2015年09月06日

手作りカップヌードル

こんにちは、らくだです。
今回はカップヌードル手作り体験の様子をお届けします。

土日祝日はかなり並ぶようですが、自分が行った時は偶然タイミングが良かったのか、すぐに入場することができました。

150906-01.JPG

まずは自販機で専用のカップ(300円)を購入。

その後いったん席に座って、箱をデコレーションします。
油性マーカーに耐えるためか、通常のカップよりも、少々ぶ厚い気がしました。

150906-02.JPG

デザインが無事終わったら、列に並んで、中身を詰めてもらいます。

テキパキとした流れ作業ですが、このカップラーメンを作る工程がなかなか興味深く、思わず見入ってしまいました。

まさに社会見学!

150906-03.JPG

カップ麺一つ300円は高いですが、この辺の見学料も含まれていると思うと、むしろ安いような気がします。

続いてはお待ちかね、トッピング選択です。
これだけたくさん並んでいると、ついつい目移りしちゃいますね。

150906-04.JPG

風味は4種類から1種類を選択。
具材は12種類から4種類を選択。

希望の内容を伝えると、スタッフのお姉さんがトッピングして、フタを閉じてくれます。

今回はカップの柄(らくだヌードル)に合わせて、風味はオリエンタルなカレー味、具材はスタンダードな4種類を選んでみました。

150906-05.JPG

続いてはコチラ。
仕上げのシュリンク作業です。

薄めのフィルムに包んだ後、専用の機械で熱を加えます。

150906-06.JPG

この写真は機械の中の様子。
ちょっと見えにくいですが、フィルムが縮んでいきます。

というわけで、無事に完成〜!

150906-07.JPG

インスタントラーメンは元から好きですが、こうして製品が作られる工程を見ると、さらに愛着が湧くから不思議なものです。

家に帰った後さっそく食べると、市販品よりも具が多いせいか、または自分で作った満足感か、普通よりもおいしい気がしました。

150906-08.jpg

そんなこんなの、カップヌードルファクトリー。

駅から割と近いですし、予約なしで誰でも手作り体験できるので、お近くの方は出掛けてみてはいかがでしょうか?
posted by 常木らくだ at 23:00| おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする