2019年05月20日

「入賞作品から学ぼう!」特集

こんにちは、らくだです。
今回は公募ガイドの「入賞作品から学ぼう!」という特集をご紹介。

エッセイの冒頭と終わり方に関する考察ですが、小説にも使える内容だと感じたので、大事そうな部分を独断と偏見で書き出しました。

【「入賞作品から学ぼう!」特集】
https://www.koubo.co.jp/news/190221_01

@状況を説明してオチをつける
・ストレートに状況説明で始めるパターン
・読み手が内容を把握しやすいのがメリット
・説明に終始しないよう最後はしっかりオチを

Aセリフで始めまとめで終わる
・冒頭に印象的なセリフを持ってくるパターン
・インパクトがあり読者の興味を惹きつけやすい
・最後はくどくならないよう簡潔に全体をまとめる

B始まりも終わりも同じセリフ
・冒頭はAと同様にセリフで始める
・文中で詳細説明をして最後に同じセリフを配置
・そこに込められた意味が伝わって感動や余韻を与えられる

C書き出しと終わりが対になっている
・最初と最後であえて真逆の行動を取らせる
・主人公の成長や心情の変化を浮き彫りにできる
・個人的には小説ですごく効果的なパターンだと思う

創作にこうじゃなきゃいけないという決まりはないですが、小説もエッセイも人に読んでもらう文章である以上、伝わりやすさを意識するのはとても大事なことですよね。

自分もこの考察を日々のブログに活用したいと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 執筆の心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: