2019年12月11日

無難なヒロイン

こんにちは、らくだです。
なろうで開催された「第3回フェアリーキス大賞」の発表がありました。

【発表ページ】
http://www.j-publishing.co.jp/fairykissaward3_result/

・応募総数 513本
・受賞作品 4本
・受賞率 約0.8%

最近の流行は「悪役令嬢もの・ざまぁもの・婚約破棄」ですが、講評を読む限り、今回のコンテストもそういった応募作品が多かったそうです。

ただし人気の設定に頼りすぎた結果、キャラクターの魅力が表現しきれていない作品も多かったとか。

具体的な失敗例は、
・目立った個性や自主性のないヒロイン
・かっこいいだけのヒーロー
・何となく出てきている脇役たち

1番は自分もすっごくやりがちですね(汗)

あまり個性的だと感情移入しにくいだろうと思って、ヒロインの性格を無難で平凡な感じに設定したら、「彼女が何をしたいのかわからず応援できない」という評価を受けたことがあります。

それから注意はしているのですが、気を抜くとつい無難な方向に行ってしまうので、改めて気を付けようと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

今年の新語ベスト10

こんにちは、らくだです。
以前紹介した三省堂の「今年の新語2019」の結果発表がありました。

発表ページは以下。
1位から10位まで様々な言葉がラインナップされています。

【今年の新語2019】
https://dictionary.sanseido-publ.co.jp/shingo/2019/best10/

@〜ペイ、Aにわか、Bあおり運転、C反社、Dサブスク、E電凸、Fカスハラ、G垂直避難、H置き配、IASMR

今年は負の側面を示す言葉が多数ランクインしました。
選評を読んでも「負の感情が蔓延する時代なのか」と書いてあります。

確かに「あおり運転」「電凸」「カスハラ」は明らかに攻撃的な行為ですよね。

経理で苦労中の身からすると「〜ペイ」にもかなりの悪意を感じますが。
軽減税率とキャッシュレス還元は絶対に許さない何故そんな制度を作った。

という愚痴はさておき。
負の言葉が多数ランクインしたのは残念なことです。

ただマイナスの新語が続々と誕生するのは、負の感情を吐き出したいのにそれに対応する単語がないからで、言葉の側が追いついてないからという考え方もできるんじゃないかと。

もちろんそんな言葉は極力使いたくないですけどね。
選評の最後にもありますが令和は協調の行き渡る時代になって欲しいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

投稿者1人1人

こんにちは、らくだです。
昨日に続き今日もコバルト短編の話題です。

【第203回発表ページ】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/newface-award/no203/

個別選評を読んでいたらこんな言及があったのですが……。

『作者はノベル大賞にも投稿されていた方なのですが、そのときの作品は、妙に深刻になって分かりにくいところがありました。今回の作品は、いい感じに肩の力が抜けていると思います』

これを見て自分は少しビックリしました。
作者の名前だけでなく作品の内容まできっちり覚えているんだなと。

これは投稿する側にとって嬉しいですよね。
大勢の中の一人じゃなくてちゃんと個人として認識されているわけですし。

そもそも従来の公募の場合、評価シートのない賞で落選すると、得られるリアクションが1つもないじゃないですか。

そこに相互のキャッチボールはなく、それどころか壁打ちにすらなっておらず、投げたボールがひたすら闇に消えていくという空虚感。

長く落選を続けていると、そういう感覚が募っていくので、投稿者1人1人を見るコバルトの姿勢は好感度が高いなと思いました。

まあ辛口ですけどねコバルトさん。
それも投稿者に対する愛のムチということでしょう。

以上、コバルト短編の選評に関する話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

しまもようの扱い

こんにちは、らくだです。
第203回コバルト短編小説新人賞の結果発表がありました。

以下リンク。
入選者様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/newface-award/no203/

なお今回は、いつもの個別選評とは別に、全体講評「お題つき小説を書くときに心に留めてほしいこと」がアップされています。

【全体講評】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/newface-award/no203/003378/

今回は「しまもよう」というお題でしたが、縞模様⇒ボーダー服という作品が多かったので、もっと自由な発想でテーマを扱って欲しいと書かれています。

なお白状すると、私はこのテーマを見た時「しまパンのパンチラ作品ばっか集まるんじゃねーの?」と思いましたが、さすがにコバルトなのでその心配は杞憂に終わったようで安心しました。

いや待って違いますから!
私は別にしまパン好きじゃないですよ!
ずっと少年向けラノベ書いてるとそんな発想になるってだけで!

とはいえ周囲の投稿者さんを見ても、別にそんな発想になってはいないので、悪いのは少年系ラノベではなく私自身。

ちなみにテーマの扱い方については、三浦先生が次回のプチアドバイスで説明するそうなので、更新されたら紹介したいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

11月のスコア

こんにちは、らくだです。

何度も話題にしているカクヨムロイヤルティプログラム。
11月の集計が終わって参加者はアドスコアが確認できるようになりました。

詳しいお知らせはこちら。
自分のスコアはワークスペース画面でチェックできます。

【2019年11月分のアドスコアを確定してワークスペースに表示しました】

日々の推移が棒グラフで表示されるのはいいですね。
増減が視覚的に伝わってくることでモチベーションがアップするというか。

ちなみに11月は皆様スコアが増えているはずです。
10月は集計期間が数日で1か月フルの数字ではなかったためです。

自分も先月より増えていましたが、それでも計算したら収益は約12円だったので、1年間で最低振込金額の3,000円を稼ぐのは難しそうな感じ。

なお来月以降は、獲得済みのリワードが直接表示されるようなので、わざわざ計算しなくても自分が稼いだ金額を直に把握できるみたいです。

というわけで。
まだ未登録の方はこの機会にプログラムへ参加してみてはいかがでしょうか。

収益第一というのも考え物ですが、目標があるとやる気が出るのも事実ですし、読者に楽しんでもらって収入も得られたらウィンウィンですよね。

以上、カクヨムロイヤルティプログラム11月のスコア確定の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする