2020年01月22日

心の機微

ここしばらく仕事が忙しく、帰宅が深夜になってしまって、パソコンも触れないような状況でした。

更新を待っていた皆様には申し訳ありません。
そんな人いないでしょうがいると信じて謝るスタイル。

さてさて。

上に書いた通り最近忙しく、「時間がない」⇒「イライラする」⇒「雑なミスが出る」⇒「ますます仕事が増える」という、負の悪循環に陥っておりました。

真のラスボスは確定申告……。
しかも奴はまだ本気を出していない……。

まあとにかく、ギスギスしながら昼にカレー食べてたら、たぶん私の顔が怖かったんだと思いますが、お店のインド人のおっちゃんが「今日どうしたの?」って声をかけてきて。

私は別にその店の常連ってわけじゃないんですよ。
たまに気が向いたら行く程度だし、いつもかなり混んでるお店だし。

にもかかわらず、おっちゃんが私を覚えていて、声をかけてきてくれたことが、なんかすごく泣きそうになるくらい嬉しくて。

たぶん想像以上に心が弱っていたんでしょうね。
店員さんと話すのって本来は苦手なんですが本当に嬉しかったです。

まあとにかく。
人はささいな出来事で落ち込むけど、ささいな出来事で救われたりもする。

小説を書く人間としてそういう心の機微を大切にしたいと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: