2017年08月02日

第189回コバルト短編の結果

こんにちは、らくだです。

とうとう8月になりましたが、相変わらず暑い日が続きますね。
疲れが出やすい時期でもあるので、皆様どうぞお気を付けください。

さて本題。
第189回コバルト短編小説新人賞の結果が発表されました。

以下リンクです。
作品が掲載された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/newface-award/no189/

今回は珍しく入選が2本という結果に。

特に『海底に降る』の選評は、ラストの数行が賛否両論だったらしく、編集者の意見が真っ二つに分かれる内容でした。

ちなみに自分ですが、本文よりも先に選評を読んで、ネタバレを知る結果に。
こんなことなら何の先入観もない状態で先に本文を読めばよかったです(汗)

それはともかく、これだけ編集者が熱くなるのは、作品自体に魅力があるという証拠ですよね。

そうでなければ議論も起きないだろうし、そんな魅力的な小説を、自分もいつか書けるようになりたいです。

以上、第189回コバルト短編の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: