2020年07月31日

ノベルの4次発表

こんにちは、らくだです。
ノベル大賞の4次発表がありました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://orangebunko.shueisha.co.jp/novel-award/result

・1次通過 469本
・2次通過 214本
・3次通過 57本
・4次通過 10本

自分は投稿ブログをやっている関係上、いつも通過数の情報を収集していますが、逆に言うと落選数の多さに絶望するしかないですよね……。

特にノベルは応募作のネット公開を禁止しているので、応募者はみんなノベルに専念して送っているわけで、それで大事な作品が落選してしまったらさぞ悔しいだろうなと思います。

でもそこで小説投稿を嫌いにならないで欲しいなと。
確かに苦痛も多いけれど続けていれば楽しい瞬間もあるはずですし。

まあ私の場合、投稿初心者のメンタルを気遣うよりも、10年結果が出ない自分の心配をした方がいいし、なんなら誰かオレのメンタルを気遣ってくれ(謎)

話がそれましたが最終発表は8月21日だそうです。
どの作品が受賞するのか楽しみに待ちたいですね。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

コミカライズ・パーティ

こんにちは、らくだです。

ピクシブが10周年企画「pixiv小説10周年×pixivコミック コミカライズ・パーティ」という賞を開催中です。

【コミカライズ・パーティ】
https://www.pixiv.net/novel/contest/novel10thcomic

以下、5つの募集部門とそれぞれのテーマ。

・ジーンピクシブ部門 「少年少女の異世界奮闘記」
・comic POOL部門 「オタク女子の異世界転生」
・Palcy部門 「最高カップル」
・ピクシブエッセイ部門 「少し不思議な日常」
・ビーズログCHEEK部門 「女性が楽しめる&活躍する異世界ファンタジー」

エッセイ部門に応募しようかな〜と思って説明を読んだら……ん???

「日常を取り扱ったものならばなんでもOK! 人間と宇宙人の友情や、動物同士の他愛のない日々、教師と生徒の恋愛、異世界での日常などなど。BL、百合など、恋愛要素が入っても構いません」

宇宙人……?
エッセイって自分の実体験を書くものじゃないの……?

恐らくここで言うエッセイは、「日常を取り扱った架空の小説」のようですが、それにしたって教師と生徒の恋愛が日常なのはどうなのかなという気はします。

以上、「pixivコミック コミカライズ・パーティ」の紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

りぼんの付録が婚姻届

りぼん8月号の付録はゼクシィコラボ婚姻届だそうです。
あまりに気になったので公式サイトを見たらちゃんと情報が載ってました。

【りぼん8月号】
http://ribon.shueisha.co.jp/now/

少女雑誌に婚姻届というミスマッチ感を非難する声もあったようですが、説明にちゃんと「実際には使えない」と書いてあるし、私は集英社のこのチャレンジはとても面白いし意味があると感じました。

書き込む項目はだいたいこんな感じ。
婚姻届というよりも「理想の結婚式を考えよう」みたいな内容です。

・プロポーズの言葉
・結婚式に招待したい人
・結婚式で流したい音楽
・結婚式で着たいウェディングドレス
・指輪、ブーケ、ケーキのデザインはどんな感じがいいか

りぼんのメイン読者層は10代の少女。
その年代の女子にとって一番の関心事はやはり恋愛。

だからこそ、恋愛のゴールである結婚を形にするという行為は、彼女達にとって非常に楽しくワクワクするんじゃないでしょうか。

まあ実際のところ、結婚は恋愛のゴールではなく、長い地獄の始まり(※個人の感想です)だと思いますが……。

というわけで、私はこれ以上ないというレベルで失敗しましたが、りぼん読者の少女達には素敵な結婚をして幸せになって欲しいですね。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

辛口部門と甘口部門

こんにちは、らくだです。

魔法のiらんどで3月に開催された「3誌合同コミック原作小説コンテスト」の最終結果発表がありました。

【発表ページ】
https://maho.jp/special/entry/ohzoracontest-2020

ちなみにこのコンテストですが、辛口部門と甘口部門がありました。

カレーかな? というツッコミは置いといて、それぞれの部門に複数のキーワードが設定されており、いずれか1つを作品に取り入れることが応募の条件でした。

ちょっと辛口「Bitter Love」部門
切ない、元カレ(再会愛)、不倫(浮気・セフレ)、契約、復讐、禁断、身代わり、駆け引き、略奪、オフィスラブ

とろける甘口「Sweet Love」部門
年の差、同棲、逆ハーレム、幼なじみ、ドS(調教)、ヤ〇ザ(若頭)、玉の輿(シンデレラストーリー)、両片思い、狂愛(ヤンデレ)

キーワード設定おかしくね?
どう見ても甘くない単語が何個か甘口に入ってるよね?

まあカレーでもこういうことってありますよね……。
普通って書いてあるのにいざ食べたらめちゃめちゃ辛口だった的な……。

というわけで、辛口や甘口の感じ方には個人差がありますが、スイートな調教ってどんなんやねんと気になりますので、参加作品を是非チェックしてみたいと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月27日

落選しました

こんにちは、らくだです。

カクヨムで開催された「コロナの時代の読書〜私たちは何を読むべきか」の結果発表がありました。

なお私も参加しましたが結果は落選。
特選はもちろん参加賞にも入れませんでした。

【発表ページ】
https://kakuyomu.jp/special/entry/readingguide_2020#result_area

インフェルノいいと思ったんですけど……。
内容パンデミックだし何より角川文庫だし……。

え、インフェルノ自体は悪くない?
ただ単に私の紹介文が悪かっただけ?

ヤッパリ、ソウデスカー(棒読み)

でもせっかく書いた文章が落選するって残念ですよね。
今回は短い紹介文でしたが久し振りに落選の悔しさを味わいました。

ただまあ、コロナについて改めて考えるキッカケになりましたし、こういうコンテストは参加すること自体にも意味があるんじゃないでしょうか(落選後に言っても負け惜しみっぽいですが)。

この騒動はまだ収束する気配がなく、先行き不透明な毎日が長い間続いていますが、この状況にどう向き合っていけばいいのか、これからも考え続けていこうと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする