2020年02月24日

らくだ図書館(94)

突然ですがパブー版のリンクを載せておきます。
もうすぐ2月も終わりますが1月分の紹介がまだだったので。

【らくだ図書館(94)】
http://p.booklog.jp/book/129939

ところで先週、イチゴマニアの先輩(女性)から悩み相談を受けて二人で食事をしてきました。

それで改めて思ったんですが。
普段は明るく見えていても、やはり人間ですし、内面では色々あるんだなぁと。

そういう私だって同じです。
むしろ私の方がひどいかもしれません。

心の中の怒りとか憎しみとか、そういう黒い感情は綺麗な風呂敷に包み込んで、中身が見えないようにがっちり結び目を握り込んでいるわけで。

別に隠したいわけじゃないんですけどね。
ただそういう感情は見せられた方も迷惑でしょうし。

とはいえ、普段他人に言わない本音も、ここにはかなり率直に書いているので、それを読んでくれる皆様がいるのはありがたい限りです。

なお冒頭の件については、先輩が悩んでいるのは心苦しいことですが、私に打ち明けて相談してくれたことは嬉しかったです。

本当は自分も一緒に悲しむべきなのに、この状況を嬉しく感じた、この気持ちも醜いエゴなんでしょうか。

考えてわかるような問題でもないですが、こういう疑問は創作の根幹でもあるように思うので、一歩ずつその答えを探していきたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: