2019年06月15日

ビーンズの1次発表がありました

こんにちは、らくだです。

普段使わないスマホで自分の名前入力したら、常木が常喜に変換されて、ちょっと縁起が良さそうでほっこりしました。

常鬼じゃなくて本当によかった!(そこ)

さてさて。
前置きとは関係ありませんがビーンズの1次発表がありました。

以下リンク。
通過された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://beans.kadokawa.co.jp/award/18th-award/entry-1580.html

女性向けレーベルの1次発表というと、ノベルで23本通過した伝説の投稿者さんを思い出しますが、今回のビーンズは2本通過の方がいらっしゃるのみです。

もちろん2本通過だって充分に凄いんですが。
1本すら仕上げられない最近の自分は本当にそう思います。

いやこれは時間がないせいであって、小説投稿への愛は変わらないし、ずっと創作のことを考えてるぜ!(浮気が発覚した男性風)

なお現在ビーンズは読者審査員を募集中です。

締切は6月20日(木)なので、読者として選考に参加したい人は、この機会に応募してみてはいかがでしょうか。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

三浦先生への質問企画@

こんにちは、らくだです。
コバルトの連載企画「小説を書くためのプチアドバイス」が更新されました。

今回は三浦しをん先生が読者の質問に答えています。
濃い内容なので質問を送らなかった皆様も是非チェックを。

【第19回小説を書くためのプチアドバイス】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/column-miura-shiwon/003062/

今回の質問
・小説を書くための集中できる環境づくり(具体的にはデスクのつくりかた)について教えてください。
・自作のどこが悪いのかわからなくなるときがあり、でも周囲に小説を読んでくれる人があまりいなくて、誰にアドバイスをもらえばいいのか悩んでいます。
・小説を書くのに人生経験は必要だと思いますか?

どれも投稿者にとって身近な悩みですが、特に「自作のどこが悪いかわからなくて困っている」などは、誰もが直面する切実な問題ではないかと。

それに対する答えが熱い。
そして同時にものすごく長い。

短くまとめると「あまり他人の意見に振り回されない方がいい、作品にとって最善の道を判断するのは自分」という返答です。

詳しくは原文を読んで欲しいのですがこれは非常に印象的でした。
私のような素人ではなくベテラン作家さんの言葉だと思うと重みがあります。

なお質問への回答はあと2回続くようなので更新されたらまた紹介したいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 執筆の心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

オーバー30歳主人公コンテスト

ラノベの主人公ってなんで10代ばっかなの?
もっと大人が活躍する作品を読みたいんだけど?

なんて思っていたらカクヨムでオーバー30歳コンテストが開催されるとか。

ちなみに30歳以上というのは、書き手の年齢ではなく主人公の年齢で、書き手は何歳でも応募できます。

【オーバー30歳主人公コンテスト】
https://kakuyomu.jp/contests/over30_main_character/detail

・募集内容 主人公が30歳以上の小説(主人公の性別は不問)
・受付期間 2019年7月5日(金)〜9月2日(月)
・中間発表 2019年11月上旬頃
・結果発表 2019年11月末頃
・規定字数 10万字〜16万字(要完結)
・受賞特典 富士見L文庫もしくはKADOKAWAより書籍化

これ私もまさにそうなんですけど、ラノベ黄金期に読者だった人々が今は30代や40代になっているわけで、そういう層を狙った企画なのかなと。

10代と30代ってやっぱり色々と違いますよね。
特に仕事観や恋愛観は大きく変化するんじゃないでしょうか。

もちろん大人ならではの苦労もありますが、逆に10代の時にはなかった手応えや充実感もあるわけで、そういうところがリアルに表現されていると、今の自分はすごく自然に共感できそうな気がします。

以上、オーバー30歳主人公コンテストの紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

しまもよう

こんにちは、らくだです。

お馴染みのコバルト短編小説新人賞ですが、サイトの大幅リニューアルを記念して、第203回はお題に沿っての募集となります。

応募要項はこちら。
8月10日まで約2か月の募集です。

【コバルト短編小説新人賞】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/newface-award-apply/

・お題 「しまもよう」
・応募締切 2019年8月10日(土)
・規定枚数 400字詰原稿用紙25〜30枚
・投稿方法 郵送投稿またはウェブ投稿
・受賞賞金 入選20万円、佳作10万円

しまもよう。
あえての平仮名表記にこだわりを感じる。

しかし、コバルトの企画は毎回ほんと変化球だなーと。

お題が出題されると告知で聞いた時は、もっとこう「三角関係」とか「年の差ラブ」とかシチュエーションを指定するものだと思ったんですが、まさかの「しまもよう」ですからね。

そういうわけで一見難しそうですが、このテーマで何か思いついた皆様は、お題アリの記念回に応募してみてはいかがでしょうか。

以上、コバ短のお題に関する話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

カクヨムのブロック機能

こんにちは、らくだです。

カクヨムにブロック機能が追加されました。
設定すると特定ユーザーのフォローやコメントを拒絶できます。

【ブロック機能の追加】
https://kakuyomu.jp/info/entry/2019/06/10/161208

ネットのやり取りって楽しいと同時に難しく、私もこれまでたくさん失敗をしてきました。

例えば作品に酷評がついた場合。
明らかな誹謗中傷なら無視すればいいでしょう。

ただ相手側に悪意はなく、こちらが誹謗中傷だと感じても、本人はアドバイスのつもりで発言している場合もあるわけで。

この見極めが難しいんですよね。
顔の見えない相手と文字だけで意思疎通しているわけですし。

とにかく何にせよ、創作を通した交流って本来は楽しいはずなのに、それが原因で精神衛生に支障をきたすなんて残念ですし、そんな場合はブロック機能を活用するのも1つの手なんじゃないかと思います。

そうは言っても、多用したくはない機能ですし、まずは敬意と思いやりを持って相手に接することが何より重要。

自分も出来ていないんですが、だからこそ反省の意味も込めて、強くそのように感じました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする