2017年04月30日

「編集Fの擬人化小説賞」結果

こんにちは、らくだです。

ウェブコバルトの投稿企画、「編集Fの擬人化小説賞」の結果と選評が、公式サイトにUPされました。

以下リンク。
受賞された作者様はおめでとうございます。

【編集Fの擬人化小説賞】
http://cobalt.shueisha.co.jp/contents/personality_award_result/

擬人化作品と聞くと一般的には、「船や家電など擬人化された美少女をコレクションする」というイメージが強いですが、受賞作はまったく違う感じでした。

いやまあ女性向けレーベルなので当然ですが。
コバルトの入選作が美少女ハーレムだったらビックリです。

とにかく受賞作品は、擬人化というテーマに沿いつつも、渋い感じの人間ドラマに仕上がっていて、「こういう切り口もあるんだなー」と勉強になりました。

そして選評でもそこが評価されています。
やはり人間ドラマが入選のポイントだったみたいですね。

ちなみに発表ページにも書いてありますが、選評を読んだら完全にネタバレしてしまうので、純粋に作品を楽しむ場合は本文から読むのがオススメです。

とまあ、そんなこんなで。

昨日からひきこもり小説賞も始まりましたが、この先どんな投稿企画が登場するのか、自分も楽しみつつチェックしていきたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする