2020年02月20日

厳しい添削

こんにちは、らくだです。

公募ファンクラブの「これってどうなの?」という新コーナー。
2/25〜3/20のお題が発表されましたが今回も難しいテーマです。

【公募ファンクラブ(真ん中あたり)】
https://www.koubo.co.jp/reading/rensai/oubo/fanclub/fanclub.html

第3回「講座の先生に添削をお願いしたら、厳しい言葉で赤字がたくさん入っていた。添削で、厳しいことをいわれるのは有りですか?」

投稿者間で議論が白熱しそうなお題ですよね。
まあだからこそテーマに選ばれたんでしょうけど。

そういえば、自分は小学生の頃、日記を添削されるのが苦痛でした。

そもそも日記というのは感じたことを書く場所で、そこに正解や不正解は存在しないと思うんですが、何故それを赤字で矯正されなきゃならんのだと。

その結果、提出用の日記には無難な意見を書いて、本音は自分用の別の日記に書くようになり、その時染み付いた習性は大人になった今の私にもだいぶ影響している自覚があります。

まあ、それはあくまでも日記の話で。

小説の添削の場合は、書き手はプロを目指しているわけだろうし、先生に厳しい指摘をされるのも基本は仕方ないのかなと。

とはいえあまりにも厳しいとやる気を失ってしまいますし、先生との相性の問題もあると思うので、納得できる部分だけ受け入れたらいいのかなと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 投稿の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: