2019年01月30日

自分を信じて

こんにちは、らくだです。
第198回コバルト短編小説新人賞の結果発表がありました。

以下リンク。
入選者様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/newface-award/no198/

コバ短のように本文と選評が公開されている場合、自分は本文を読んでから選評を読むのですが、この作業がなかなか楽しくて個人的にオススメです。

編集者さんと同じ感想だった場合「うんうん、やっぱりそうだよね」となるし、違う感想だった場合「そういう視点もあるんだなぁ」と勉強になりますからね。

隔月でペースが早いとはいえ、短編の賞で198回も続いているのは凄いことだと思いますし、今後も長く続いて欲しいです。

あともう一つ。
今回心に残ったのは『命の炎』の選評の次の文章。

「とても筆力のある方だとお見受けしますので、いろいろな作品が書けそうだなという気がします。(中略)変に読者受けとかを考えることなく、自分を信じて書き続けていってほしいですね」

自分を信じて書き続けていってほしい。
書き手にとってこれほど励まされる言葉はないですよね。

もちろん私が言われたわけではないんですが、この文章を読んだだけでなんだか勇気をもらいましたし、自分も今出来ることを頑張ろうと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: