2020年05月31日

ビーンズの読者審査員募集

こんにちは、らくだです。

第19回ビーンズ小説大賞の読者審査員の募集が始まりました。
毎年この時期が来ると夏が近付いているような感じがします。

【読者審査員募集】
https://beans.kadokawa.co.jp/blog/award/19th-award/entry-1795.html

・募集内容 最終候補作を読んで一番面白かった作品を選ぶ読者審査員
・応募期間 2020年6月1日(月)〜6月24日(水)
・選考期間 2020年7月中旬〜8月中旬
・連絡方法 選出された場合のみ7月中旬までに編集部より連絡

応募条件は以下の通り。
原稿の受け渡し方法は郵送からメールになった模様です。

・ビーンズ文庫が大好きな方
・守秘義務を守っていただける方
・メールでの原稿データの受け渡しが可能な方

さらに応募フォームには以下の質問があります。
この質問でどの程度ビーンズファンなのか推し量る感じですね。

・これまでに読んだビーンズ文庫作品
・好きなビーンズ文庫作品
・その作品についての感想
・ビーンズ文庫以外の好きな本(コミックス含む)

ビーンズに投稿中の方は無理ですが、読者として賞を応援したいという方は、詳細をチェックしてみてはいかがでしょうか。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

ストロベリーボンボン

こんにちは、らくだです。

大阪府では飲食店の自粛要請が解除されました。
というわけでイチゴマニアの先輩と会社帰りに寄り道です。

今回は小さなカフェで「ストロベリーボンボン」をいただきました。
スイーツとアルコールを同時に摂取できるなんて夢のような食べ物です。

200530-01.jpg

上はイチゴパフェの感覚で食べられます。
下はお酒ですが生クリームと溶け合ってまろやかな口触り。

これは思わずテンションがアップしちゃいます。
少し寄り道するつもりが1時間も話し込んでしまいました。

なお空気を読まずに邪道な話をすると、こういうスイーツ系の甘いお酒は、好きな女子を酔い潰すのに使えるなと。

というのも、生クリームでアルコールの匂いが消える上に、ストローで飲むから意外と身体に回るのが早いっていう。

まあこれだけで泥酔はしないでしょうし、私は女子なので好きな女子を酔い潰す魂胆もないですが、創作のネタ的にちょっと使えるかな? と思いました。

話は戻りますが、こうやって誰かと同じ空気を共有して話すのは、オンライン飲み会ではできないことですよね。

もちろんオンラインにはオンラインの良さがありますが、それだけでは伝わりにくいこともありますし、どっちも可能な世の中がいいなぁと改めて思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

壁ドンについて考える

こんにちは、らくだです。

緊急事態宣言の解除に伴い多くの地域で学校が再開されました。
ただしソーシャルディスタンスの充分な確保は依然として必要です。

ということは、不要不急の壁ドンはまだNGですね……!

ところで壁ドンの魅力とは何なのでしょうか。
少女漫画ではもはや様式美ですがそれは一体なぜでしょう。

自分が思うに、壁ドンの胸キュンポイントは、「好きな男子が思わずちょっとワイルドな行動に出てしまうくらい私のことを強く求めている」という部分じゃないかと。

その証拠にカツアゲ目的で壁ドンされても胸キュンしないですし。
大前提として相手の好意が伴っているのは非常に大事なポイントです。

とはいえ、強引なら強引なほどいいかと言うと、女性向けの場合は必ずしもそうじゃないのが難しいところ。

たとえば床ドンとかになっちゃうと受け付けられない読者もいますからね。
もちろん好きな読者は好きでしょうけど壁ドンほど万人受けはしないような。

いずれにせよ、女性読者は相手に好意を示して欲しいわけで、それがいい感じに形式化したのが壁ドンじゃないかと個人的には思っています。

というわけで、ここまで壁ドンについて語りましたが、ふと思い出せば自分の作品では一度も書いたことがなかったという……。

せっかくなので次の作品では是非書きたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

ノベル大賞の2次通過発表

こんにちは、らくだです。
ノベル大賞の2次発表がありました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://orangebunko.shueisha.co.jp/novel-award/result

2次で気になったタイトルは、
『期末テストで一番になれなかったら死ぬ』

作品の内容はわかりませんが、こういう呪い(?)にかかっていたら、文字通り死ぬ気で勉強を頑張りますよね。

というのも……。
自分は8月に税理士試験を受ける予定なんですが……。

これからが追い込みの一番大事な時期だというのに、勉強が全然進まず、「もう来年で良くね?」という気持ちが湧いています。

こういう気持ちって投稿でも起こりませんか?
〇〇賞に間に合わなくても翌月の××賞に出せばいいじゃん的な。

自分は基本ぐうたらで、つい楽な方向へ流されがちなので、落ちたら死ぬくらいの覚悟を持ちたいところです。

もちろん実際は死なないですし、思い詰めすぎるのも良くないですが、勉強も投稿もそれくらい本気で取り組むことが自分に足りない部分かなと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

6月キスミルコンテスト

こんにちは、らくだです。

前回から毎月開催となったキスミルコンテスト。
6月1日〜30日の募集テーマが一足先に公開されました。

【6月キスミルコンテスト】
https://products.voltage.co.jp/apps/kissmille/contest_2006/

今月のテーマは「涙に濡れた恋」ですが、公募ガイドの紹介文(誤字?)には、何故か「雨に濡れた恋」と書いてあります。

なんかこう……。
雨に濡れた恋って禁断の香りがしますよね……。

「急な雨で濡れちゃったね、ウチ寄ってく?」みたいな。
「風邪ひいちゃうから、シャワー浴びたら?」みたいな。

これなら彼の部屋でシャワーを浴びるとか、着替えがないからワイシャツを借りるとか、そういうシチュエーションを自然な流れで書ける気が。

雨が2人を閉じ込める、6月だけの秘密の恋。

まあ実際は雨ではなく、涙に濡れた恋がテーマですが、想像が膨らんだので公募ガイドの誤字(←たぶん)ありがとう。

という風に、キーワードがあると着想が得やすいので、どんなテーマが登場するのか今後もチェックしていきたいと思います。

以上、6月キスミルコンテストの紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする