2019年11月26日

俺TUEEEの需要

自分が初めてプレイした3DゲームはPS2のキングダムハーツです。
ただ昭和生まれの自分は3Dキャラを上手く操作することができませんでした。

ディズニーコラボが売りのゲームなのに、ミッキーどころかサブキャラにさえ1人も会えず、無人島を1時間ほど徘徊して冒険が終わった件は今でも深刻なトラウマです。

だがしかし!
人は成長するものだ!

今では無双系3Dアクションにのめり込み、夜更かしを重ね会社を遅刻するまでになったのだから、自分の進化には目覚ましいものがあると思います進化だよね?

ところで先週スイッチ買って、無双ゲーム初めてプレイしたけど、何なのこれめっちゃ楽しい。

無限に湧きまくるモブを、派手なアクションで蹴散らしていると、まるで自分が強くなったように手軽に錯覚できるという。

今まで小説を書いたり読んだりする中で、俺TUEEEの良さがイマイチわからなかったんですが、なるほど読者が得たいのはこの感覚なんだなと納得しました。

ラノベの読者って高校生〜大学生くらいの年齢ですよね。
大きいお友達はさておき一般的には10代後半そこそこなわけで。

その頃って身体は大人だけど、基本的におカネもないし、異性関係もままならないし、なかなか現実ではいい思いができないと思うんですよ。

だからこそ俺TUEEEに需要があるわけで、社会が変わらない以上この傾向は今後も続いていくだろうと、夜更かししながら一人で考えた次第です。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(2) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最初にやった3Dゲームは、NINTENDO64のスーパーマリオ64だな。

やり始めて10分で「何これスゲー面白い!」、30分で「な、何か気持ち悪いオエッ」、一時間経つ前に頭痛でギブアップ。

3D酔いだわ。
ファミコン時代は「ゲームは一日一時間!」とか言われて「一時間じゃ足りねえよ」と思ってたけど、この頃には酔って一日一時間もプレイ出来ないという有り様。

あと俺にとっての俺TUEEEは「るろうに剣心」だったかな。
「悪即斬」の斉藤一が好きだった。
Posted by Mr.Pillow at 2019年11月29日 00:16
わかる。
自分も最初は酔って気持ち悪かった。

ただドラクエ8がどうしてもやりたくて、酔い止め飲みながら必死にプレイして、クリアする頃にはすっかり3D酔いを克服してたなぁ。

ファミコン時代の昭和人間にはつらいよね。
まあ今ではすっかり慣れたけど。
Posted by 常木らくだ at 2019年11月30日 11:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: