2018年07月05日

投稿スタイルの多様化

こんにちは、らくだです。
第8回講談社ラノベ文庫新人賞の1次発表がありました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://lanove.kodansha.co.jp/award/rookie/8/

・応募総数 432本
・1次通過 98本
・通過率 約23%

感想としては複数通過が目立ちます。
3作通過はかなりの人数で、4作通過もいて、中には5作通過という猛者も。

ちなみに自分は複数投稿については賛成派。
実際に複数投稿して複数通過していたような時期もありました。

ただ昔は複数投稿が一般的ではなかったので、「駄作を量産せず1作に集中するべき」という意見も多く、自分のような人間は割と少数派だった気が。

別に1作集中だからクオリティが高いとは限らないんじゃ……。
逆にたくさん書いたから駄作に決まっているとも限らないし……。
(という恨みがましいグチ)

とにかくそんな経緯がありましたが、今は昔と違って投稿スタイルが多様化しており、それこそ83歳のおじいちゃんもいるくらいですし、人それぞれ色々な向き合い方があっていいと思います。

以上、話が少々それましたが、講談社ラノベ1次発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: