたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

ビーンズ読者審査員募集

こんにちは、らくだです。

ビーンズ大賞の読者審査員の募集が始まりました。
選出されると最終候補作を読んで読者賞の審査をすることができます。

詳細は以下。
活動期間は7月中旬〜8月となっています。

【読者審査員募集】
https://beans.kadokawa.co.jp/blog/award/18th-award/entry-1576.html

・募集期間 2019年5月24日(金)〜6月20日(木)
・結果連絡 選出者のみ2019年7月中旬に連絡
・活動期間 2019年7月中旬〜8月中旬

応募条件は次の3つ。
今までは郵送受け渡しでしたがメールに変わったみたいです。

・ビーンズ文庫が大好きな方
・守秘義務を守っていただける方
・メールでの原稿データの受け渡しが可能な方

私も前から興味はあるのですが、自分の年齢だと一般的なビーンズ読者とは言えないので、弾かれそうな気がしますよね。

一般的じゃないなら何やねんって話ですが。
あえて言うなら熟年ワナビ的ビーンズ読者って感じでしょうか。

以上、ビーンズ読者審査員募集の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

カクヨム甲子園2019先行情報

こんにちは、らくだです。

まだ5月なのに最近汗ばむような暑さですよね。
今の仕事はスーツ勤務なので今から夏が心配です。

ところで夏といえば甲子園。
甲子園といえばカクヨム甲子園2019が今年も開催決定しました。

詳細は6月上旬発表ですが、応募要項が先行公開されているので、リンクを貼っておきます。

【カクヨム甲子園2019】
https://kakuyomu.jp/special/entry/kakuyomukoshien

・参加資格 募集開始時点で高校生であること
・受付期間 2019年7月19日(金)〜9月16日(月)
・中間発表 2019年11月22日(金)
・最終発表 2019年12月27日(金)

今年はキリンレモン賞(賞品:キリンレモン240本)はあるんでしょうか。
年齢制限で参加できない私の関心事はただひたすらそれに尽きます。

だって240本だよ!
絶対インスタ映えするじゃん!
お前んちキリンレモンの倉庫かよみたいな!

なお上にも書いた通り、賞や賞品については6月上旬発表なので、キリンレモン賞が今年はどうなるか楽しみに待ちたいです。

以上、カクヨム甲子園2019先行情報の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

賞金獲得レースのインタビュー

こんにちは、らくだです。

前に紹介した公募ガイドの賞金獲得レースですが、参加芸人さんのインタビューが公開されました。

それぞれ意気込みや狙うジャンルについて語っています。
さすが芸人さんだけあって皆さんインタビューも面白いです。

【賞金獲得レース】
https://www.koubo.co.jp/race/#panel-3

早速すべて読んできました。
中でも印象的(?)だったのは、あこうテックさんのインタビュー。

狙っていく賞として、フランス書院文庫官能大賞の話が出てるんですが、既刊のエロ小説を読んでみたら「最初の2ページ目にやりだして最後のページまでずっとやってたんですよ」という。

いや丸1冊とか何時間のプレイだよ!
長けりゃいいってもんじゃねえからな!

と全力で突っ込みたいですが、じゃあお前書けんのと言われたら自分は書けないので、それだけで1冊仕上げるのもそれはそれですごい才能なのかもしれないと思いました。

話がだいぶそれましたが、読者枠10名も決定したようで、参加者の情報はただ今準備中となっているようです。

公募なら何でもOKの企画ですが、小説の投稿者さんがもしいたら、同志として応援したいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

魔法の制約

こんにちは、らくだです。
カクヨムプライベートコンテストVol.03の結果発表がありました。

今回の募集テーマは「魔法×ミステリ」で応募数は102本。

一見難しそうなお題でしたが、魅力あふれる力作が集まったようで、賞と賞品が追加されています。

【発表ページ】
https://kakuyomu.jp/info/entry/private_con003_result

入選者の皆様はおめでとうございます。
わざわざ賞品を追加するなんてカクヨムさん太っ腹。

ところで選評を読んだのですが。
今回の選考ポイントはずばり「魔法の制約」の扱いだったということです。

確かに制約って大事ですよね。
どのジャンルでも重要ですがミステリは特に。

たとえば密室殺人事件を書いておきながら、オチが「魔法で壁抜けして侵入しました!」だったら興醒めだし、そもそもミステリを書く意味がないというか。

まあ今の例はさすがに安直ですが、魔法で何でも出来ちゃったら逆に面白くないですし、設定にしっかり制約をつけた上でそれを上手く扱うことが鍵なのかなと思いました。

なおカクヨムプライベートコンテストは、今後も不定期で続くようなので、次はどんなお題か楽しみに待ちたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする