2019年12月31日

大晦日です

皆様こんにちは。
大晦日いかがお過ごしでしょうか。

一年をカーレースに例えるなら、人生のターニングポイントをドリフト走行したけど曲がり切れずに大怪我を負ったのが、2018年の私だったと思います。

まあ息子を失って旦那が夜逃げしましたからね……。
この事態にすんなり対応できたらそっちの方が異常だわ……。

それに比べると2019年の道はまっすぐでした。
見通しの良い太い道をひたすらぶっ飛ばしてきた感じ。

おかげで随分遠くまで移動できたし、それはそれで大変満足していますが、欲を言うと2020年はもう少しメリハリをつけたい所存。

スピードを出す時は出して、緩める時はちゃんと緩めて。
爆走するだけじゃなく周囲の景色を楽しめる余裕を持ちたいです。

あと今日で今年が終わりなので1年間の収支を総ざらいしてみました。
そして手持ちの現金と照合したところ惜しくも5円だけズレていました。

あっこれは……。
5円が足りない……つまり……。

ご縁がない!?

こんなネタが1年の締めくくりなんて残念ですが、確かに恋愛的にも投稿的にもご縁はゼロだったので、うまい具合にオチがついたんじゃないでしょうか。

とにかく今年もありがとうございました。
皆様どうぞ良い新年をお迎えくださいませ。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

第1回ショートストーリーコンテスト

こんにちは、らくだです。
LINEノベルが「第1回ショートストーリーコンテスト」を開催中です。

以下リンク。
受付期間は約1か月でやや短めの設定です。

【応募要項】
https://novel.line.me/contests/3

・開催期間 2019年12月24日(火)〜2020年1月23日(木)
・結果発表 2020年2月末予定
・規定字数 2万字以内(1話あたり1,500〜3,500字推奨)
・受賞特典 賞金10万円

<テーマ>
「恋愛」×「秘密」

<ジャンル設定>
ライトノベルの場合は「ラブコメ・学園」「青春・恋愛」
ライト文芸・文芸の場合は「恋愛(ラブコメディ)」「恋愛(純愛)」

ラブコメと純愛の違いって何ですか?
本気度が高かったら純愛なんですか?

いやでも純愛というのは相手をめちゃくちゃにしてやりたくなる気持ちだろうなとB'zが歌ってるじゃないですか!(謎の逆ギレ)

それはともかく、字数短めの恋愛コンテストということで、条件の合う方はチェックしてみてはいかがでしょうか。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 一般エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

カクヨム甲子園2019の結果発表

こんにちは、らくだです。
カクヨム甲子園2019の結果発表がありました。

最終的な応募数は1,232本だった模様。
選出された皆様はおめでとうございます。

【ロングストーリー部門】
https://kakuyomu.jp/contests/kakuyomukoshien2019_long

【ショートストーリー部門】
https://kakuyomu.jp/contests/kakuyomukoshien2019_short

くっ……!
どの作品もなんてフレッシュなんだ……!

このフレッシュさの正体を言葉にするのは難しいですが、作品から「書きたい」「伝えたい」という意欲が伝わってきて、それが疲れた投稿者の私にはとても眩しく感じられました。

自分も最初はそうだったはずなんですが。
書きたいし伝えたいから小説投稿を始めたわけで。

それが経験を重ねるうちに、「通過したい」「落選したくない」「こっちの方がウケそう」という雑念に塗り替えられて、本来あったはずの「伝えたい」という衝動をいつの間にか失ってしまったように思います。

そういうのって読者にわかりますからね。
気持ちがこもっていなければ一発でバレるというか。

とにかく作者がそんな状態では、いくら書いても意味がないので、まずは初期のフレッシュな感情を取り戻すことが必要だと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

ビーンズの締切変更

こんにちは、らくだです。

第19回ビーンズ小説大賞ですが、魔法のiらんど経由の応募に限り、締切が3月30日(月)から15日(日)に変更されました。

詳細は公式サイトの告知をご覧ください。
半月前倒しになっているので要注意です。

【締切日変更のお知らせ】
https://beans.kadokawa.co.jp/blog/award/19th-award/entry-1721.html

なおビーンズの応募方法は4通り。
魔法のiらんど以外は予定通り3月30日が締切です。

【応募要項】
https://beans.kadokawa.co.jp/award/19th-award/entry-1564.html

1.郵送
2.ウェブ
3.カクヨム
4.魔法のiらんど

こういう時、早めに印刷した応募要項を見てると、サイトが上書きされたことに気付かなくて、旧規定のまま応募しちゃうんですよね……(経験者)

まあ今回は知らずに15日を過ぎてしまっても、他の応募方法が利用できるので、締切変更による影響は少ないかと思われます。

とにかくこういう事態も起こるので、自分が応募する予定の賞については、サイトを定期的にチェックするのが良いと思いました(自戒)
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

ずらして書く

こんにちは、らくだです。
コバルトの連載企画「小説を書くためのプチアドバイス」が更新されました。

今回のテーマは、
『第22回 発想力がものを言う!「お題」に基づく作品づくりとは?』

以下リンク。
前回の短編賞の講評を掘り下げた内容です。

【「お題」に基づく作品づくりとは?】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/column-miura-shiwon/003445/

お題が提示された場合、あまり真正面から受け止めすぎず、自分なりに「ちょっとずらして発想する」ことが重要だと書いてあります。

でないと他人と被る可能性が高いですからね。
それにお題に縛られすぎるのは書いていて窮屈ですし。

ちなみに三浦先生はこんな表現をしています。
「小説は一人でコツコツ取り組むものだからこそ、自分を際限なく追いこみすぎて、「もうダメだ、書けない」と危険領域に突入してしまうことも起こりやすいです」

わかる……。
自分も真面目に書いてた頃はそうだった……。

いやまあ今も真面目っちゃ真面目ですけど、あの頃の自分は何故あれほど切羽詰まっていたんだろうと、今となってはちょっと不思議な気分です。

真面目なのは基本的にいいことですが、あまり自分を追い詰めすぎないよう、気持ちに適度な余裕を持ちたいですね。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 執筆の心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする