2019年02月28日

ホラー小説短編賞の結果発表

こんにちは、らくだです。

コバルトで開催された「ホラー好き編集Hが独断と偏見で決めるホラー小説短編賞R」の結果発表がありました。

応募総数は47本。
オカルトやスプラッタや心霊現象など様々な作品が集まったようです。

【発表ページ】
http://cobalt.shueisha.co.jp/contents/horror_award_r_result/

ホラー小説……。
正直言って苦手ジャンルだ……。

と内心警戒しつつ、ブログで紹介する以上は読むべきだろうと思って入選作品を読んでみたら、面白かったです。

内容は選評にもある通り「トマトに顔が現れる」という謎めいた怪奇現象。
ただし本当に怖いのはそこじゃなく、むしろ主人公の内面の方が怖いという。

しかもその内面が非常にリアルで、自分自身も身に覚えがあるからこそ、読んでいて余計に怖さが増しました。

確かにそうですね……。
本当に怖いのはホラー現象より人の心かもしれませんね……。

というわけで入選作品は怖いですが、怪奇現象ではなく人間の怖さなので、気になる方は是非ともチェックしてみてください。

以上、ホラー小説短編賞の結果発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: