2020年03月29日

年賀状思い出大賞

こんにちは、らくだです。

今回紹介するのは「年賀状思い出大賞」というコンテスト。
その名の通り年賀状の思い出やエピソードを募集する企画です。

【第12回年賀状思い出大賞】
https://nenga.aisatsujo.jp/omoide/

・募集内容 年賀状にまつわる思い出、エピソード
・規定字数 400字(原稿用紙1枚)
・応募締切 2020年4月30日(木)
・投稿方法 ウェブ、メール、郵送、FAX
・受賞賞品 50,000円分のJCBギフト券(大賞)等

年賀状といえば小学生の時、入院中の祖父に年賀状を送ったら、しばらく経った後に返事が届いたことがあります。

そこに書いてあったのは、
「おじいちゃんは病気で、うまく字を書けませんが、あなたにだけ特別に返事を書きます」

なお祖父は明治生まれで字は力強い毛筆でした。
あの時は子供ながらに胸が熱くなったのを覚えています。

病床の祖父が起き上がって墨を磨ったのだと思ったら、何だかとても申し訳ない気がして、でもそこまでして返事を書いてもらえたことが嬉しくて。

数年後に祖父は亡くなりましたが、あの手紙は今でも自分の宝物です。

SNSによるコミュニケーションは手軽で便利ですが、こういう体験は手書きならではだと思いますし、アナログ特有の良さは大切にしたいですね。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: