2019年12月16日

コバルトイラスト大賞の課題

こんにちは、らくだです。
第69回コバルト・イラスト大賞の応募要項が公開されました。

イラスト大賞は前回からリニューアルして、架空の小説のカバーイラストを描くという、課題付きのコンテストに変更されました。

以下リンク。
今回も個性的な課題が与えられています。

【第69回コバルト・イラスト大賞】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/illust-award-apply/

今回の課題タイトルは「見たこともない妖喫茶 驚」。

上記サイトに7行のあらすじが載っています。
女性向け小説のトレンド「OL+あやかし」を盛り込んだ内容です。

今回は主人公と美魔女はもちろん、作品のキーである「あやかし」をどう表現するかが、評価のポイントになりそうな気配。

ちなみにこの内容で小説を書くとしたら、真っ先に思い浮かんだのは、主人公が妖喫茶でバイトするという展開。

ただそれだと、菓子メーカーに就職したという設定が無駄になるので、それなら妖喫茶のお菓子をコラボで売るのはどうかなと思ったけど、それだと今度は味覚異変の設定がまったく機能しないという。

もちろんこれはイラスト大賞の課題で、小説のコンテストではないわけですが、与えられた設定をどう活用するかはパズルみたいで楽しいですよね。

以上、第69回イラスト大賞の応募受付開始の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: