2019年03月12日

アルク翻訳コンテスト2018の結果

こんにちは、らくだです。
アルク翻訳コンテスト2018の結果発表がありました。

以下リンク。
受賞者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://www.alc.co.jp/translator/article/tobira/contest2018.html

上のページに部門別の講評が載っています。
プロの訳例もあるので原文と一緒に読むと勉強になりそうですね。

なお今回気になったのは実務翻訳部門の以下コメント。

簡単にまとめると、
・2016年にグーグル翻訳の精度が向上した
・簡単な翻訳ならすでに実用レベルに達している
・人間と違って作業が一瞬だし今後さらに進化するだろう
・だからこそ人間の翻訳者には「理解して翻訳する」力の向上が求められている
・以上の理由で今回の課題にはAIに処理できない複雑な文などを選んだ

グーグル先生……。
いつの間にか進化してたのね……。

昔はポンコツだったのに、プロの翻訳者にここまで評価されるとは、子供の成長を見るようで感慨深い(?)気分です。

とはいえ、グーグル翻訳が正しいか見極めるには、やっぱり語学力が必要なわけですし、便利な物は利用しつつ今後も勉強を続けたいと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 翻訳系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: