2019年06月10日

第26回電撃の応募数

こんにちは、らくだです。
今日は6月10日ということで電撃の応募数が発表されました。

<電撃小説大賞の応募数>
・第16回(2009年) 4,602本
・第17回(2010年) 4,842本(↑)
・第18回(2011年) 5,293本(↑)
・第19回(2012年) 6,078本(↑)
・第20回(2013年) 6,554本(↑)
・第21回(2014年) 5,055本(↓)
・第22回(2015年) 4,580本(↓)
・第23回(2016年) 4,878本(↑)
・第24回(2017年) 5,088本(↑)
・第25回(2018年) 4,843本(↓)
・第26回(2019年) 4,607本(↓)<NEW>

今年は微減するっていうワイの予想的中やで!!!

ああ別に減って喜んでるわけじゃないですよ。
電撃の評価シートに個人的な恨みなんてないですしおすし。

むしろ応募者が増えてくれたら、そのぶん落選者も増えるわけで、闇落ちするワナビ仲間が増えて嬉しい的な?

いやすみません。
落ちる前提はやめましょう。

とにかく今回は微減という結果でしたが、それでも最大規模(ネットコンテスト以外で)なのは変わらないですし、投稿された皆様の通過を願っております。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

実写映画アラジン

こんにちは、らくだです。
今日は7日公開の映画「アラジン」を観に行ってきました。

結論から言うぜ。
凄いクオリティだった。
みんなも絶対に観てくれマジで。

いやもう興奮して10年振りに映画パンフ買ったと言えば私の本気が伝わるんじゃないかと。

190609-01.jpg

もともとディズニー映画のアラジンは92年に公開されました。
私も当時から大好きでDVDはセリフを覚えるくらい何度も観ました。

それが27年たった今、近年の実写化ブームに乗って公開されたわけですが、アラジン大好きな私も最初はぶっちゃけ斜に構えてたんですよ。

実写化ってジーニーどうすんの?
あんな漫画チックなキャラ表現できんの?

でも実際に観たらジーニーが本当にジーニーで、アニメそのままのノリと勢いで魔法バンバン使いまくって、でも同時に「こんな人いそうだな〜」っていう謎のリアリティも持ってるという。

本当にすみませんでした。
ディズニーの本気なめてました。

なおアラジンは名作中の名作なので、今さら私が言うまでもないと思いますが、ストーリーが本当に素敵ですよね。

願いを叶えるランプの魔人。
空を飛べる魔法のじゅうたん。
お姫様との身分違いのロマンス。

この3行だけでも胸がときめくじゃないですか!
しかもさり気なく主人公の成り上がり要素もあるし!

というわけで。
普段ディズニー観ない人もこのアラジンだけは観て欲しい。

私も観た後すごく執筆意欲を刺激されたので、なかなか長編を書く余裕はないですが、久し振りに創作の案を練りたいと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(2) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

カクヨムRTキャンペーン

こんにちは、らくだです。

前回カクヨム甲子園の紹介をしましたが、書き手以外のユーザーも参加できる、ツイッターキャンペーンが開催中です。

詳細はこちら。
抽選で20名に図書カードが当たるようです。

【RTして図書カードをもらおうキャンペーン】
https://kakuyomu.jp/special/entry/kakuyomukoshien#campain

・開催期間 2019年6月7日(金)〜7月19日(金)
・当選賞品 図書カードNEXT 500円分(抽選で20名)
・応募方法 カクヨム公式アカウントをフォローした上でカクヨム甲子園の紹介ツイートをRTする

なお上のページの情報によると、今後も各種キャンペーン(連動イベント、選手宣誓、応募者応援企画等)を予定している様子なので、詳細情報の発表が楽しみです。

それからもう1つ。
前回紹介した姉妹コンテストの読者審査員の募集要項がアップされました。

こちらは中高生限定なので、応募可能なユーザーが限られますが、ご興味のある方はチェックを。

【読者審査員 募集要項】
https://form.enq.kadokawa.co.jp/cre/?enq=WA5cI9DpKV8%3d

以上、カクヨムRTキャンペーンと読者審査員に関する情報でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

姉妹コンテスト

こんにちは、らくだです。

カクヨム甲子園が開催されても!
年齢制限を超えちゃって参加できない!

なんてユーザーを意識してか、今年はカクヨム甲子園本体とは別に、誰でも参加可能な姉妹コンテストが開催されるようです。

【大人も子供も参加できる! カクヨム甲子園《テーマ別》】
https://kakuyomu.jp/contests/kakuyomukoshien2019_theme/detail

・開催期間 2019年7月19日(金)〜9月16日(月)
・規定字数 3,000文字〜15,000文字(要完結)
・結果発表 2020年2月頃予定
・受賞特典 賞金3万円(大賞1名)&アンソロジーに掲載

完結短編作品の募集でテーマは以下4つです。
書き手の年齢は不問ですが読者は中高生を想定とのこと。
なお応募できるのは1テーマにつき1作品のみなので気を付けましょう。

・「扉の向こうは不思議な世界」
・「恐怖はSNSからはじまった」
・「キミは絶対に騙される」
・「きのう、失恋した」

読者として楽しむのもいいですが、やはりコンテストは自ら応募した方が何倍も面白いので、高校生以外のユーザーも参加できるのはいいことだと思います。

以上、カクヨム甲子園2019姉妹コンテストの紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

カクヨム甲子園2019の応募要項

こんにちは、らくだです。
カクヨム甲子園2019の公式ページがオープンしました。

応募要項は以下。
今年もロング部門とショート部門が実施されます。

【カクヨム甲子園・ロングストーリー部門】
https://kakuyomu.jp/contests/kakuyomukoshien2019_long/detail

【カクヨム甲子園・ショートストーリー部門】
https://kakuyomu.jp/contests/kakuyomukoshien2019_short/detail

今年はキリンレモン賞はありませんが、その代わり、キンコーズ・ツクル賞が登場しました。

キンコーズは印刷会社です。
受賞した場合その作品を製本して20冊分もらえる模様。

【キンコーズ・ツクル賞について】
https://kakuyomu.jp/info/entry/koshien2019_tukuru

友達に配るも良し、献本するのも良し。
自分の作品を20冊もらったら色々な使い方がありそうですね。

なおキンコーズ・ツクル賞を狙う場合、カクヨム甲子園にエントリーした上で作品へのタグ付けが別途必要となっており、自動参加にはならないので注意しましょう。

以上、カクヨム甲子園2019の紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする