2018年04月29日

ゲーム小説コンテストの選評公開

こんにちは、らくだです。

えんため大賞の新設部門「Gzブレインゲーム小説コンテスト部門」の選評が公開されました。

結果自体は1か月ほど前に出てますが、おさらい(?)の意味もこめて、応募数などを改めて掲載しておきます。

【発表ページ】
http://www.enterbrain.co.jp/entertainment/awards/20gn.html

・応募総数 251本
・1次通過 27本(約11%)
・最終候補 8本(約3%)
・受賞作品 6本(約2%)

さっそく選評を見てきましたが、さすがにゲーム小説のコンテストだけあって、評価のポイントは「ゲーム愛を感じるかどうか」だった模様です。

ゲームっていいですよね。
何度も言いますが自分はゲーム大好きです。

小説は基本的に読むことしかできませんが、ゲームは自分の行動で結果が変わるので、その世界にどっぷり浸れて楽しいというか。
(もちろん小説も好きですよ!)

ちなみにこの賞は新設の部門なので、次回の募集があるかどうか現段階では不明ですが、個人的には是非とも続いて欲しいです。

以上、ゲーム小説コンテストの選評公開の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: