2019年07月16日

ビーズログ小説大賞の1次発表

こんにちは、らくだです。
ビーズログ小説大賞の1次発表がありました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://bslogbunko.com/special-contents/bslog_award2/

・応募総数 558本
・1次通過 67本
・通過率 約12%

並びはタイトル五十音順になっているようです。
探しやすいけど落選もすぐにわかっちゃうアレですね。

なお67本の内訳は、
・ファンタジー部門 50本(約75%)
・現代部門 17本(約25%)

ただしこれは、現代部門が差別されているわけではなく、元々の応募数が少ないのが原因だと思われます。

ちなみに今回のビーズログ、自分も送る予定だったんですが、諸々の都合で断念したのはすでに書いた通り。

諸々の都合ってまあ離婚問題ですけどね。
あれさえなければ通過してるはずだったのに絶許。

それはさておき、すでに旦那と別れた以上、来年は離婚問題も発生しないので、次回は送って通過できるよう頑張ります!(フラグ)
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

ネパール料理「モモ」

今日はアルプラザ茨木のインド料理店『タージマハル・エベレスト』でインドカレーを食べてきました。

注文したのはチーズナンランチ。
チキンカレーと本日のスープ、サラダ、チャイがセットでついてきます。

190715-01.jpg

オススメは何といっても主役のチーズナン。
さすがお店の看板メニューだけあって絶品です。

味の雰囲気はピザにもちょっと似てますが、ピザと違ってほんのり甘く、また口当たりは柔らかく、主食はもちろんオヤツにも良さそうでした。

さらに今回は一品メニューにも挑戦。
毎回カレーを紹介するだけでは芸がないですからね。

190715-02.jpg

こちらは「モモ」。
チベット発祥のネパール料理の1つです。

この「モモ」見た目は完全に小籠包そのものですが、ネパール料理なので、豚肉ではなく羊肉が使われているのが大きな特徴。

この羊肉に甘辛いタレがマッチして、白ご飯がどんどん進む美味しさでした。

インド・ネパール料理の主役はカレーですが、一品料理にも隠れた名品がたくさんあるので、これからも色々チャレンジしていきたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

超拡大文芸部の締切延長

こんにちは、らくだです。

梅雨明け宣言はまだですが、窓を開けるとセミの大合唱が聞こえてきて、我が家周辺はすでに夏まっさかりという感じです。

さてさて。
夏といえば甲子園。

甲子園といえばカクヨムのイベント「超拡大文芸部」が締切を10日ほど延長した模様です。

【応募締切延長】
https://kakuyomu.jp/info/entry/koshien2019_campaign02re

この企画は高校の文芸部対象ですが、
・文芸部じゃないけど参加できますか?
・プログラムについていけるか不安
・引率の先生が見つからない

等の問い合わせを受けて応募条件を緩和したようです。

具体的には文芸好きが2人以上いればオッケー。
プログラムは作文が苦手な人でも楽しめる内容。

さらには個別の問い合わせにも対応しているので、条件が合わずに参加を諦めていた人は、一度運営に相談してみてくださいということです。

というわけで。
該当する方がいらっしゃれば是非チェックしてみてください。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

「憧れを形に」

こんにちは、らくだです。
今回は公募ガイドの「気ままに公募ママ」について紹介します。

この企画は塩田友美子さんが公募について語るエッセイで、月に1〜2回の頻度で更新されますが、同じ公募好き人間として色々共感できる部分が大きいです。

【気ままに公募ママ】
https://www.koubo.co.jp/reading/rensai/article/koubomama/190712_01.html

今回のテーマは「憧れを形に」。
話の例として3,200円のかき氷が紹介されています。

3,200円ってどう考えても高いですよね。
少なくとも気軽に注文できる値段ではありません。

ただ気軽に注文できないのは事実でも、それをどんな風に受け取るかによって、その後の自分が変わってくるんじゃないかという。

こんなの無理に決まってると否定的に見るのか。
私もいつかこういう生活がしたいな〜と肯定的に見るのか。

前者と後者では、後者の方が目標に近付けるだろうし、なにより肯定感を持って生きた方が自分自身も楽しいですよね。

例はかき氷ですがこのエッセイでは公募も一緒だと書かれています。
今は遠い夢でも自分と切り離さずに辿り着けると信じることが大切なのだと。

というわけで、公募勢にとって励まされる内容が書いてあるので、皆様も機会があれば是非チェックしてみてください。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月12日

税理士試験

こんにちは、らくだです。
今回は投稿のネタがないので税理士試験についてご紹介。

まず実施日は毎年8月の年1回。
試験科目は全部で11科目あります。

次のうち5科目に合格する必要がありますが、3枠は必須で埋まっているので、自由に選択できるのは実質的に2科目です。

【必須科目】簿記論、財務諸表論
【どちらか必須】法人税、所得税
【選択科目】相続税、消費税、固定資産税、事業税、住民税、酒税、国税徴収法

1年で5科目合格できるような難易度ではないので、通常は1年に1科目〜3科目受けて、複数年にわたって勉強を続けるのが一般的です。

なお合格した科目は生涯有効。
有効期限はないので何年かかっても5科目揃えればオッケー。

あと合格率はどの科目も10%前後です。
電撃の1次通過と同じくらいの割合ですね。

というか、1次通過が難関国家試験と同じ合格率って、小説投稿の世界はマジで狂気じみてると思うんですよ(真顔)

ちなみに私は簿記論と財務諸表論を学習中です。
仕事後の塾通いは大変ですが自分のためなので頑張ります。

というわけで、特に大きな意味はないですが、こういう勉強やってまーすという紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする