2018年10月06日

第196回コバルト短編の発表

こんにちは、らくだです。

コバルトブログの更新ないなと思ったら、そうでした、あのブログは先週の更新で終わりでした。

情報収集は他でもできますが、今まで当たり前に読んでいたものがなくなるのは、やはり少々寂しいものです。

それはさておき。
第196回コバルト短編小説新人賞の発表がありました。

以下リンク。
入選者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/newface-award/no196/

今回の選評は全体的に高評価で、
「この作者の、違うテイストの話もぜひ読んでみたいですよね。期待して待っています」
「思いの丈が詰まった作品を、ぜひまた送ってきていただきたいですね」
等々のコメントがありました。

作者にとってこれはとても嬉しい言葉じゃないでしょうか。

現状の自分は「1次や2次で落ちるその他大勢の投稿者」ですが、こんな風に編集さんに個として認識してもらえたら、やっぱりすごくモチベーションが上がるだろうなと思います。

以上、第196回コバルト短編の発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: