2020年05月26日

緊急事態宣言の解除

こんにちは、らくだです。

緊急事態宣言の全面解除が決定しました。
私の会社も出勤制限が撤廃され今週から毎日出社しています。

そんなわけで戻ってきた久し振りの日常生活。

具体的には、朝は満員電車に揺られながら通勤し、昼休みはオフィス街のレストランで行列し、帰りはカフェやショップに寄り道するという生活です。

今まではそれが普通だったのに、自宅から一歩も出ない生活を続けていたので、その「普通」がめちゃめちゃ新鮮に感じられる今日この頃。

楽しいけど疲れる。
疲れるけど楽しい。

とにかく自分の今までの生活はこんなに刺激的だったのかと痛感しました。
かわり映えのない退屈な日常だと思っていたのは大間違いだった模様です。

ただ1つ憂鬱なのは、8月の税理士試験が普通に開催されそうな点ですね……。

先月まではワンチャン延期あると思ってたんですが、まあ延期に賭けるような精神状態ではそもそも合格できないでしょうし、残り時間は少ないですが出来ることを頑張ります。

もちろん執筆も。
速度は遅いですが一歩一歩焦らずに。

目標が遠すぎてくじけそうな時もありますが、長編には持久力も必要ですし、着実に丁寧にコツコツ進めていきたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

おねだりアンケートの結果発表

こんにちは、らくだです。

カクヨムが4周年企画で「おねだりアンケート」を実施していました。
ユーザーからの要望を集めてそのうち1つを実現するという企画でした。

【カクヨム4周年おねだりアンケート結果発表】
https://kakuyomu.jp/info/entry/2020_onedari_enq_result

選ばれた要望
「投稿作品のまとめ機能」

というわけで、まとめ機能が実装されるようですが、上記ページを読むと他にも様々な候補があったようです。

特に自分が一番共感したのはこれ。
「カクヨムリワードの失効期限と最低換金金額を見直して欲しい」

これは多くの人が願ってるはず……。
ライトユーザーは3,000に届かないうちに失効しちゃいますから……。

まあ振込申請が爆発的に増えても困るでしょうし、運営側の事務処理の負担など検討した結果の設定だと思いますが、将来的に下限額が見直されたら嬉しいなと思います。

話は戻ってまとめ機能ですが、複数投稿している人ほど必要な機能なので、実装されたら書き手の満足度も上がるんじゃないでしょうか。

個人的には、カクヨムの執筆画面は他サイトより書きやすいと思いますが、今後もユーザーの要望を取り入れてさらに便利なサイトになって欲しいですね。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

価値観の違い

こんにちは、らくだです。

公募ファンクラブの投稿コーナー「千人爆笑!大喜利」の新しいテーマが公開されています。

【公募ファンクラブ(真ん中あたり)】
https://www.koubo.co.jp/reading/rensai/oubo/fanclub/fanclub.html

<第6回課題>
『海の見えるカフェ、2人の男女が別れ話をしている。彼女は彼に「価値観の違い」と言う。いったい、何があった?』

自分が一番に思ったのは浮気が許せるかどうか。
まったく大喜利じゃないですけど、それで別れる人って多いですよね。

あとは何だろう?
きのこたけのこ論争とか?

でも真面目な話、違う環境で育った別々の人間である以上、いかに恋人といえど価値観が違うのは当たり前で、だからこそ互いに歩み寄ることが重要なわけで。

その原動力が愛情だと思うのです。
愛とはつまり相手を理解して受け入れようとする気持ちではないかと。

ま、実際は、口で簡単に言えるほど単純じゃないんですが……(遠い目)

というわけで、まったく大喜利じゃなくなりましたが、自分も失敗して痛い思いをした身なので、価値観の違いを認められる心の広い人間になりたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

ワナ活

こんにちは、らくだです。

小学館が「大辞泉が選ぶ新語大賞2020」を開催中。
最近の新語で大辞泉に未収録の言葉を募集するコンテストです。

【新語大賞2020】
https://daijisen.jp/shingo/

応募期間は2020年5月18日〜11月15日。
毎月30名にAmazonギフト券500円分が抽選で当たるようです。

ちなみに去年のベスト10は以下のラインナップだった模様。

【タピる】【令和】【上級国民】【ワンチーム】【闇営業】【タピ活】【草(草生える)】 【ポイ活】【イートイン脱税】 【にわかファン】

草が今頃ランクインしてて草。
ネットスラングが一般社会に浸透したのが去年頃ということでしょうか。

あと「タピ活」と「ポイ活」がわからなかったので調べました。
どうやらタピオカを飲む活動とポイントを貯める活動らしいです。

なんでも活動つけりゃいいと思ってるだろ!!!

というわけで、自分もワナビ活動の「ワナ活」を広めたいですが、おそらくどうやっても広がらないので、せめて今回のブログタイトルにつけてみました。

ワナ活は苦しいことも多いですが、なんだかんだでやっぱり楽しいことも多いので、これからも続けていきたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

小説を書く理由について

今日の話題は小説を書く理由について。
とはいえ深い哲学じゃなくて「何が書きたいか」というすごく単純な問題です。

自分は基本的に特定の男性キャラが書きたくて小説を書いてます。
たとえば激烈ワナビ戦だったら葵先輩とリカルドが書きたかった感じ。

ただ少年向けラノベの場合、男性キャラの掘り下げはあんまり需要なくて、それよりヒロインの描写に熱量を割かないといけない状況がありました。

今はもっと多様化してるかもしれないですが。
しかし私が活動してた頃はその傾向が強く選評でも散々指摘されました。

そういうわけで、一時期は安直な美少女ハーレムを送ったりしましたが、作者の気分が乗っていないものが高く評価されるわけもなく、少年系の賞からは徐々に離れてしまった感じです。

一応言っておきますが美少女ハーレムが悪いわけじゃありませんよ。
ただ私のモチベーションでは本気でそれを書いている人達に勝てないなって。

それならば、イケメン書いて少女系レーベルに送ればいいと思うのが自然な流れですが、どういう理由か女性向けの賞はまったく通過できず男性向けの賞以上に投稿成績が悪かった件。

何故なんですか私はどこへ行けばいいんですか!?(半ギレ)

まあでも、今なら投稿以外にネット連載という選択肢もありますし、自分の進む道は逆ギレせずに自分で見つけなきゃいけませんよね。

たぶん当時落選しまくったのは、方向性うんぬん以前の問題として、単純に実力不足だったのもあるでしょうし。

相変わらず迷走が激しいですが、この情熱がいつか未来の読者へ届くものと信じて、小説を書き続けたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 投稿の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする